『SNS-少女たちの10日間-』を観て、私たちが心に刻むべきこと

『SNS-少女たちの10日間-』を観て、私たちが心に刻むべきこと

テキスト
小野寺系
編集・リード文:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

東欧チェコからの、衝撃的な映画が今春、日本の映画館で封切られた。『SNS-少女たちの10日間-』と題されたこの映画は、SNS上に存在する少女たちの身に実際に何が起きているのかを、ドキュメンタリーであぶり出すのだ。

実際にはぜひ映画館でその内容を確かめてほしいが、そこには現代では当たり前になっている、SNSという空間に存在する様々な課題や、児童虐待、ジェンダーに関する問題、そしてものづくりの現場の課題など、チェコに限らず世界中で解決されきっていない社会のゆがんだ部分が見出されることになる。

「北欧から、これからの幸せな社会のヒントを見つけるためのカルチャーマガジン」と銘打つFika。本作で描かれるような問題が社会に山積しているいま、改めてその真実を映し出すような作品をつぶさに見つめることで、私たちは社会と向き合うことができるはず。ひいては私たちの身の回りで起こるモヤモヤしたことや、自分自身の行動を見つめ直すきっかけにもなるのではないだろうか。

『SNS-少女たちの10日間-』予告編

10代の児童はSNS上でどのような脅威にさらされているか。騙しのテクニックで卑劣な行為をあぶり出すドキュメンタリー

先頃、日本の有名ユーチューバーが15歳の女子学生に裸の写真画像を送らせた事件が報じられた。逮捕された人物は、画像を盾に女子学生に口止めをしていたと見られ、その手口は卑劣だ。しかし、これは児童に対する現代の性犯罪における一つの常套手段でもあるようだ。このようなケースは日本だけでなく、スマートフォンなどの端末が普及した国々で共有される問題でもある。

本作『SNS-少女たちの10日間-』は、多くの人々が利用するSNSやオンライン通話を通して、10代の児童たちがどのような脅威にさらされているのかを、おとり捜査のような騙しのテクニックを駆使することでそのリアルな姿を見せていく、東欧チェコのドキュメンタリー映画だ。

©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

制作陣が用意した撮影スタジオに建てられたのは、3つの子ども部屋のセット。そこに集ったのは、オーディションを通過した、18歳以上の3人の俳優だ。彼女たちは12歳の児童の演技をしながら、少女たちを狙う大人たちと実際にメッセージのやり取りをしたり、ビデオ通話で会話していく。本作は、児童を騙そうとする大人たちを逆に騙すことで、現実の少女たちが直面する危険な実情を探っていく作品なのだ。

©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

SNS上に存在する、児童の性に対する考え方を大きく捻じ曲げさせる危険なコミュニケーション

驚くのは、彼女たちが12歳と名乗って顔写真を公開し、メッセージを募集すると、中年男性と見られるアカウントが無数に群がってくるという事実。中には、12歳の孫がいてもおかしくない世代からのアプローチも見られる。彼らの顔はぼかし加工が加えられているが、歳の離れた児童を待ち構えて連絡を取りたがっている大人たちが、こんなにも大量に存在するという事実を目の当たりにすると衝撃を受ける。中には、多くの子どもたちと接する子どもキャンプの運営を仕事としている男もいた。

ビデオ通話では、出演者が拒否しているにもかかわらず「服を脱げ」と要求してくる男や、逆に自分が脱いで局部や自慰行為をする様子を一方的に見せつけてくる男(映画では強くぼかした加工がされてある)が、次々に現れる。さらには、過激なポルノ画像や動画を送りつける人物たちも後を絶たない。こんな大人たちに興味本位に接してしまえば、児童の性に対する考え方は大きく捻じ曲げられてしまうだろう。

©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『SNS-少女たちの10日間-』
『SNS-少女たちの10日間-』

2021年4月23日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、池袋シネマロサほかで公開中

監督:バーラ・ハルポヴァー、ヴィート・クルサーク
原案:ヴィート・クルサーク
出演:
テレザ・チェジュカー
アネジュカ・ピタルトヴァー
サビナ・ドロウハー
上映時間:104分
配給:ハーク

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。