Spotify×カセット店waltzの両極対談 激変する音楽業界の未来は?

Spotify×カセット店waltzの両極対談 激変する音楽業界の未来は?

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:田中一人 編集:竹中万季

2008年にスウェーデンでスタートし、昨年日本にも上陸した世界最大級の音楽ストリーミングサービス、Spotify。2017年3月には世界全体で有料会員数が5000万人を超えたことも発表され、音楽ファンにはお馴染みの存在となっている。

そして今、テクノロジーが音楽の聴き方をドラスティックに変えつつある一方、レトロだと思われていたアナログな音楽ソフトにも注目が集まっている。世界的に売り上げが伸びているアナログレコードに続き、徐々に巻き起こりつつあるのがカセットテープカルチャー。そのムーブメントの牽引役が、世界的にも珍しいカセットテープ専門ショップの「waltz」だ。2015年、中目黒に店を立ち上げたオーナーの角田太郎は、レコードショップのバイヤーなどを経て、「Amazon.com」の日本法人立ち上げを成功させたキャリアの持ち主でもある。

今回はスポティファイジャパンの野本晶とwaltzの角田太郎の対談が実現。最先端のストリーミング配信とアナログなカセットテープという対極なスタンスから音楽に携わる両者に、それぞれの現実と夢を語ってもらった。

聴きたい音楽はSpotifyにあるから、モノとしてほしいときはCDじゃなくアナログを買うようになったんです。(野本)

―まずは野本さん、Spotifyが日本でサービスを開始してからだいたい半年くらいですが、手応えはどんな感じでしょうか?

野本:今は音楽好きのユーザーが集まってくれている段階です。一般層の方の認知はこれからだと思うんですけど、実はわざとそうしているところがあって。海外でも最初は音楽好きが集まってくれて、その人たちがSpotifyを広めてくれたんですね。

左から:野本晶(スポティファイジャパン)、角田太郎(waltz)
左から:野本晶(スポティファイジャパン)、角田太郎(waltz)

―音楽好きのユーザーというと、どういう層をイメージしているんでしょう?

野本:個人的な感触なんですけど、日本の音楽好きは二つのレイヤーにわかれていると思うんです。一つは自ら音楽を探して聴いている層、もう一つは特定のアーティストの熱心なファンだけれど、他の音楽をどう探せばいいのかわからないという層。既にSpotifyのユーザーになっていただいているのは前者の人たちで、これから準備を整えてSpotifyに誘っていこうとしているのは後者の人たちですね。

―角田さんはwaltzを立ち上げて1年半くらいですが、お店をやってきての手応えはどんな感じですか?

角田:描いていたプランよりも順調です。でも、今が勝負どころだとは全然思っていなくて、まだまだこれからですね。インターネットを使わずにどうやってビジネスを成立できるかチャレンジしているので、通販もSNSもやっていないんです。そんな何もしていない状況にもかかわらず、認知は広まっていると思いますね。おかげさまで店以外の仕事がすごく入るようになった。BGMや音楽的な空間のディレクションもやるようになって。面白いことができているとは思っています。

角田太郎(waltz)

―野本さんはSpotify、角田さんはwaltzについての取材はたくさん受けていると思いますが、お二人が一緒に取材を受けるのは初めてですよね。

野本:そうですね。異業種格闘技戦はまだなかったです(笑)。

―Spotifyというデジタルなストリーミングサービスと、アナログの象徴としてのカセットテープには、ある種の対極的なイメージがある。とはいえ、お二人にはどこかしら共通する感覚もあると思うんですね。なので、まずは野本さんにお伺いしたいんですが、Spotifyをやっている目線から、カセットテープカルチャーをどう捉えていますか?

野本:個人的には、ここ2年ほどで、CDを買わなくなっちゃったんですよ。なぜならば僕は洋楽好きで、そうなると聴きたい音楽は全部Spotifyにあるから。それに、あるときからCDのプラスティックのケースがすごくチープに思えてしまって、モノとしてほしいものはアナログ盤のLPを買うようになったんです。カセットテープはその対極で、CDよりもっとチープに見えながら、それでいてアートっぽい存在感もある。面白いですよね。

カセットテープムーブメントが起きているなんて思っていないです。ただ、そうなる予兆は確実にある。(角田)

―野本さんの周辺でもそういう感覚を持った人が増えている実感はありますか?

野本:たとえば、Spotifyの本社はスウェーデンにあるんですけど、スウェーデンはもう完全にデジタルで音楽を聴く環境になっちゃって、ストリーミングが主流なんですね。おじいちゃんもストリーミングで音楽を聴いているような国なんです。

でも、レコード屋さんはもちろんある。そこに行くと、アナログだけでなく、パッケージが綺麗な紙ジャケやボックス入りのCDも並んでいるんですよ。それに、カセットテープをファッションとして置いているお店もすごく増えている。ただ、カセットテープはあまり多くは売れないらしいんです。

野本晶(スポティファイジャパン)

角田:もともと僕は、カセットテープが今の時代に音楽記録媒体の主流になるなんて、ちっとも思っていないんですよ。むしろ、最も聴くことが難しい媒体だと思っています。そもそもカセットテープで音楽を聴ける環境を有している人が極めて少ない。

カセットテープムーブメントが起きているなんて思っていないですし、流行ってもいないですよ。ただ、そうなる予兆は確実にある。そういう意味では、今は黎明期だと思います。

waltz店内にはレトロなラジカセも並ぶ
waltz店内にはレトロなラジカセも並ぶ

―既に、waltzではその予兆が感じられていると。

角田:うちでカセットテープを買っている人たちは、音楽に対して相当早くアンテナを張っている人なんです。最初に飛びついてくださったのは音楽を制作している人たちなんですね。ミュージシャンやDJの人たちが面白がっているのが、SNSを通して徐々に知られている気がします。

Page 1
次へ

プロフィール

野本晶(のもと あきら)

1970年生まれ、愛媛県出身。スポティファイジャパン株式会社でライセンス&レーベルリレーションズディレクターを務める。ソニーミュージック、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント)、ゾンバ・レコーズ・ジャパン、ワーナーミュージック・ジャパンを経て、2005年からiTunes株式会社にてミュージック担当としてiTunes Storeの立ち上げに参加。2012年9月より現職。

角田太郎(つのだ たろう)

1969年生まれ、東京都出身。CD・レコードショップの「WAVE」でバイヤーを経験後、2001年にアマゾンジャパンに入社。音楽、映像事業の立ち上げに参画し、その後、書籍事業本部商品購買部長、ヘルス&ビューティー事業部長、新規開発事業部長などを歴任し、2015年3月に同社を退社。同年8月、中目黒にカセットテープやレコードなどを販売するセレクトショップ「waltz」をオープンした。

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事