デザインから世界を紐解く稀代のアーキヴィスト、柳本浩市の仕事

デザインから世界を紐解く稀代のアーキヴィスト、柳本浩市の仕事

テキスト
高橋直貴
撮影:加藤孝司

たった1人で世界のデザインアーカイブを作り上げた蒐集家、柳本浩市の仕事

2016年3月に他界したデザインディレクター / アーキヴィストの柳本浩市。彼は2002年に出版やプロデュースを行うレーベル「Glyph.(グリフ)」を立ち上げ、出版や企業との商品開発、マーケティング、展覧会プロデュースなど、デザインに軸足を置きつつ多くのプロジェクトを手がけた。

世界のあらゆるアイテムを所持するコレクターとして知られた彼は、自身を「アーキヴィスト」と名乗っていた。アーキヴィストとは、一般的には資料の収集、保存、管理を行う専門職を指す言葉であるが、彼は自身を「ものを収集し、整理し、その価値を見きわめてアーカイブを作り、未来へ発展させていく人」と語っている。その手法として柳本はコレクションを用いた展示はもちろん、執筆や、マーケティングなど多くの仕事を行っていた。

1990年代後半のエアマックスブームや、2000年台後半に日本で生まれた北欧デザインブームはその一つである。特にミッドセンチュリー期に活躍したスウェーデンのデザイナー / コピーライターのオーレ・エクセルの仕事を日本に本格的に広めた点は、特筆すべき彼の功績だろう。

2017年4月には圧倒的なボリュームの収集物の一部を紹介した展覧会『アーキヴィスト―柳本さんが残してくれたもの』が自由が丘の「six factory」で開催された。展覧会をきっかけに広く知られることとなった彼の仕事、そして、展覧会のタイトルにもなっている「柳本浩市が残してくれたもの」について考えてみたい。

©Nacása & Partners
©Nacása & Partners

網羅されることで価値を帯びるものたち。世界中のヴィンテージアイテムやパッケージがフラットに並ぶ展示空間

会場となった自由が丘のsix factoryは普段は倉庫として使われているスペースだ。広く開け放たれた空間に所狭しと並べられたアイテムの数々は、膨大な量でありながら彼が自宅で所有していたものというから驚きだ。世界各国のスーパーマーケットや郵便局をまわって柳本が収集した、食品パッケージや洗剤などの容器、配送用ボックスなど、デザイン関連のコレクションは多岐にわたる。

会場構成を手がけたのは設計事務所imaの小林恭。多岐にわたるコレクションがテーマに沿って整然と並べられる ©Nacása & Partners
会場構成を手がけたのは設計事務所imaの小林恭。多岐にわたるコレクションがテーマに沿って整然と並べられる ©Nacása & Partners

「コレクション」というと有名デザイナーの作品を想起する人も少なくないかもしれないが、商品のパッケージデザイン、政府刊行の出版物に加え、世界中の「SALE」と書かれた張り紙、チューイングガムのパッケージなど柳本は匿名のデザインもフラットに集めていた。その「網羅性」こそがコレクションの特徴であり、だからこそ世間一般には「ゴミ」としか捉えられないようなものも少なくなかった。しかし、収集され、質量を伴い、柳本が作り上げた文脈に沿って並べられることでそれらは価値を帯びるのである。

展示された各国の洗剤のパッケージ群 ©Nacása & Partners
展示された各国の洗剤のパッケージ群 ©Nacása & Partners

例えば展示会場の入り口に並べられた各国の洗剤のパッケージ。これは海外に足を運ぶたびに、中身を捨て、パッケージだけを持ち帰るなどして集められたものだ。それらが『ミラノサローネ』などで作品を発表し、世界から注目を集めるデザイナー、ピート・ヘイン・イークの棚(柳本がデザイナーに依頼した特注品だ)に並べられていた。国ごと、時代ごとに収集することで、類似性や、傾向が見出され、そこに文脈が生まれる。一つのアイテムやそのデザインだけを眺めていても見えてこない大きな潮流を、彼はアノニマスなデザインの先に見ていたのである。

万博に関するアイテムが網羅的に並べられ、そこから導き出される考察とともに展示されている ©Nacása & Partners
万博に関するアイテムが網羅的に並べられ、そこから導き出される考察とともに展示されている ©Nacása & Partners

また、デザイン史に大きな影響を与えているオリンピック関連のアイテム、コカコーラなどの企業の飲料パッケージや販促物は、年代ごとデザインの変遷が一覧できるようまとめられていた。網羅した上で体系的にまとめる。このような氏のアーカイビング手法を表しているのが、トピックごとに切り抜きされたスクラップファイルだ。雑誌の一ページにも満たない記事であっても見落とすことはなく、情報は更新され続けていた。

スクラップファイル。このファイルだけでも総数は数十万冊に及ぶという ©Nacása & Partners
スクラップファイル。このファイルだけでも総数は数十万冊に及ぶという ©Nacása & Partners

4歳で雑誌『ワンダーランド』に出会い、植草甚一に目覚めた早熟のアーキヴィスト

その圧倒的な物量もさることながら多くの人が柳本の規格外のエピソードに驚かされるだろう。例えばこんなものだ。

・「3歳で神保町に通い、古本を漁り始める」
・「4歳で雑誌『ワンダーランド』に出会い、植草甚一に傾倒した」
・「11歳でヴィンテージジーンズを2万本保有していた」

そのほか、7歳でイタリアの建築雑誌を定期購読するなど、彼の早熟なエピソードは数え切れない。耳を疑うようなものばかりであるが、しかし、幼少期より何かに傾注しなければこれほどまでのコレクションを築き上げることはできないだろう。

Page 1
次へ

プロフィール

柳本浩市(やなぎもと こういち)

マーケティング、セールス・プロモーションなどに関わる会社員時代を経て2002年Glyph.を設立。自社の製品展開や出版事業をおこなう一方で、KDDI社iidaブランド、サントリーなど、大手企業の主にデザインに関わる商品開発やブランド戦略などに携わる。幼少のころ、植草甚一に影響を受け、ジャズと古本に目覚め、小学1年生からアメリか文化に没入し、古着と家具などの収集を開始。ただ集取するだけではなく、収集物を独自の視点で再編集し、現代の社会背景と照らし合わせて再定義する。雑誌の特集監修や執筆なども行い、社会とデザインの関係性を考察した著書「DESIGN=SOCIAL」(ワークス・コーポレーション)がある。

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事