マルコメ社員と料理家、世界一くさい缶詰を食べて発酵を語る

マルコメ社員と料理家、世界一くさい缶詰を食べて発酵を語る

インタビュー・テキスト
大北栄人
撮影:鈴木渉 編集:中田光貴、石澤萌(CINRA.NET編集部)

まさか「シュールストレミング」を食べる日がくるとは

世界で一番くさい食べものといわれている「シュールストレミング」はスウェーデンの缶詰である。一体人類はなんでこんなものをつくってしまったのか? と思うほどの匂いだが、その正体は発酵にあった。味噌をはじめ発酵食品を多く作るマルコメ株式会社で広報宣伝課として働く尾田春菜さんと、発酵マイスターでもある料理家の榎本美沙さんに話を聞いて、発酵について学んだ。

左から:尾田春菜(マルコメ株式会社)、榎本美沙(料理家)。ふたりが手に持っているものが「シュールストレミング」である
左から:尾田春菜(マルコメ株式会社)、榎本美沙(料理家)。ふたりが手に持っているものが「シュールストレミング」である

「今度、取材で『シュールストレミング』を食べようと思うんですが……」と相談があって思わず立ち上がった。なんといっても世界で一番くさい食べものである。「シュールストレミング」で検索をしてみてほしい。おもしろコンテンツの世界ではみんなが手を出し、最近ではYouTuberのヒカキンが食べていた。Webのライターとしてやっぱり避けては通れない道だったのか。腹をくくってくさがろう……。

そう覚悟したのだが、今回の取材はおもしろコンテンツではなく、「発酵を学ぼう」という企画なんだという。みなさま、おもしろリアクションありませんのでご安心ください。

シュールストレミング
シュールストレミング

シュールストレミングは強い匂いと開封時の飛沫があるので屋外での開封が望ましいとされる。缶の中身が発酵しすぎて、くさい汁が飛び出すのだ。「くさいしる」が飛び出る。発酵とはポケモンのようなものではないか。

今回、開封の場所として多摩川近くのとある公園が選ばれた。2月の公園は寒く、ひとけもない。田園調布が近いようでたまに犬を連れた奥様たちが通りかかるくらいだ。犬は人の1万倍鼻がきくらしいから、もしシュールストレミングの匂いを嗅いでしまったら大変である。

「ブレスケアはいくつ要るんですかね?」とだれかが言う。いまだかつてしたことのないタイプの心配をみんなが抱えている。このあと軽い打ち上げがあったとしてもなんら不思議ではない!

筆者も開封時の勢いを知るべく近くで袋を持つ係を志願した。なかなかの緊張感。カメラの位置も缶の開けかたも決まり準備が整った。

飛沫対策としてビニール袋のなかで開けることが推奨されている
飛沫対策としてビニール袋のなかで開けることが推奨されている
準備の様子。右で袋を押さえているのが筆者(大北栄人)である。完全に腰が引けている
準備の様子。右で袋を押さえているのが筆者(大北栄人)である。完全に腰が引けている

さあ、開封! おいしくいただけるか、飛沫を全身に浴びてむこう3年くらい喪に服したような人生となるのか!

 
Page 1
次へ

プロフィール

マルコメ株式会社(まるこめかぶしきがいしゃ)

だし入りの味噌「料亭の味」や液状タイプで使いやすい「液みそ」を主力とする食品メーカー。近年は味噌づくりに欠かせない米糀と発酵技術を活かしたアルコール0%の「糀甘酒」が大ヒット。同じく味噌の主原料にある大豆では、高たんぱくで低脂質な「大豆のお肉」やグルテンフリーの「大豆粉」関連の商品が話題に。ベジタリアンやヘルシー志向の方にとどまらず、罪悪感のない食事を意味するギルトフリーの食生活を提案している。

榎本美沙(えのもと みさ)

料理家、発酵マイスター。広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。「季節の手仕事・季節の料理」を忙しい人にも気軽にをモットーにレシピ開発をおこなう。主に「旬野菜、発酵の手軽料理」などの領域で、雑誌やWEBへのレシピ提供、企業のレシピ開発、料理教室、イベント出演などを行う。

大北栄人(おおきた しげと)

ウェブのライター、コントのユニット「明日のアー」の主宰。映像作品で『したコメ大賞2017グランプリ』受賞。アーは恥ずかしいことを思い出して出るうめき声のこと。いましてることはすべて明日のアーであるという自覚がある。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。