『ミッドサマー』はなぜこんなに怖いのか?幸せな村人たちの狂気

『ミッドサマー』はなぜこんなに怖いのか?幸せな村人たちの狂気

テキスト
小野寺系
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

※本記事は一部映画本編の内容に関する記述を含みます。あらかじめご了承下さい。

夏至前後に「白夜」が訪れる北欧。スウェーデンではシーズンになると、各地で伝統的な「夏至祭」が開催される。クリスマスのように家族が集まり、ニシンやベリーを食べて過ごし、ポールを建てて、手に手をつないで、その周りをダンスする人々。平和で和やかな光景だ。

でも、ちょっと待ってほしい。そのポールをよく見ると、かたちが男性器のシンボルになっているのだ。そう、日本でも各地で見られるように、農民が五穀豊穣を祝うため男性器を崇めるという、伝統文化に根ざした祭りが、スウェーデンにも存在するのである。何も知らずに初めて夏至祭に参加して、その事実に気づくと内心ギョッとしてしまう人もいるのではないだろうか。

『ミッドサマー』予告編

このような古くからの風習をエンターテインメントとしてエスカレートさせ、恐怖映画にしてしまったのが、本作『ミッドサマー』だ。監督は、不穏な演出と過激な描写で観客を震え上がらせた『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター。今回も、とんでもないシーンがいくつも用意されていて、監督の前作に魅了されたファンも期待できる内容となっている。

90年に一度の祝祭に参加する学生たち。村からの歓迎ムードの中に感じていたかすかな違和感が、世にも恐ろしい事態へと発展する

主人公は、ある事件によって家族を失った、アメリカ人女性ダニー(フローレンス・ピュー)。彼女が頼れるのは、いまとなっては恋人の大学生、クリスチャンだけだ。彼が交換留学生ペレの誘いでスウェーデンに出かけると聞いて、事件によって精神的に不安定になっているダニーは、彼ら男子大学生たちと合わせて5人で、いまだ土着の文化が残るという、人里離れたホルガ村を、夏至の時期に訪れることになる。この年は夏至祭が行われると同時に、ペレによれば90年に一度、9日間だけ行われるという、珍しい「浄化の儀式」が見られるのだという。

『ミッドサマー』©2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved
『ミッドサマー』©2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved

村人たちはフレンドリーで、滞在するダニーたちを歓迎し、祭りに参加することを許してくれた。だがダニーは、折々に違和感を感じ、村に異様な雰囲気が漂っていることに気づいていく。それは少しずつ膨れ上がり、世にも恐ろしい事態へと発展していくことになる。

アナログな恐怖と、スウェーデンの土着信仰への憧れ。アリ・アスターのルーツを辿る作品

上述したこの作品のストーリーは、同種のホラー映画『ウィッカーマン』(1973年)に非常に近く、おそらく影響を受けているものと思われる。そう考えると、アリ・アスター監督の『ヘレディタリー/継承』も、そのアナログ的な恐怖演出が、クラシカルな味わいやテーマを志向していた作品だったことを思い出す。

『ウィッカーマン』予告編

本作に、「イングマール」という名前が登場するように、アスター監督はスウェーデンの巨匠監督イングマール・ベルイマンからも強い影響を与えられていることも推測できる。ベルイマン作品では、キリスト教と土着信仰が混在するスウェーデンの土地を舞台に、キリスト教における神への懐疑を描いた『処女の泉』(1960年)が、本作のテイストに近いだろう。その意味で、スウェーデンを舞台にした本作は、アスター監督にとって、自作のルーツをたどっていく旅だったのかもしれない。

『処女の泉』

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『ミッドサマー』
『ミッドサマー』

2020年2月21日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で順次公開

脚本・監督:アリ・アスター
音楽:ボビー・クルリック
出演:
フローレンス・ピュー
ジャック・レイナー
ウィル・ポールター
ウィリアム・ジャクソン・ハーパー
ウィルヘルム・ブロングレン
アーチー・マデクウィ
エローラ・トルキア
ビョルン・アンドレセン
上映時間:147分
配給:ファントム・フィルム

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。