高円寺メタルめし・ヤスナリオが語る、北欧文化とメタルへの愛

高円寺メタルめし・ヤスナリオが語る、北欧文化とメタルへの愛

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

音楽の街・高円寺には「カフェめし」ならぬ、「メタルめし」なる飲食店があるのをご存知だろうか。ヘヴィメタルのバンドや、その作品名をもじったユニークなメニューを取り揃えた「高円寺メタルめし」は、メタル好きの、憩いの場。日々メタラーが集まり、夜な夜な「メタル話」に花を咲かせている。

そう聞くと、なにやら「一見さんお断り」の怖い店のように感じるかもしれないが、そうではない。壁にはメタルミュージシャンをモチーフとした可愛らしい絵が描かれ、木目を生かしたインテリアに、北欧デザインの食器が並ぶなど、まるでポートランドのカフェのような雰囲気。そのオシャレな内装と外観に惹かれ、思わず立ち寄る若いカップルや女子グループも少なくないという。ヘヴィメタルとカフェめし、さらに北欧デザインを違和感なくミックスさせ、居心地のよい空間を提供する「高円寺メタルめし」はいかにして生まれたのか。オーナーのヤスナリオに話を訊いた。

「メタルめし」は、しょうもないダジャレ感が特徴です(笑)。

—まずは、「メタルめし」とはなにかを教えてもらえますか?

ヤスナリオ:「メタルめし」というのは、ヘヴィメタルバンドやその曲名をもじったメニューのことです。たとえば、Metallicaの『Master Of Puppets』(1986年)というアルバムをもじった「マスター・オブ・ナゲッツ」という、でっかいナゲットを盛りつけたメニューを提供しています。

『Master Of Puppets』はメタラーにとって「経典」とも言えるアルバムなんですけど、そういうしょうもないダジャレ感が特徴ですね(笑)。外国のお客様にも通じるみたいで、メニュー見るとみんな「く、くだらねえ……」と失笑しています。

ヤスナリオ
ヤスナリオ

マスター・オブ・ナゲッツ
マスター・オブ・ナゲッツ

ヤスナリオ:「マスター・オブ・ナゲッツ」は、フライドポテトを十字架の形にしたり、赤く染まる雲を大きなナゲットで表現したり、ジャケットのイメージにも忠実なんですよ。


METALLICA“Master of Puppets”を聴く

ヤスナリオ:料理の傾向としては、がっつり食べられる肉料理や大盛りのスパゲティ、丼物が多いです。イカスミを使って真っ黒にしたドリアとか、スナック菓子など尖った食材を使って飾りつけたり、見た目のインパクトも大事ですね。味つけ的には、なぜかピリ辛系のものが多くなっています。

コーン・イン・ア・マッシュポテト / 元ネタはAnthraxの楽曲“Caught in a Mosh”(1987年)
コーン・イン・ア・マッシュポテト / 元ネタはAnthraxの楽曲“Caught in a Mosh”(1987年)

—ドリンクメニューはいかがですか?

ヤスナリオ:「アイアンサワー」「ブラッディアイアンサワー」っていうメタルっぽい名前のものがあります。どちらも鉄分たっぷりのエキスを、炭酸と焼酎で割ったもので。鉄分は肝臓にもいいし、ヘルシーなドリンクなんですよ。ちなみにブラッディアイアンサワーは、アイアンサワーにカシスを加えたものです。

それと、Rhapsody(イタリアのシンフォニックメタルバンド。現在は「Rhapsody Of Fire」と改名し活動中)の“Emerald Sword”(1998年)という有名な楽曲があって、メタラーはみんな「エメソ」と呼んでいるんですが、それにちなんだ「エメラルド・ソーダ」というドリンクもあります。ただのメロンソーダなんですけど、お客さんからは「エメソください」って頼まれます(笑)。

ヤスナリオ


Rhapsody Of Fire“Emerald Sword”を聴く

—ダジャレと言いつつもメニューを考えるのも一筋縄ではいかなそうですね。

ヤスナリオ:そうなんですよ。お客さんからもリクエストがあるのに、名前が思いつかなくて出せないものとかもありますから。たとえばSabaton(スウェーデン出身のパワーメタルバンド)とか、「鯖(サバ)」と「豚(トン)」でいくらでも思いつきそうだけど、そのままだと面白くないし、悩みどころなんですよね(笑)。

Page 1
次へ

プロフィール

ヤスナリオ

三度のメシよりヘヴィメタル好き!かもしれない、自称「料理勉強家」。「ホントはこういうのが一番ウマいんだよねぇ」と唸らせる、シンプルでカンタンな料理をブログで発信。雑誌、WEB、TV番組などへのレシピ提供も行う。2015年6月より、「高円寺メタルめし」をオープン。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。