トクマルシューゴが北欧楽器を初体験。国境を超える音と曲を探る

トクマルシューゴが北欧楽器を初体験。国境を超える音と曲を探る

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:朝山啓司 編集:木村健太
2018/02/28
  • 453
  • 38

ニッケルハルパという、スウェーデンの民族楽器をご存知だろうか。弓で演奏する擦弦楽器だが、鍵盤のようなパーツがついており、それを指で押さえて音程を変えるというユニークな構造を持つ楽器である。さらに共鳴弦の効果によって、たった1本でも教会やコンサートホールで演奏しているかのような豊かな響きを奏で、その天から降り注ぐような美しい音色に魅了される人は多い。

それにしても、この独特のフォルムとサウンドを兼ね備えたニッケルハルパは、一体どのような進化を遂げてきたのだろう。今回、ミュージシャンの中でも随一の「楽器好き」として知られ、たくさんの民族音楽を集めて自らの音楽にも積極的に取り入れているトクマルシューゴに、この不思議な楽器を試奏してもらった。

講師を務めてくれたのは、北欧音楽を取り入れたサウンドで人気のバンド、Drakskipのニッケルハルパ奏者である榎本翔太。本場スウェーデンへの留学経験も持つ彼を案内役に、この楽器やスウェーデンの文化の魅力を語り合ってもらった。

新しい楽器を買って、それで遊んでいるうちに曲ができることも多いです。

—トクマルさんは、楽器全般に対して強い興味をお持ちですよね。きっかけは、どのようなものだったのですか?

トクマル:特別なきっかけがあったわけではないんです。もともと、楽器に限らず音が出るモノが好きで、昔から集めていて。そのうち海外の楽器にも興味を持つようになって、珍しいかたち、珍しい音のモノを探しているうちに、ニッケルハルパのような民族楽器の存在を知った。「こんな楽器があるのか」という思いとともに、それらが使われている民族音楽にも興味を持ちました。

トクマルシューゴ
トクマルシューゴ

—所有している民族楽器は、たとえばどんなものがあるのですか?

トクマル:たくさんあります。シタールとかサーランギーなどのインドの楽器は手に入れやすいですね。なかには、雑なつくりのものもありますけどね(笑)。ネットとかで見つけて注文すると、新聞紙でくるんだだけの梱包で送られてくることもあるし。ちゃんとした楽器を買うなら職人さんに直接注文するのが一番ですよね。いま、ニッケルハルパの職人さんって何人くらいいるんですか?

榎本:スウェーデンで専門的にニッケルハルパをつくっている職人さんは、10人弱でしょうか。ただ、職人さんがいろんな地方を巡りながらつくり方を教えていた時期もあったそうで、趣味でつくられていることもありますね。

榎本翔太
榎本翔太

トクマル:値段はいくらくらいするんですか?

榎本:20万から60万円くらいのものが多いです。上限は100万円くらいですね。

—トクマルさんは、楽器を自作したことあります?

トクマル:そういう企画の仕事をいただいて、やってみたことはあるんですけど、難しかったですね。かなり緻密な計算に基づいてつくられていて、僕にはやり遂げる根気がなかった(笑)。楽器は集めるので精一杯です。

トクマルシューゴが2012年に発表した楽曲“Decorate”では、ギターのほか、数十種類の楽器が使用された。

—小さい頃は、ギターを買ったそばから弦を切り、分解したこともあるそうですね。

トクマル:なぜ音が鳴るのか、ということにすごく興味があるんですよね。たとえばピアノなんて、見た目あんなにツルッとしているのに、中を開けるとめちゃくちゃワンダーな世界が広がっているじゃないですか(笑)。「なんてことだ!」って。そういうことに、ゾクゾクしていたんだと思います。

トクマルシューゴ

—珍しい楽器を手に入れたことがきっかけになって、新しい曲ができることもありますか?

トクマル:ありますね。新しい楽器を買って、それで遊んでいるうちに曲ができることは多いです。その楽器の特性というか、その楽器にしか出せない音によって、新たなインスピレーションが湧き上がるんですよね。

—普段から弾きなれている楽器ではないからこそ、不自由な中で工夫して曲が生まれることもありそうですよね。

トクマル:そうですね。正式な弾き方をマスターせずに遊ぶから、新しいフレーズが生まれたり、新しい音色を発見したりすることはあります。ニッケルハルパも、いじっているうちに新しい音楽が生み出せそうな気がする。欲しいなぁ(笑)。

Page 1
次へ

プロフィール

トクマルシューゴ

さまざまな楽器や非楽器を用いて作曲・演奏・録音をこなす音楽家。2004年NYのインディレーベルより1stアルバムをリリース、各国のメディアで絶賛を浴びる。以降、国内外ツアーやフェス出演、映画・舞台・CM音楽の制作など幅広い分野で活動。2016年、4年ぶりとなるアルバム『TOSS』をリリース。現在、日本テレビにて放送中の、東京03×山下健二郎(三代目J Soul Brothers)×山本舞香5人による新感覚シチュエーション・コメディ『漫画みたいにいかない』の劇伴音楽を担当。同作のサウンドトラックCDをリリースするなど、活動のフィールドをますます広げている。

Drakskip(ドレクスキップ)

スウェーデンの伝統楽器ニッケルハルパ、ノルウェー生まれの弦楽器ハルダンゲル・ダモーレ、12弦ギター、パーカッションというユニークな編成の4人組バンド。北欧を中心に世界中の音楽を取り込んだサウンドで人気を集める。フィンランドとスウェーデン計4都市の伝統音楽フェスティバルにて演奏、本場でも高い評価を得ている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。