なぜABBAは世界中で愛される?国内唯一のABBA研究家に秘密を訊く

なぜABBAは世界中で愛される?国内唯一のABBA研究家に秘密を訊く

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

スウェーデン発のポップグループ、ABBAの楽曲を全面フィーチャーした映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が、8月24日から全国ロードショーされている。本作は、2008年に公開され大ヒットした映画『マンマ・ミーア!』(日本では2009年1月に公開)の続編。作品タイトルにもなった “Mamma Mia”をはじめ、誰もが知る“Dancing Queen”など、物語を彩るABBAの楽曲がとにかく魅力的な映画だ。

マドンナやレディー・ガガらに多くの影響を与え、あのジョン・ライドン(ex.Sex Pistols、Public Image Ltd)もファンであることを公言、最近ではカナダの至宝Arcade FireがABBAへのオマージュを込めたアルバム(2017年発表の『Everything Now』)を制作するなど、「ポップミュージックの完成形」として今なお聴き継がれるABBAの楽曲たち。それにも関わらず、ABBAがどんなグループなのか、どのような活動をしてきたのかは日本であまり語られてこなかった。

そこで今回Fikaでは、長年彼らを追い続けてきた「ABBA研究家」の東山凛太朗に話を訊いた。スウェーデン発の男女4人組が、どのようにして世界的なグループへと成長を遂げたのか、その音楽的な魅力はどこに秘密があるのか。世界で愛されるABBAの魅力をたっぷりと紹介する。

(メイン画像:Anders Hanser © Premium Rockshot)

1980年代前半、マイケル・ジャクソンらが一世を風靡したこともあって、ABBAの存在はすっかり忘れ去られてしまったんです。

—東山さんは、どのようにABBAと出会ったのでしょうか。

東山:僕が小学生の頃(1970年代後半)は、日本では山口百恵や野口五郎、西城秀樹などが流行っていて、そこにピンク・レディーが登場し大ブームとなるような時代で、もちろん僕も、そういう音楽を夢中になって聴いていました。

当時、洋楽というものはほとんど耳にしたことがなかったんですけど、偶然耳にした“I Do, I Do, I Do, I Do, I Do”(1975年)に衝撃を受けてレコードを買ったのが最初の出会いです。でも、それから高校生になって本格的にABBAの音楽を聴こうと思ったときには、活動休止してしまったんですね。

『ABBA』(1975年)収録曲

東山凛太朗
東山凛太朗

東山:そのうえ、ABBAはスウェーデンのバンドということもあって、日本に情報がほとんど入ってこなくて。しかも、当時日本でABBAを取り扱っていたレーベル・ディスコメイトレコード社が1984年に倒産してしまったのです。

それと同じ時期にMTVブームが訪れ、マイケル・ジャクソンやマドンナ、Culture Clubらが一世を風靡したこともあって、ABBAの存在はすっかり忘れ去られてしまいます。雑誌やテレビでもまったく取り上げられなくなった。だったら「自分が広めるしかない」と謎の使命感が湧いてきて(笑)、レーベルの倒産によって誰も引き継ぐ人がいなくなった「ABBAファンクラブ」を僕が引き継ぐことにしたんです。当時まだ浪人生だったんですけどね。

—そこからABBA研究家の道がはじまったわけですね。

東山:ロンドンのウェスト・エンドや、ニューヨークのブロードウェイで『CHESS』(ABBAのメンバーであったベニー・アンダーソンとビヨルン・ウルヴァースが作曲したミュージカル。俳優が歌うコンサートバージョンが1984年に、ミュージカル版が1986年に初上演)も観ましたし、海外のファンと文通するなどしてABBAの情報を集めていました。僕は英語しかわからないので、主にイギリスからの情報が多かったですけど。

—ABBAの「再評価」が世界的に高まったのは、やはり1992年にベスト盤『ABBA GOLD』が出たことが大きかったのでしょうか。

東山:そうです。ABBA結成が1972年でしたから、20周年のアニバーサリーだったんですね。それと、同じ年にErasure(イギリスのエレクトロポップバンド)が、ABBAのカバーEP『Abba-Esque』を出して、これが大ヒットするんです。この2作で、全世界的に「ABBA再ブーム」が巻き起こりました。

ABBA『ABBA GOLD』を聴く(Apple Musicはこちら

Erasure『Abba-Esque』を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

作品情報

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』

2018年8月24日(金)から全国公開

監督・脚本:オル・パーカー
原案:キャサリン・ジョンソン、リチャード・カーティス、オル・パーカー
出演:
メリル・ストリープ
ピアース・ブロスナン
コリン・ファース
ステラン・スカルスガルド
ジュリー・ウォルターズ
ドミニク・クーパー
アマンダ・セイフライド
クリスティーン・バランスキー
リリー・ジェームズ
ジョシュ・ディラン
ヒュー・スキナー
ジェレミー・アーヴァイン
アレクサ・デイビーズ
ジェシカ・キーナン・ウィン
アンディ・ガルシア
シェール
配給:東宝東和

リリース情報

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック』
『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック』(CD)

2018年8月22日(水)
価格:2,700円 (税込)
UICP-1183︎

1. When I Kissed The Teacher
2. I Wonder (Departure)
3. One Of Us
4. Waterloo
5. Why Did It Have To Be Me?
6. I Have A Dream
7. Kisses Of Fire
8. Andante, Andante
9. The Name Of The Game
10. Knowing Me, Knowing You
11. Angel Eyes
12. Mamma Mia
13. Dancing Queen
14. I've Been Waiting For You
15. Fernando
16. My Love, My Life
17. Super Trouper
18. The Day Before You Came

プロフィール

東山凛太朗(ひがしやま りんたろう)

1964年4月26日東京生まれ、武蔵高等学校付属中等学校高等部、中央大学を卒業後、商社、通信社を経て、ジャーナリスト・作家に。直木賞を唯一蹴った、作家・山本周五郎は大叔父。ABBA認定日本公式サイト運営、ABBAの全歌詞翻訳、ABBAのCD・DVDのほとんどの解説書執筆、映画・ミュージカル『マンマ・ミーア!』のライナーノーツ執筆、映画『マンマ・ミーア!』、DVD『ABBAザ・ムービー』『ABBAイン・コンサート』字幕監修。著書に『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』『やっぱりABBA!』『ABBAザ・ディスコグラフィ』『ABBA、CHESS、劇団四季「マンマ・ミーア!』がある。電通過重労働幹部発言、中央大学元理事長不正事件、東日本震災メルトダウン、熊本地震レポートなど「年に2回スクープ男」と言われている一面も。尚、未来に生きる子供達の教育にも力を注ぎ、30年間で110名連続家庭教師として志望校合格中。先日亡くなった劇団四季創設者、浅利慶太氏より長年可愛がられた。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。