昆虫食メーカー×料理研究家と考える「明日から楽しむ昆虫食」

昆虫食メーカー×料理研究家と考える「明日から楽しむ昆虫食」

インタビュー・テキスト
大北栄人
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌、矢澤拓(CINRA.NET編集部)
2020/03/24
  • 133
  • 52

「昼ごはんはセミです」という、未来に備えて

虫を食べませんかというお誘いが来た。昨年シュールストレミングという世界一匂いのする発酵食品を食べて以来のFika編集部からだ。私はどういう枠に入れられているのだろうか。

とはいえ興味はある。近年、食材としての虫が話題になっている。国連の食料専門機関であるFAO(国連食糧農業機関)では、タンパク質を虫からとろうという報告書を2013年に出した。かんたんに増やせて、環境にやさしく、栄養価が高いらしい。

Fikaのテーマである北欧に関連するところでは、フィンランドでも近年昆虫食が盛んで、今や昆虫食の先進国なんだという。未来への意識が高い国はもう虫を食べているのだ。すごい。気づいたらもう虫をおもしろがる時代は終わっていた。今や真顔でおいしく虫を食べる必要があるのだ。

とはいえ「明日から昼ごはんはセミです」となったときに私達はついていけるのだろうか。「セミかあ……」と1回は口に出して言うことだろう。ここは快哉を自然に叫べるよう昆虫食に慣らしておきたい。おいしく食べて、虫への抵抗感をなくしておきたいのだ。

そこで今回は高級品である京都のこおろぎの煮干し(そんなはんなりしたものまであるのか!!)を料理研究家が独自にレシピ開発したものを食べるのだという。万全の態勢だ。何にもおもしろがらずに真顔で虫を食べよう。

左から:三浦みち子(TAKEO)、榎本美沙(料理研究家)。手に持っているのは今回食材として使用した、フタホシコオロギパウダーとコオロギの煮干し「京都こおろぎ」
左から:三浦みち子(TAKEO)、榎本美沙(料理研究家)。手に持っているのは今回食材として使用した、フタホシコオロギパウダーとコオロギの煮干し「京都こおろぎ」

昆虫食って結局、何がどういいの? 盛り上がってる? 昆虫食メーカーに尋ねてみた

食材を持ってきていただいたのは昆虫食のメーカーで、浅草に実店舗も構える合同会社TAKEOの三浦みち子さん。

―実際に昆虫食って盛り上がってるんですか?

三浦:地方よりも都内のほうが反応がいいですね。東京はあんまり自然がないし虫も見る機会がなくて。新しいもの好きな人たちも多いので、そういった方にご利用いただいています。前は罰ゲームとか珍しいものとして買ってる方が多かったんですが、昆虫粉末が徐々に売れてきてます。

三浦みち子<br>TAKEO実店舗店長。2017年ひょんなことからTAKEOと昆虫食の魅力に出会い入社。2018年4月からは昆虫食を専門とした実店舗の運営責任者に。TAKEOでは実店舗店長の他にも昆虫料理レシピ開発や商品パッケージデザインを担当。店舗やSNSを通じて、ゆるりと昆虫食の楽しさ、おいしさを発信中。
三浦みち子
TAKEO実店舗店長。2017年ひょんなことからTAKEOと昆虫食の魅力に出会い入社。2018年4月からは昆虫食を専門とした実店舗の運営責任者に。TAKEOでは実店舗店長の他にも昆虫料理レシピ開発や商品パッケージデザインを担当。店舗やSNSを通じて、ゆるりと昆虫食の楽しさ、おいしさを発信中。
TAKEOの実店舗やECサイトで販売されているフタホシコオロギパウダー。価格は1,480円(税込)
TAKEOの実店舗やECサイトで販売されているフタホシコオロギパウダー。価格は1,480円(税込)(公式サイトを見る

―ああ! おもしろがって食べるなら粉末買わないですね。

三浦:環境負荷の面を意識して来てくれる方は多いですね。今から慣れておかなきゃって。他の家畜と比べるとエサも水も少なくて済むし場所もとらない。発生するCO2が少ないですしコオロギだったらうまくいけば一年で何回もとれます。

タンパク質が豊富なので、たとえばプロテインの代わりに飲まれる方もいらっしゃいます。今回使ってもらった「京都こおろぎ」には、亜鉛も小魚煮干しより3倍くらい入っていますし。コオロギを食べると腸内環境が改善する論文があり、ダイエットにもいいとされています。

―いいことばかりですね、でも虫なんだな~。

三浦:ただ、こちらは乾燥していてグラムあたりの栄養素が高いので、昆虫すごい! って思い込みすぎるのもよくないかもしれません。

実際に昆虫だけ食べて生きてくのはまだ厳しいですね。イエコオロギ1袋13g摂るのに、100数十匹必要ですから。毎食それに置き換えるのはコスト面でも現実的ではありません。今は乾燥食材がメインなので、レシピに多様性がなく毎食は飽きそうですし。

なるほど今後昆虫食が我々になじむかどうかはレシピ開発にもかかっているのか。今日のレシピになおさら期待がかかる!

Page 1
次へ

店舗情報

TAKEO

営業時間:13:00~18:00
定休日:土曜日
住所:東京都台東区松が谷1-6-10

プロフィール

三浦みち子(みうら みちこ)

TAKEO実店舗店長。2017年ひょんなことからTAKEOと昆虫食の魅力に出会い入社。2018年4月からは昆虫食を専門とした実店舗の運営責任者に。TAKEOでは実店舗店長の他にも昆虫料理レシピ開発や商品パッケージデザインを担当。店舗やSNSを通じて、ゆるりと昆虫食の楽しさ、おいしさを発信中。

榎本美沙(えのもと みさ)

広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。「発酵食品、旬の野菜」を使ったレシピ開発が人気。雑誌や書籍、WEBへのレシピ提供、企業のレシピ開発、料理教室、イベント出演などを行う。著書『野菜のべんり漬け』(主婦の友社)発売中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。