『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、北欧の風景が果たした役割

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、北欧の風景が果たした役割

2021/10/27
テキスト
小野寺系
リードテキスト・編集:後藤美波

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が10月1日から公開されている。パンデミックの影響による延期を経て、ようやくお披露目された本作。北米でも公開を迎え、最初の週末のボックスオフィスで第1位になるなど、待ち望んでいたファンたちの期待感の高さが窺える。

本作でもイタリアやジャマイカ、キューバなど世界を飛び回るボンドだが、じつは劇中に北欧の風景も登場し、スクリーンのなかで役割を果たしている。北欧カルチャーマガジンである「Fika」では、本作を彩る北欧の風景に着目。映画評論家の小野寺系にそこから見えてくる『007』最新作の潜在的なテーマを探ってもらった。

※本記事は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

劇中に登場する北欧の風景。「ある場所」として描かれたフェロー諸島の自然

『007』映画25作目にして、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じてきた、通称「クレイグ・ボンド」シリーズの最終作にあたる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、ついに公開された。足掛け15年にもわたるシリーズの鮮烈な終幕は、同じ刻を過ごしてきた観客たちにとって、一時代の終焉を意味すると言っても、大袈裟ではないかもしれない。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ポスタービジュアル © 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ポスタービジュアル © 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

言わずと知れた「007」ことジェームズ・ボンド。「殺しのライセンス」を持った、世界を股にかける凄腕の英国諜報員である。イタリア、ジャマイカ、キューバなど、本作でも世界各地を巡り、彼は熾烈な戦いを繰り広げることになる。そして、本作におけるクライマックスの舞台となるミステリアスな島は、日本に関係する「ある場所」に存在しているという設定だ。しかし、じつはこの島々の風景、ノルウェーとアイスランドのほぼ中間に位置する、デンマーク領のフェロー諸島で撮影されているのだという。

日本を舞台にしていたトム・クルーズ主演のアメリカ映画『ラスト サムライ』(2003年)は、富士山そっくりに見える「タラナキ山」がそびえるニュージーランドで撮影され、それを日本の風景としてスクリーンに映し出していた。文化的にも全く異なる遥か彼方の場所に、類似した場所が存在するというのは、ある種のロマンである。

今回フェロー諸島が撮影に使われたというのは、物語の設定から想定される実際の場所が政情不安で、大規模な撮影の許可をとることが困難だったということと、本国イギリスからかけ離れていることが影響しているはずである。北欧の風景がこのような使われ方をしているのは、面白い事実ではある。しかし、物語やテーマにかかわる部分でより重要なのは、本作に登場するもう一つの北欧の地、ノルウェーである。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』予告編

現地政府の支援を受けて行なわれたノルウェーでの撮影。物語に関わる重要なシーンも

ボンドの運命の女性マドレーヌ(レア・セドゥ)が回想する、彼女の少女時代の悲劇が描かれる冒頭のシーンには、雪に覆われた大地と、氷に閉ざされた水辺が登場する。そんな冷え冷えとした光景のなか、少女時代のマドレーヌは母親とともに邸宅で、悪役サフィン(ラミ・マレック)の襲撃に遭う。とくに恐ろしいのは、雪原のなかを、銃を抱えてゆっくりと進んでくる彼が、不気味な能面を被っていることだ。そんな人物に襲われた異常な経験があれば、マドレーヌならずとも恐怖の記憶が鮮明に残り続けるだろう。

撮影が行なわれたのは、ノルウェーの首都オスロ近郊の山中にある、Langvannという湖のほとりと、オスロ近郊のLutvann湖だ。本作はさらに、湖周辺の森や、ノルウェー北岸を結ぶ「アトランティック・オーシャン・ロード」と、多くの場面でノルウェーのロケ地が採用されている。これは、ボンド映画でお馴染みの、劇中に登場させる商品を広告とする「プロダクト・プレイスメント」の一環であり、ノルウェー政府は今回、招致のために多額の資金を提供したことが明らかになっている。クリエイターにとってそれは、一種の制約であることは間違いないが、そこに意義や必然性を与えるのがプロの仕事である。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
Page 1
次へ

作品情報

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2021年10月1日(金)から公開中

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・ジョージ・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
出演:
ダニエル・クレイグ
ラミ・マレック
レア・セドゥ
ラッシャーナ・リンチ
アナ・デ・アルマス
ベン・ウィショー
ジェフリー・ライト
ナオミ・ハリス
レイフ・ファインズ
配給:東宝東和

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。