プロスケーター森田貴宏の遊びの美学 のめり込むのもほどほどに

プロスケーター森田貴宏の遊びの美学 のめり込むのもほどほどに

インタビュー・テキスト
中島晴矢
撮影:沼田学 編集:今井大介(CINRA.NET編集部)

オリンピックの正式種目に採用されたことや、コロナ禍でも密にならず手軽に楽しめることなどから、近年一層の盛り上がりを見せている「スケートボード」。そんなスケートボードの魅力をさまざまな形で発信し続けているのが、プロスケーターの森田貴宏だ。

スケーターとしてはもちろん、映像作家としても世界的に評価されている森田。また、アパレルブランドを展開したり、自らクルーザーデッキ(移動手段の機能に優れたスケボー板)を制作したりと、そのバイタリティは止まるところを知らない。最近では、CAMPFIREでの漫画制作プロジェクトや、スケートボードカルチャーを深掘りするYouTubeチャンネルにも意欲的だ。

森田のクリエイティブにかける飽くなき情熱は、一体どこから湧き上がってくるのだろうか。彼のスケートボードのルーツから、自身の考えるクラフトマンシップ、スケートボード初心者へのアドバイスまで。森田流のスケートボードの楽しみ方に迫るべく、ホームベースである中野に構えたDIYクルーザーの専門店「FESN laboratory」にて話を伺った。

「どうカッコいい存在でいられるか」が大事。ヤンキーが全盛の時代にスケーターを選んだ理由

―今まさにこのショップの周辺をスケボーでクルージングしてもらいました。森田さんの出身は杉並区松ノ木で、中野も地元と言っていいエリアですよね。森田さんがスケートボードを始めた頃、この辺りにスケーターはいたんですか?

森田:僕は1989年にスケボーを始めたんですが、『ビー・バップ・ハイスクール』(那須博之監督 / 1985年)とかの影響が強い時代だったから、当時のヤンチャな子はみんなヤンキーでした。そのヤンキーたちがスケボーをやっていたんですよ。学校には長ランにボンタンで雪駄を履いて来るようなパンチパーマの先輩が、街中ではアメカジでスケボーを乗り回してた。本当の意味でアメリカの「ヤンキー」的な、その不良軍団の感じがカッコよくて僕も憧れましたね。

森田貴宏(もりた たかひろ)<br>東京都杉並区松ノ木出身のスケーター。極東最前線から斬新な映像作品を発表するビデオプロダクション、FESNの代表。2008年に発表した「overground broadcasting」は、国内だけでなく世界各国で賞賛を得た代表作。アパレルブランド、LIBE BRAND UNIVS.の代表も務める。現在は、ホームベースでもある中野でスケートボードをオリジナル制作する「FESN laboratory」を運営。
森田貴宏(もりた たかひろ)
東京都杉並区松ノ木出身のスケーター。極東最前線から斬新な映像作品を発表するビデオプロダクション、FESNの代表。2008年に発表した「overground broadcasting」は、国内だけでなく世界各国で賞賛を得た代表作。アパレルブランド、LIBE BRAND UNIVS.の代表も務める。現在は、ホームベースでもある中野でスケートボードをオリジナル制作する「FESN laboratory」を運営。

―ヤンキーとスケーターって今では遠いイメージですけど、かつては未分化だったんですね。

森田:そうそう。それで自分もヤンキーをやってみたんですけど、退屈だったんですよ。タバコ吸うくらいしかやることがなくて(笑)。片足突っ込んで、やりたくもないケンカをしたこともあるんですけど、とっととやめたくなって。そのタイミングでスケボーを始めましたね。中学1年生だったかな。スケボーが魅力的だったのは、音楽、ファッション、運動と、自分の好きなもの全部の要素が揃っていると思えたから。一番しっくりきたんです。

―スケートボードカルチャー全体に心をつかまれた、と。

森田:あと、友達が見せてくれたアメリカのスケボービデオの影響も大きかったですね。日本ではなかなか見られないような本格的なビデオで、それもスケボーを始めたきっかけの一つ。かといってアメリカの広告にあるような、馬鹿でかい階段を飛んだり長い手すりを滑ったりしたいわけではなかった。スタントマンになりたいんじゃなくて、僕の場合はもっと「街中でどうイキがるか」とか「どうカッコいい存在でいられるか」の方が大事でしたね。お洒落で、強くて、技術もあって……自分の考えるスケボーのカッコよさって、そういう感じなんですよ。

森田貴宏

―スケボーする場所は主に地元だったんですか?

森田:はじめは松ノ木で、そのあと新宿ですね。中2の終わりくらいから新宿中央公園に行くようになりました。そこでスケーターとして開花したんじゃないかな。土日にはスケーターがいつも4、50人はいて、日本でもトップクラスにレベルの高い公園でしたから。そこで滑ってた奴はほとんどがプロになりましたよ。地元でくすぶらずに、早い段階でトップレベルの連中と一緒に滑れたというのは大きかったですね。当時は地下鉄で新宿まで120円だったので、ポケットに300円だけ入れて行く。何も買えないし、金はなかったですけど、ただスケボーができればよかった。そんな子ども時代でした。

Page 1
次へ

店舗情報

FESN laboratory

住所:〒164-0001 東京都中野区中野3丁目33−15
営業時間:14:00~20:00
定休日:木曜日
電話:03-6382-5406

プロフィール

森田貴宏(もりた たかひろ)

東京都杉並区松ノ木出身のスケーター。極東最前線から斬新な映像作品を発表するビデオプロダクション、FESNの代表。2008年に発表した《overground broadcasting》は、国内だけでなく世界各国で賞賛を得た代表作。アパレルブランド、LIBE BRAND UNIVS.の代表も務める。現在は、ホームベースでもある中野でスケートボードをオリジナル制作するFESNラボラトリーを運営。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。