高木正勝×相良育弥 上辺の「新しさ」に惑わされない心の授業

高木正勝×相良育弥 上辺の「新しさ」に惑わされない心の授業

インタビュー・テキスト
野村由芽
撮影:森山将人

働くことと、暮らすこと。その二つは人生の大部分を占めるにもかかわらず、両方に満足できている人はそう多くないし、仕事のせいで暮らしがままならなくなることもしばしばだ。「北欧の暮らし」に人々が憧れるのは、「仕事」と「暮らし」が別物ではなく、「心地良い暮らしのために、どう働くか?」という問いがつねにあるからなのだと思う。つまり、「暮らし」のなかに「仕事」が含まれているような感覚。そこから学べるのは、「いい仕事をするため」に「どう暮らすか」を丁寧に考えてみるということ。その発想の転換が必要なのではないか。

音楽家・高木正勝と、茅葺き職人・相良育弥。ともに30代後半、自他ともに認める働きざかりだ。そんな二人は、よりよく働き、暮らすために、都会ではなく田舎で生きることを選んでいる。自然に囲まれたその場所で、二人はなにを感じて、なにを見据えているのだろうか? それを探るべく村を訪れたところ、自然や周りの人々からたくさんのものを受けとり、唯一無二の新しさを生み出し続ける、職人気質な二人の姿があった。

移住した人をたくさん知ってるけど、かっちゃん(高木)はすごく観察眼があるんですよ。(相良)

3年前、京都・亀岡市から、人口31人の村に引っ越した高木正勝。2001年のデビュー当時から先進的な手法を用いて映像・音楽表現をおこない、Apple社の広告にも起用されるなどして話題となっていたが、今は村に溶け込み、時に村人たちとともに楽曲制作をおこなっている。

一方、「茅葺き職人」の相良育弥は、故郷の村でずっと暮らしている。大工だった祖父の姿を見て、幼い頃から「百姓」になりたいと思っていた彼は、茅葺きの親方から「茅葺きで百姓の技のうち十ぐらいは学べる」と言われ、茅葺き職人に志願。今は「くさかんむり」という茅葺き職人ユニットの棟梁だ。高木の移住をきっかけに出会った二人は、自然とともに暮らすことにどんな魅力を感じているのか?

―高木さんが村に越してから、3年たつんですよね。

高木:もうそんなになりますね。

相良:はじめに村に来たとき、かっちゃん(高木正勝)、蜂に刺されとったよね。通過儀礼だなあ、と思って嬉しかった記憶があります(笑)。もうまむしの匂いとかわかるでしょ?

高木:わかる。まむしだけじゃなくて、今日なんかあるな、みたいな危険な予感もわかるようになりましたね。だいたい、良いことも悪いことも思った通りになるから、なにか予感がしたらそのまま受け入れるようにすると、いろいろうまくいくんです。

左から高木正勝、相良育弥
左から高木正勝、相良育弥

相良:移住した人をたくさん知ってるけど、かっちゃんはすごく観察眼があるんですよ。3年でそこまでいけるのかってぐらい、村になじむのが早い。移住者のお手本みたいな人です。

高木:田舎に引っ越してくる人にも、いろんなタイプがいますよね。大きくは2種類で、地域に馴染みたくない人と、馴染みたい人。町内会や消防団への参加のように、村から出て行った人が嫌がるような要素を面白いと感じる人と、そうでない人がいる。煩わしいと感じる人は、田舎に住んでいても、心は街の人なのかもしれない。

相良:せっかくだったら、関わったほうが面白いんだけどねえ。

有り余る自然のなかに、喜びも苦しみも全部あります。(相良)

―田舎に暮らすということは、自然と暮らすことであり、同時に人と暮らすことでもあるんですね。どちらも選べるけど、二人は、「自然や人と関わる」ことを選んでいる。そこにはどんな喜びがありますか?

高木:一時期、いっくう(相良育弥)が会うたびに「カエル、カエル」って言っていた時期があったんです。

高木正勝

―カエル……?

相良:言ってましたね(笑)。村にはすごい量の蛙がいて、初夏になると大合唱になるんです。

高木:それがもうね、予想を上回る量の声なんですよ。蝉の声や螢の光のピークにも同じ現象が起きるんですけど、まるで宴や祝祭みたいで。

そういう自然が作る大合唱の雰囲気と、村の人たちの姿は同じだなって思うんです。村の人たちの思いーーたとえば誰のことが好きだとか、村の自然をこう思いやっているとか、良い感情に限って、恥じらいゆえに普段は表に出ていないことがあって。そういうなにかを思う良い感情が、お祭りや酔いの席で溢れるほど出てくる瞬間がある。それはこちらが受けとれないぐらいの量なんです。

相良:わかる。

左から高木正勝、相良育弥

高木:その感覚が僕は好きだし、いっくうも好きなんだろうなと。田舎に住んでいる人の、「自分とこはええとこや」と言うときの感覚は、有り余るなにかがそこに溢れていて、それを好いているということ。そこに溢れてるから、それを見て多分、曲を作ったり、屋根を葺いたり、表現したくなる。

相良:僕らの田舎では、秋祭りが村の人たちの盛り上がりのピークなんですけど、「次の秋祭りで感情を爆発させるまで待つのか……? いや、待てない!」みたいな感覚でやっているところはあるかもしれませんね。

高木:茅葺きの茅も、手をかけて育てているわけじゃなくて、その辺に勝手に生えているススキを刈って材料にしているわけです。刈り取れば役に立つけど、刈り取らなければ、次の年も生えてくるだけ。その有り余っている自然のエネルギーをどうしよう? ってむずむずして、人が思わず手を動かしてしまう。

相良:その有り余る自然のなかに、喜びも苦しみも全部ありますよね。宮沢賢治の『春と修羅』なんかを読んでも、本当にそう思います。

相良育弥

―人の手がくわわることで、自然にはどんな変化が起きるんでしょうか?

高木:自然はそのままで循環していますが、人の手が入るとその循環のスピードが遅くなったり、ひとまずストップしたりする気がします。自然のままにしておくと腐って土に還ってまた生まれてくるようなものでも、干して乾かして水分を抜くことで、何十年も長持ちしたり。いっくうの仕事の茅で屋根を葺くのはそういうことやと思います。

土井善晴さんという料理家が、「料理というのは、まずくしないこと」と言っていて。たとえばアクは人間にとっては美味しくないから、そこを削ぎ落として食べやすいものに変えるのが料理だっていう。

なにかを「作る」というのは、彫刻みたいにそぎ落としていく作業に近いですよね。「まずくしない」という言い方には、なにかをつけ足すよりも豊かなものを感じます。一番最後に残った良いところが、ぎゅっと凝縮されている。その感覚が、ここに越す前はわからなかったけど、今はすごくよくわかるんです。

Page 1
次へ

リリース情報

高木正勝『YMENE』
高木正勝
『YMENE』(CD)

2017年3月26日(日)発売
価格:3,024円(税込)
NOVUS-010

1. Dreaming
2. Tidal
3. Bokka
4. Homicevalo
5. Ana Tenga
6. Laji
7. Naraha
8. Philharmony
9. Grace
10. Mase Mase Koyote
11. Earth's Creation #1
12. Omo Haha
13. Ymene
14. Earth's Creation #2
15. Emineli

高木正勝『『山咲み』
高木正勝
『山咲み』(2CD+DVD)

2017年3月26日(日)発売
価格:4,860円(税込)
NOVUS-004~6

[CD1]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
[CD2]
1. うたがき
2. マクナレラ~ヤイサマ
3. 山咲き唄
4. かみしゃま
5. おやま
6. Girls
7. Rama
8. Wave of Light―音頭
9. Grace~あげは
10. 風花~カピウ・ウポポ
[DVD]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
16. うたがき
17. マクナレラ~ヤイサマ
18. 山咲き唄
19. かみしゃま
20. おやま
21. Girls
22. Rama
23. Wave of Light―音頭
24. Grace~あげは
25. 風花~カピウ・ウポポ

プロフィール

高木正勝(たかぎ まさかつ)

1979年生まれ、京都出身。2013年より兵庫県在住。山深い谷間にて。長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した「動く絵画」のような映像、両方を手掛ける作家。美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。『おおかみこどもの雨と雪』やスタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』の映画音楽をはじめ、コラボレーションも多数。

相良育弥(さがら いくや)

1980年生まれ。茅葺き職人。20歳くらいのころに、宮澤賢治に憧れて大地に生きる百姓を志すも、減反で米がつくれず「三姓」止まりに。そんな時に出会った茅葺きの親方に「茅葺き屋根は百姓の業でできている」との言葉で弟子入り。現在は、淡河かやぶき屋根保存会「くさかんむり」の代表を務め、ふるさとの神戸市北区淡河町を拠点に、茅葺屋根の葺き替えや、補修を生業とし、民家から文化財まで幅広く手がけ、積極的にワークショップも行なっている。

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事