結成10年のミツメが証明。インディ、DIY、マイペースな活動の幸せ

結成10年のミツメが証明。インディ、DIY、マイペースな活動の幸せ

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/11/20
  • 723
  • 6

2010年代前半の日本の音楽シーンは、間違いなく「インディ」の時代だった。それまでのメジャー予備軍的な価値観ではなく、むしろそうした産業的な枠組みからはみだしたところで、数々のインディミュージシャンが独自のネットワークを築きあげていった、2010年代前半の東京。インディ音楽シーンが日本でこれほどの活況を呈した時代は過去になかったし、こうした一連のムーブメントは、生き方や働き方が多様な時代、組織に属すことが必ずしも正解じゃなくなった時代の到来を、見事なまでに体現していた。

ミツメはそんな2010年代のインディを象徴するバンドであり、今もDIYなスタンスを貫きながら、活動の規模を東アジア圏にまで拡大させた稀有な存在だ。リスニングの主流がストリーミングサービスへと徐々に移り、音楽産業の再整備が進められている今日この頃。すべてが効率化されていく一方、ミツメはそんな時代の移り変わりをマイペースに楽しみ、楽曲制作やライブパフォーマンスはもちろん、マーチャンダイズなどのバンドに関わるクリエイティブすべての精度と強度をアップグレードさせつづけている。

あくまでも自然体でインディペンデントなバンド活動を続けてきたミツメ。そんな彼らが歩んできた10年間を紐解けば、これからのタフな時代を生き抜くヒントが見えてくるかもしれない。そんな思惑をすこしだけ胸に秘めつつ、ミツメの4人にマネージャーの仲原を交え、話を聞いてみた。

新しいことに挑戦し始めたあたりから、少しずつなにかが見え始めたのかもしれない。(大竹)

―今日は、結成からの10年の活動の仕方や状況、みなさんの考え方を聞かせてもらいたいと思っています。まず、ミツメが結成された当時って、みなさんは学生だったんですよね。メンバーそれぞれの進路とかも含めて、その後のバンド活動についてなにかしらの決断をするタイミングもあったと思うんですが、1stアルバム『mitsume』(2011年)を制作していた時期はどんな状況だったんですか?

ミツメ『mitsume』を聴く(Apple Musicはこちら

須田(Dr):『mitsume』を作っていた時期に関しては、何か決断を迫られたりしたことは全然なかったんじゃないかな。デモCD-Rを何枚か作って、ライブハウスでライブをやるっていうのを1年くらいやってみた結果、「これをただ繰り返してもなあ」みたいな話になって。それでいったんライブ活動を休んだ時期があったんですけど、『mitsume』はたしかその頃に録ってたんだよね?

川辺(Vo,Gt):たしか1stはライブ活動休止期間の前に録った気がする。

大竹(Gt):当時は7曲程度のストックをひたすらライブでやってる感じで、お客さんも友達だけだし、たくさん曲を作れてるわけでもないし、その先になにがあるのか全然わからなかったんです。それでちょっとライブ活動を休むことになって、シンセを使ってみたり、いろいろ新しいことに挑戦し始めたあたりから、少しずつなにかが見え始めたような感じだったのかもしれない。

ミツメ<br>左から:大竹雅生、川辺素、須田洋次郎、nakayaan<br>2009年、東京にて結成。4人組のバンド。2019年4月にアルバム『Ghosts』をリリース。
ミツメ
左から:大竹雅生、川辺素、須田洋次郎、nakayaan
2009年、東京にて結成。4人組のバンド。2019年4月にアルバム『Ghosts』をリリース。

nakayaan(Ba):1stは章義さん(田中章義。ミツメの全作品を手がけるレコーディングエンジニア)の実家でミックスしたんですよね。懐かしいな。

須田:そうだったね。それまでのデモCD-Rは完全に4人だけで完結させたもので、それこそ大竹くんがミックスまでやってくれていたんですけど、田中くんが「一緒になにか録ろうよ」と言ってくれて。僕らもちゃんとレコーディングしてみたいという気持ちがあったので、そこで彼に声をかけてもらえたのは、すごくありがたかった。

川辺:僕らとしても、いずれはプレスしたCDを作りたいという気持ちはあったんです。でも、そのためにはどうしたらいいのか、当時はぜんぜんわからなくて。

須田:本当になにも知らなかったよね。すべてが手探り。『mitsume』をレコーディングした頃の僕らは、それこそ流通という言葉すら知らなかったので。

初期のミツメ
初期のミツメ
左から:nakayaan、須田洋次郎、大竹雅生、川辺素
Page 1
次へ

リリース情報

ミツメ『Ghosts』
ミツメ
『Ghosts』(CD)

2019年4月3日(水)発売
価格:3,080円(税込)
MITSUME-020 / PECF-1168

1. ディレイ
2. エスパー
3. ゴーストダンス
4. エックス
5. ふたり
6. セダン
7. なめらかな日々
8. クロール
9. タイム
10. ターミナル
11. モーメント

プロフィール

ミツメ
ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。2019年4月にアルバム「Ghosts」をリリース。国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、タイ、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げています。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けています。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。