M-1王者・霜降り明星がアップデートする、「第七世代」の定義

M-1王者・霜降り明星がアップデートする、「第七世代」の定義

インタビュー
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
中田光貴(CINRA.NET編集部)
撮影:鈴木渉 テキスト・編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)
2019/12/18
  • 687
  • 14

宮下草薙、四千頭身、EXIT、かが屋……2019年は「第七世代」と呼ばれる若手の芸人が活躍した1年だった。そしてその流れのトップランナーとしてこの1年を怒涛の勢いで駆け抜けていったのが、霜降り明星だ。

ステージを縦横無尽に動き回りボケを繰り出していくせいやに対して、センターマイクの前から動かずに的確に短いワードでつっこんでいく粗品。これまでにない新しいスタイルの漫才で審査員や会場の観客、そしてお茶の間の視聴者を魅了し、昨年の『M-1グランプリ』では史上最年少にして史上初の平成生まれのコンビとして優勝を飾った。

結成6年目にして『M-1』王者に輝いたお笑い界の超新星に、優勝までの道のりとチャンピオンとして過ごしたこの1年について、そしてせいやが名付けの親と言われる「第七世代」について話を伺った。

『M-1グランプリ』っていう大会は、命を懸けて臨まないと周りの方にも失礼。(粗品)

―ちょうど今『M-1グランプリ』の予選が進んでいて、取材する今日(11月18日)は大阪で準々決勝が行われていますが、お2人からすると初めて出場しない立場で迎えた『M-1』シーズンですよね。率直に今、どういったお気持ちですか。

粗品:そうですね……焦ってます。というか、燃えてますね。

―燃えている?

粗品:GYAO!で予選の動画が3回戦から見られるじゃないですか。僕も、せいやもたぶん、全部見てますし。もう居ても立ってもいられないというか。もっとネタをバッチバチに仕上げなあかんという焦りと、負けへんぞって燃えるような感じですね。

―せいやさんも同じような気持ちでしょうか?

せいや:もし今年も出てたらこのネタやってたとか、常に考えながら見てます。別に今年出なくてええから気楽やな、みたいなことは思ってないですね。むしろ羨ましさというか、寂しさもちょっとあって。芸人になって『M-1』に出てないの初めてなんでね。ちょっとまだ慣れないというか。

霜降り明星(しもふりみょうじょう)<br>粗品とせいやによって2013年1月に結成。2017年『第38回ABCお笑いグランプリ』優勝、2018年『第7回ytv漫才新人賞』優勝。同年、『M-1グランプリ』にて史上最年少、史上初の平成生まれで王者に輝く。粗品は2019年に『R-1ぐらんぷり』で優勝、せいやは『人志松本のすべらない話』でMVSを獲得するなど、それぞれピンでも活躍している。
霜降り明星(しもふりみょうじょう)
粗品とせいやによって2013年1月に結成。2017年『第38回ABCお笑いグランプリ』優勝、2018年『第7回ytv漫才新人賞』優勝。同年、『M-1グランプリ』にて史上最年少、史上初の平成生まれで王者に輝く。粗品は2019年に『R-1ぐらんぷり』で優勝、せいやは『人志松本のすべらない話』でMVSを獲得するなど、それぞれピンでも活躍している。

―今年出場しないと決めたのは、どういう思いがあったからでしょうか。

粗品:ありがたいことにこの1年お仕事をたくさんいただいて、むちゃくちゃ忙しくさせてもらってたんです。だけど、『M-1』は出るなら真剣にやりたいじゃないですか。

―そうですよね。

粗品:で、真剣にネタと向き合える時間が少ないと思ったので、今年は出なかったんかなと。『M-1グランプリ』っていう大会は、命を懸けて臨まないと周りの方にも失礼なので。

―今の「失礼にあたるから」という言葉、すごく大事ですよね。単に王者のポジションに対して保守的だったわけではないっていう。

せいや:『M-1』ファンの人にも、中途半端に出てきたらバレますし。そこを勝ち上がるのはかなり大変だって、自分らが一番わかってるんで出なかったですね。

「俺どうなんねん! 単位やばい!」って言いながら山を登ったのを覚えてます。(せいや)

―それだけ『M-1』に、そして漫才に誇りを持っているということですよね。遡るとコンビ結成前の2012年に、当時19歳だった粗品さんが『オールザッツ漫才』のネタバトル企画で最年少優勝されたときのコメントで「成人したら、スーツを着て漫才がしたい」と話されていたのが印象的で。その頃から最終的には漫才で勝負をしたいという思いはあったのでしょうか。

粗品:あのコメントは漫才に対する憧れというより、せいやとやりたかった思いのほうが強いですね。

―あのコメントはせいやさんへの明確なメッセージだったということですか?

粗品:みたいなことだったと思います。あとは、ピンで優勝したけどこれからコンビ組みますよ、みたいな告知も兼ねて言ってましたね。

粗品(そしな)
粗品(そしな)

―その結果、霜降り明星を結成されるわけですが、せいやさんからすると、テレビの向こうで輝かしい成功を収めた粗品さんとコンビを組むのはプレッシャーに感じる部分もあったのではないでしょうか。

せいや:もちろんありましたね。そのとき僕はただの大学生でしたから。『オールザッツ漫才』もテレビで見てましたし。そのときはもうコンビを組むって決まってて、ネタ合わせをし始めたぐらいだったんですよ。最後に『オールザッツ漫才』だけピンで出るって話だったんです。それで優勝したんで、「あ、もう話なくなったな」って思いました。

―ピンで行かれるな、と。

せいや:僕、こいつとコンビ組むって決めてたんで、当時通ってた大学の履修をめちゃくちゃサボってたんですよ。だから「うわうわうわ!」ってなって、とりあえず山に行きましたね。

―(笑)。

せいや:『オールザッツ』って朝の5時ぐらいに終わるんですよ。でも体が熱くなって寝れなかったので、山に行ってノンストップで頂上まで登りました。「俺どうなんねん! 単位やばい!」って言いながら山を登ったのを覚えてます。

せいや
せいや
Page 1
次へ

プロフィール

霜降り明星(しもふりみょうじょう)

粗品とせいやによって2013年1月に結成。2017年『第38回ABCお笑いグランプリ』優勝、2018年『第7回ytv漫才新人賞』優勝。同年、『M-1グランプリ』にて史上最年少、史上初の平成生まれで王者に輝く。粗品は2019年に『R-1ぐらんぷり』で優勝、せいやは2018年に『人志松本のすべらない話』でMVSを獲得するなど、それぞれピンでも活躍している。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。