北欧カルチャーマガジン「Fika」2020年人気記事ベスト10を発表

北欧カルチャーマガジン「Fika」2020年人気記事ベスト10を発表

テキスト・編集
石澤萌(CINRA.NET編集部)

「ほっこり、かわいい、おしゃれ」というイメージを持たれることの多い北欧。それだけではなく、国連の発表する「幸福度ランキング」ではつねに上位にランクインし、近年ではジェンダーや環境という観点でも、先進的な考えを目にする機会も多い。

北欧の国々が持つ思想や暮らしから、もっと学べることがあるはずーーそうした思いのもと、北欧の思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、カルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けしているのが、北欧カルチャーマガジン「Fika」だ。

これまで「Fika」では、北欧の知られざるカルチャーや、北欧と直接的な関係はなくとも、北欧らしい精神を感じられる人や作品を対象とした取材・記事の発信を行なってきた。今回は、2020年1月~10月において「Fika」で最も読まれた記事をランキング形式で紹介。初めて「Fika」を読む人も、愛読しているがじつは過去の記事には目を通していない……という人も、この記事が「北欧の精神」への理解が深まるきっかけになることを願う。

まずは10位から8位まで。退職代行の生みの親や北欧出身コメディアンへのインタビューが並ぶ

第10位:退職代行の生みの親・新野俊幸が肯定「幸せのために辞めていい」

撮影:鈴木渉
撮影:鈴木渉

第10位にランクインしたのは『テラスハウス』(フジテレビ系)にも出演した、起業家・新野俊幸へのインタビュー。新卒で入社した会社を約1年で退職し、一時はニートになるも、再度就職。しかし2社目も合わずに退職した彼が、自身の苦悩をバネに立ち上げたのが「退職代行サービス」だ。

インタビューでは、「働くこと」を通して幸せな生き方を考え続けてきた新野に、日本の労働環境への疑問を語ってもらった。

>記事を読む

第9位:フォロワー100万人超のミスターヤバタンが追い求める笑いの高み

撮影:鈴木渉
撮影:鈴木渉

SNS上で動画をアップし、「本当にびっくりしたー!」のセリフでおなじみのコメディアンであるミスターヤバタンは、じつは北欧・ノルウェーの出身。

日本文化に興味を持ち移住。英会話の先生と保育園の先生の仕事を掛け持ちして動画を作っていたけれど、誰も動画を見てくれない……という、下積みとも言える苦労の時代や、緻密なお笑いに慣れている日本人を笑わせたいと思った理由を聞いた。

>記事を読む

第8位:さらば青春の光・森田らが世界大会へ。「モルック」ってなんだ?

撮影:鈴木渉
撮影:鈴木渉

北欧諸国には、私たちの知らない祭りやスポーツといった文化もたくさん。「モルック」は、フィンランド発の競技スポーツで、木の棒を投げ、数字の書かれた木のピンを倒すというシンプルなルールのもと行われる。

日本だけでなく世界的に見てもマイナーな「モルック」だが、毎年世界大会が行われており、2019年には日本の芸人であるさらば青春の光・森田が日本代表として出場。世界大会で戦い抜いたチーム「キングオブモルック」のメンバーであるみなみかわ、タイーク・金井貴史とともに、モルックの魅力をたっぷり語ってもらった。

>記事を読む

Page 1
次へ

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。