『ワイスピ』のルーツを宇野維正が解説 カスタムカー文化を紐解く

『ワイスピ』のルーツを宇野維正が解説 カスタムカー文化を紐解く

テキスト
宇野維正
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

クルマを好きになれば、ポップカルチャーへの理解はもっと深まる。そんなコンセプトではじまった、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正による連載企画。

今回のテーマは、映画や音楽との関連性も密接なカスタムカー(改造車)の文化について。『アメリカン・グラフィティ』『ボーイズ'ン・ザ・フッド』といった往年の映画や、初のスピンオフ作の公開を控えた『ワイルド・スピード』シリーズを、クルマ文化における「かっ飛ばす」「見せびらかす」「走り」という3つのキーワードを基に掘り下げます。さらに、大金を手にしたラッパーたちが超高級車を乗り回すその文化的側面についての考察も。クルマを知り、文化を知るための連載「ポップカルチャー愛好家のためのクルマ講座」、第3回をお届け。(Fika編集部)

(メイン画像:『ワイルド・スピード SKY MISSION』より / ©Universal Pictures)

白人富裕層による「かっ飛ばす」ためのクルマの文化=「ホットロッド」

連載1回目では映画におけるクルマの「プロダクト・プレイスメント(=広告)」(いい映画は、クルマを見ればわかる。その理由を宇野維正が解説)、2回目は近年の映画やドラマにおける「旧車ブーム」の背景(映画・ドラマにおける旧車ブーム。その理由を宇野維正が解説)について書いてきた本連載。それらはいずれも、劇中で活躍する「市販車」の話であったが、ポップカルチャー的な観点からクルマを語るうえで絶対に欠かせないのは、カスタムカーの文化だ。

「ローライダー」と呼ばれるカスタムカー文化を垣間見ることができるミュージックビデオ

カスタムカーの文化は、アメリカのクルマ文化(≠自動車産業)における「魂」の部分と言えるだろう。代表的なのは、ルーツを辿れば1930年代にまで遡ることができる「ホットロッド」だ。若者が手頃な中古車を手に入れ、よりパワフルなエンジンに載せ替えて、「大出力エンジンから立ち上がる炎」に代表される派手なイメージのペイントをボディに施し、ストリートでドラッグレース(直線コースでの加速と最高速を競うレース)に興じる。映画のなかで描かれた「ホットロッド」で最もよく知られているのは、ジョージ・ルーカス監督の出世作となった『アメリカン・グラフィティ』だろう。

1973年に公開されたこの作品の時代と舞台は、1962年の夏、カリフォルニア州の小さな町。当時20代後半だったルーカスは、自身の10代の頃の記憶をこの作品に封じ込めた。つまり、「ホットロッド」の文化も、劇中で流れ続けるロックンロールも、すでに1973年の時点でノスタルジーの対象だったわけだ。

『アメリカン・グラフィティ』本編より

「ホットロッド」の文化はその後、カスタムによって速さだけなくクルマの美しさや派手さを追求していく「ストリートロッド」、ボディをさらに極端に装飾していく「ファニーカー」、際限のないパワー競争の果てにNHRA(National Hot Rod Association)が設立されてサーキットでの競技としておこなわれるようになった「ドラッグレース」と枝分かれしながら、アメリカ国内で現在まで根強い人気を保っている。もっとも、『アメリカン・グラフィティ』が描いていたようにもともとはユースカルチャーのひとつであった「ホットロッド」は、そのカスタムの対象となる年代のクルマのビンテージ化がすすむにつれて、「アメリカの田舎に住む白人富裕層の趣味」へと変質していった。

ラップカルチャーとも接続する、ストリート発のクルマ文化=「ローライダー」

1950年代のロサンゼルスのコンプトン地区が発祥の地と言われている「ローライダー」の文化は、そんな「ホットロッド」へのカウンターとしてとらえるとわかりやすい。「高所得層」の「白人」が生み出した「かっ飛ばす」ためのクルマの文化だった「ホットロッド」に対して、「ローライダー」は「低所得層」の「チカーノ」(メキシコ系移民)が生み出した「見せびらかす」ためのクルマの文化。

具体的にはハイドロリクスという油圧式の車高調整システムによって極端に車高を下げるカスタムが施されたクルマのことを表す「ローライダー」は、エンジンに手を入れるのがマストな「ホットロッド」よりもカスタムとしては安上がり。そんな「ローライダー」は、不法就労者も多かったチカーノたちの間で単純に人気を集めたというだけなく、町の自動車工場という身近な雇用先において「仕事」と「趣味」を兼ねた、リアルなストリートカルチャーでもあった。

『ローライダー ~絆をつなぐ改造車~』トレイラー映像

「ローライダー」のカルチャーを描いた映画としては、近年も『ローライダー ~絆をつなぐ改造車~』(アメリカ映画だが監督も出演者もすべてヒスパニック系)のようなそのものズバリの作品が製作されているが、注目すべきはその文化が西海岸を中心に1980年代には黒人の間でも定着するようになっていたこと。

先日51歳の若さで亡くなってしまったジョン・シングルトン監督の出世作『ボーイズ'ン・ザ・フッド』(1991年)で、元N.W.AのICE CUBE演じる主要キャラクターのダウボーイが、1963年式のシボレー・インパラのローライダー仕様をこれ見よがしに街で転がしていたのを記憶している人も多いだろう。その頃、日本でもアメ車のローライダーブームが起こったが、それは『ボーイズ'ン・ザ・フッド』をはじめとする当時のブラックムービーや、2PACやSnoop Doggy Dogg(現在はSnoop Doggとして活動)をはじめとするウェストコーストラッパーのミュージックビデオからの影響も大きかった。

『ボーイズ'ン・ザ・フッド』本編より

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

2019年8月2日(金)から公開
監督:デヴィッド・リーチ
脚本:クリス・モーガン
出演:
ドウェイン・ジョンソン
ジェイソン・ステイサム
イドリス・エルバ
ヴァネッサ・カービー
配給:東宝東和

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。