映画・ドラマにおける旧車ブーム。その理由を宇野維正が解説

映画・ドラマにおける旧車ブーム。その理由を宇野維正が解説

テキスト
宇野維正
編集:山元翔一

クルマを好きになれば、ポップカルチャーへの理解はもっと深まる。そんなコンセプトではじまった、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正によるクルマを知り、文化を知るための連載「ポップカルチャー愛好家のためのクルマ講座」。

第2回となる今回のテーマは、近年の旧車ブームや、クルマへのフェティシズムが込められた映画&ドラマ作品が増え続けている状況について。ここ数年、映画&ドラマにおける旧車の活躍ぶりを象徴する作品と言える映画『ベイビー・ドライバー』やドラマ『ブレイキング・バッド』シリーズなどを、クルマにまつわるエピソードを交えて紹介します。クルマを知り、そして想いを馳せることで、あなたの映画やドラマを見る視点はより豊かなものになるはず。(Fika編集部)

最新の高性能車を尻目に、優れた映画&ドラマの作り手たちが旧車にこだわる背景

前回のコラム(いい映画は、クルマを見ればわかる。その理由を宇野維正が解説)では「プロダクト・プレイスメント」(映画やテレビドラマの劇中において、役者の小道具として、または背景として実在する企業名・商品名を表示させる手法のこと)を中心に、現在の映画&ドラマとクルマの関係を探っていったが、今回は近年の映画&ドラマにおけるクルマの最新トレンドを紹介していきたい。それを一言で表すならば「旧車ブーム」だ。

映画『スクランブル』(2017年公開、監督はアントニオ・ネグレ)のトレイラー映像。高級クラシックカーを狙う強盗団を描いた作品で、1937年型ブガッティや1962年型フェラーリ 250GTOが登場する

我々が生活している現実世界における「旧車ブーム」は、今にはじまったことではない。どの時代にも一定数、同時代のクルマよりも過去のクルマを愛する自動車マニアは存在してきた。角ばったフォルムのクルマが主流となった1980年代には1960年代頃までの流線形デザインに憧れ、丸みを帯びたデザインのクルマばかりとなった2000年代以降は1980年代の無骨なデザインがリバイバルする。クルマはファッションの流行にも似て、今ではないどこかの時代に想いを馳せるのにうってつけのライフスタイルアイテムであり続けてきた。

『デスプルーフ in グラインドハウス』(2007年公開、監督はクエンティン・タランティーノ)のトレイラー映像。1970年型シボレー・ノバ、1969年型ダッジ・チャージャー、1972年型フォード・マスタングなど、角ばったフォルムのクルマが多数登場する

ファッションと違うのは、クルマの流行は後戻りができないことだ。衝突安全性や空気抵抗を抑えることが重視されるようになったため、クルマのデザインを縛る制約は時代を追うごとに増え続けている。

わかりやすい例だと、スーパーカーブームのときに少年たちが夢中になったリトラクタブルヘッドライト(格納式のヘッドライト)は、衝突時の相手に与えるダメージ軽減のため2000年代前半までに世界の自動車市場から新車では消滅した。モデルチェンジごとに同一車種のサイズが大きくなっていく最大の理由も、搭乗者及び歩行者の安全確保を高めるためだ。一方で、デザインの新しいトレンドはテクノロジーの進化と密接な関係がある。近年、薄目のヘッドライトが主流となって、どのクルマも顔つきが似てきているのは、LED化が進んで小さなライトでも十分な光源を得ることができるようになったからだ。

『アウトバーン』(2016年公開、監督はエラン・クリーヴィー)のトイレラー映像。ジャガーF-TYPE、アストンマーティン・ラピードS、ボルボV70など、小ぶりのヘッドライトが採用された高級車が多数登場する

後戻りできないのはデザインだけではない。音楽にアナログ盤の需要があるように、マニュアルのトランスミッションは車種によって一定数は残されているが、モータースポーツをはじめとする本物の高性能が求められる局面において進化が課せられているのは、今や完全にオートマティックのトランスミッションだ。ボルボのように2020年までに新しい自社のクルマでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにするという目標を掲げているメーカーも存在するが(言うまでもなく、それ自体は素晴らしい目標だ)、つまりそれは、今では人間の反射神経を超えた挙動は、ほとんどすべてコンピューターによって制御されていることを意味する。

Page 1
次へ

リリース情報

『ブレイキング・バッド シーズン1 ブルーレイ コンプリートパック(2枚組)』
『ブレイキング・バッド シーズン1 ブルーレイ コンプリートパック(2枚組)』

2015年7月22日(水)発売
価格:5,966円(税込)
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。