『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』好きに捧ぐ北欧神話ガイド

『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』好きに捧ぐ北欧神話ガイド

テキスト
宇野維正
編集:木村直大、山元翔一

意識せずとも、生活や文化の中に浸透している北欧神話

ユグドラシル(世界樹)、ベルセルク(異能の戦士)、ラグナロク(終末の日)、ヨトゥン(霜の巨人)、ムスペル(炎の巨人)、オーディン(北欧神話の主神)、ヴァルハラ(オーディンの宮殿)などなど。もし北欧神話について何も知らない人でも、映画や小説やアニメやロールプレイングゲームやポップミュージックで、北欧神話に由来する言葉に一度も出会ったことがない人はほとんどいないだろう。

また、北欧神話の影響下にあるのは創作物に限らない。例えば英語の水曜日(Wednesday)の語源はオーディン(Woden)、そして木曜日(Thursday)の語源は、今や『マイティ・ソー』シリーズによって北欧神話で最も有名な神となったソー(Thor)に由来している(ちなみにTuesdayもFridayも同じくその語源は北欧神話由来だ)。北欧神話の世界は、それとは意識せずとも、我々の生活の中にすっかり溶け込んでいる。

ソー / © 2017 MARVEL © 2018 MARVEL
ソー / © 2017 MARVEL © 2018 MARVEL

オーディン。『マイティ・ソー』シリーズでは、ソーの父親という設定 / © 2017 MARVEL © 2018 MARVEL
オーディン。『マイティ・ソー』シリーズでは、ソーの父親という設定 / © 2017 MARVEL © 2018 MARVEL

もっとも、北欧神話をモチーフとする創作物のすべてが、その神話世界への深い見識や理解に基づいているとは限らない。ネタ元としてあまりにもポピュラーなギリシア神話やキリスト教の聖書とは異なり、英語の語感とも違う北欧神話に出てくる固有名詞や用語は、ミステリアスでエキゾチックな雰囲気をまとうにはもってこいということなのだろう。北欧神話のエピソードからダイレクトに影響を受けているものだけでなく、それ以上に目につくのが、用語だけの借用や、そこから作り手が独自にイメージを膨らませた、言ってみれば「着想のきっかけ」としての北欧神話のモチーフだ。

北欧神話とキリスト教における神の違い

では、そうした上辺だけではない北欧神話の物語、思想とは一体どういうものなのか? その世界には数えきれないほどの文献があり、研究者もたくさんいるので迂闊なことは言えないが、簡単に説明を試みてみよう。

北欧神話がまさに「北欧」(ここでいう「北欧」とは現在のノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランドおよびフェロー諸島の地域。もともと北ゲルマン系民族のいなかったフィンランドには固有のフィンランド神話がある)で広まったのは、これらの地域のキリスト教化がヨーロッパの他の地域と比べて遅れたためだと言われている。そこでは土着の信仰(言うまでもなく、その時代の「神話」は、その土地の信仰に基づいている)が、13世紀以降にキリスト教化されてからも口承によって人々に伝えられていった。

というわけで、キリスト教との対比でみてみるとわかりやすいかもしれない。まず、北欧神話では、「この世界は神によって一から創造された」とするキリスト教や他の宗教と違って、「この世界は神々が現れる前からあった」とされる。北欧神話において生命の始源とされる火や氷などの自然の現象は、神々が現れる前からそこにある。

そして、そこでの神々は絶対的な存在ではなく、それぞれが人間的な人格を持って一生を生きて、死んでいく。『マイティ・ソー』シリーズにおけるソーやロキが「神」でありながらも基本的には我々の生きる世界における部外者、まるで異星人のように描かれていることに違和感を覚える人もいるかもしれないが、大筋においてその「神の位置付け」は間違ってはいないのだ。

ロキ。『マイティ・ソー』シリーズでは、ソーの義理の弟という設定/ © 2017 MARVEL © 2018 MARVEL
ロキ。『マイティ・ソー』シリーズでは、ソーの義理の弟という設定/ © 2017 MARVEL © 2018 MARVEL

もうひとつ、北欧神話における、他の宗教や神話とは異なる最も大きな特徴は、「ラグナロク」という言葉で表されるその終末観だ。「ラグナロク」が日本での様々な文献や創作物でしばしば「神々の黄昏」と訳されてきたことからもわかるように、北欧神話における「世界の終わり」は世界や人類の滅亡を意味するのではなく、この世界における「神の不在」を意味する。言ってみれば、我々が生きているこの世界は、「ラグナロク」以降、つまり神々がいなくなって以降の「没落した世界」なのだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

2018年4月27日(金)から全国公開

監督:アンソニー&ジョー・ルッソ
出演:
ロバート・ダウニーJr.
クリス・エヴァンス
ベネディクト・カンバーバッチ
トム・ホランド
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

リリース情報

『マイティ・ソー バトルロイヤル MovieNEX』
『マイティ・ソー バトルロイヤル MovieNEX』

2018年3月7日(水)発売
価格:4,320円(税込)

監督:タイカ・ワイティティ(監督、出演)
主演:クリス・ヘムズワース

『マイティ・ソー バトルロイヤル 4K UHD MovieNEX』

2018年3月7日(水)発売
価格:8,424円(税込)

監督:タイカ・ワイティティ(監督、出演)
主演:クリス・ヘムズワース

『マイティ・ソー バトルロイヤル 4K UHD MovieNEXプレミアムBOX』

2018年3月7日(水)発売
価格:15,120円(税込)

『ブラックパンサー MovieNEX』
『ブラックパンサー MovieNEX』

2018年7月4日(水)発売
価格:4,320円(税込)

監督:ライアン・クーグラー
主演:チャドウィック・ボーズマン

『ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX』

2018年7月4日(水)発売
価格:8,424円(税込)

『ブラックパンサー 4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定)』

2018年7月4日(水)発売
価格:15,120円(税込)
※2018年6月6日(水)先行デジタル配信開始

『アベンジャーズ & アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ブルーレイセット
その他

『アベンジャーズ & アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ブルーレイセット(6,000円+税)、DVDセット(4,000円+税)が5月31日までの期間限定出荷。『アイアンマン2』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』MovieNEXで新登場(各4,000円+税)。 ※上記以外のMovieNEXも、期間限定のオリジナル アウターケース付きで発売中(9月28日までの期間限定出荷)

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。