オードリー若林「生きづらさ」の答え。あるべき論から自由になる

オードリー若林「生きづらさ」の答え。あるべき論から自由になる

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:前田立 編集:青柳麗野(CINRA)、川浦慧(CINRA.NET編集部)

オードリーの若林正恭による、2016年の旅行記『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』が文庫化され、書き下ろしの新章として「モンゴル」「アイスランド」「コロナ後の東京」の三編と、彼とプライベートでも親交の深いDJ松永(Creepy Nuts)による「解説」が追加された。

かつて「人見知り芸人」と呼ばれた若林は、2016年に逝去した父が家族に遺したメッセージを読んだことがきっかけで、「外の世界」へと目を向けるようになっていく。自分が抱える「生きづらさ」の要因が、「スペック」や「勝ち負け」を重視する新自由主義的な価値観にあり、そこでサバイブするための隠しコマンドは「没頭できる趣味」「血の通った関係」であると気づいていく。そんな過程を綴った本書は、単なる旅行記エッセイとは一線を画す。試行錯誤を繰り返しながら「生きづらさ」を乗り越えようともがく、自らの生き様を曝け出したある種のドキュメンタリーといっても過言ではないだろう。

インタビューで若林は、「この新自由主義のシステムのなかで、『いまの自分でいいんだ』と思える人がどのくらいいるのか僕にはわからない」と話していた。多かれ少なかれ「生きづらさ」を抱える私たち現代人は、どのようにして「没頭と自己肯定」を得ればいいのだろうか。本書をガイドに、コロナ後の世界を生き抜くヒントについて若林に話を聞いた。

キューバ、モンゴル、アイスランドーー若林が、束の間の休暇で旅に出たわけ

―今回、文庫化にあたり『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』をあらためて読んでみて、どんな感想を持ちましたか?

若林:キューバの旅行がもう4年前なんですよ。なので、いまの自分よりも4歳若い人が書いているんですけど、「この人、しつこいなあ」と思いましたね(笑)。だって東京がどういう場所なのか知るために、わざわざ一人でキューバに行くとか……38歳でしょ、こいつ? 早く大人になれよと思いました。

―(笑)。あれから4年、若林さんは「大人」になった感覚はありますか?

若林:それを聞かれちゃうと、未だに「キン消し」(『キン肉マン』の消しゴム)のガチャガチャをやりに一人でお台場まで行っているし(笑)、自信を持って成長できた感じはないんですよね。

若林正恭(わかばやし まさやす)<br>1978年9月20日生まれ、東京都出身。同級生である春日俊彰とお笑いコンビ、オードリーを結成。その後、『激レアさんを連れてきた。』『スクール革命』『あちこちオードリー』など数多くのバラエティー番組に出演。彼らの主戦場であるニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』が2019年に10周年を迎え、同年3月には日本武道館でライブを行った。著書に『社会人大学人見知り学部 卒業見込』『ナナメの夕暮れ』がある。2020年7月からnoteにて「若林正恭の無地note」を開設。月2本のペースで更新中。
若林正恭(わかばやし まさやす)
1978年9月20日生まれ、東京都出身。同級生である春日俊彰とお笑いコンビ、オードリーを結成。その後、『激レアさんを連れてきた。』『スクール革命』『あちこちオードリー』など数多くのバラエティー番組に出演。彼らの主戦場であるニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』が2019年に10周年を迎え、同年3月には日本武道館でライブを行った。著書に『社会人大学人見知り学部 卒業見込』『ナナメの夕暮れ』がある。2020年7月からnoteにて「若林正恭の無地note」を開設。月2本のペースで更新中。

―文庫版には書き下ろしの新章として、「モンゴル」「アイスランド」「コロナ後の東京」の三編が収録されています。モンゴルもアイスランドも、旅行慣れしていない人が一人で行くにはハードルが高い国だと思うのですが、なぜ行こうと思ったのでしょうか?

若林正恭著『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』
若林正恭著『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(Amazonで見る

若林:モンゴルは、子どもの頃に見たドキュメンタリー番組の記憶がずっと残っていて。彼らの「定住しない」暮らし方が、当時は信じられなかったんですよね、自分の住む場所が動いているってどんな感じなのだろう? と。それで「定住」が始まった歴史を調べていくうちに「ちょっと見ておきたいな」と。それと、草原が地平線までずーっと広がっている風景がどうしても見たくて。実際に行ってみたら、言葉では表せない不思議な気持ちがありました。

―アイスランドは?

若林:アイスランドは友人がすすめてくれたんですけど、「地球の地面が生まれてくる場所」があるらしくて。つまり、そこに行けば、地球自体も生きて活動していることを感じられる。東京にいて、コンクリートの地面を見ていても「生きている」という感覚はないじゃないですか。「地面が生まれてくる」ってどんなものなんだろう? というのが最初の理由でしたね。

Page 1
次へ

書籍情報

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』
『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』

2020年10月7日(水)発売
著者:若林正恭
価格:792円(税込)
発行:文春文庫

プロフィール

若林正恭(わかばやし まさやす)

1978年9月20日生まれ、東京都出身。同級生である春日俊彰とお笑いコンビ、オードリーを結成。その後、『激レアさんを連れてきた。』『スクール革命』『あちこちオードリー』など数多くのバラエティー番組に出演。彼らの主戦場であるニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』が2019年に10周年を迎え、同年3月には日本武道館でライブを行った。著書に『社会人大学人見知り学部 卒業見込』『ナナメの夕暮れ』がある。2020年7月からnoteにて「若林正恭の無地note」を開設。月2本のペースで更新中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。