戸田真琴×飯田エリカが語らう、魂が喜ぶように生きることが大切

戸田真琴×飯田エリカが語らう、魂が喜ぶように生きることが大切

テキスト
飯嶋藍子
撮影:垂水佳菜 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

戸田真琴による映画上映×トークイベント。自分自身を愛する方法を、見つけたいあなたへ

※このイベントは、東京都の外出自粛要請が発表される前に実施され、当日参加者のみなさまにはアルコール消毒液の使用、マスク着用をお願いしております。

すべての人が持って生まれる「性」。それを根に、今まで受け継がれてきた性のイメージのなかに閉じ込められて、生きづらさを感じている人も少なくないのではないだろうか。

渋谷ヒカリエのカルチャースペースMADOで、AV女優の戸田真琴が2019年に初監督作品として発表した映画『永遠が通り過ぎていく』の上映と、映画の製作にも携わった少女写真家・飯田エリカを交えたトークイベント『わたしが、わたしを愛する日 −戸田真琴が贈る映画上映×トークイベント−』が行われた。本イベントは、北欧カルチャーマガジン「Fika」で連載されている戸田のコラム「戸田真琴と性を考える」のスピンオフとして企画されたものだ。

左から:戸田真琴、飯田エリカ
左から:戸田真琴、飯田エリカ

『アリアとマリア』『Blue Through』『M』と短編3作のオムニバスとなっているこの作品で描かれるのは戸田自身の記憶も反映した「私」という存在と「孤独」について。そもそもなぜこの映画を作るに至ったのか、上映後、満員の会場に「嬉しい!」と喜ぶ戸田が語り始める。

戸田:突然、私の話を曲にしていいですかって大森靖子さんからDMがきて。それで、短編映画のタイトルにもなった“M”という楽曲が生まれたんです。それに対して何か私からもお返しがしたい気持ちがあったのと、曲の力ってすごく強いけど、ひとつのイメージだけじゃなく、曲になる前の原風景が持っていた空気感を伝えたかった。映像で情報を足して、私と“M”という曲をひとつのものにできるようにしたいなって。だから、MVなり映画を作りたいという気持ちになっていきました。

左から:戸田真琴、飯田エリカ<br>戸田真琴(とだ まこと)<br>2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に発売し、2020年3月には2冊目の書籍『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』を発売した。
左から:戸田真琴、飯田エリカ
戸田真琴(とだ まこと)
2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に発売し、2020年3月には2冊目の書籍『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』を発売した。
戸田が歌詞のモデルとなっている楽曲”M”。大森は、戸田が参加した『ミスiD 2018』で審査員を務めていた

もともと映画を撮りたいという気持ちを強く持っていた戸田。昨年、実際に動き始めたことを「大森さんの曲ありきで、本当にやらなきゃいけないタイミングがきたんだなと思った」と振り返る。ギリギリまで脚本を書き直していたというその3作品は、すべてのセリフが口語ではなく詩のような書き言葉で展開されるのが印象的だ。

戸田:言葉がそのまま通り過ぎていく表現をしたかったんですよね。言ったことがそのまま伝わらず通り過ぎていく、相手の耳に言葉が入らず、そのままディスコミュニケーションが進んでいく気持ちを表したくて。

『永遠が通り過ぎていく』場面写真 ©2019 TODA Makoto
『永遠が通り過ぎていく』場面写真 ©2019 TODA Makoto

自身の体験や感じたことを言葉に乗せ、映像にしたという戸田は「わかってほしいと思わないわけはないんですよ。でも、自分が自分であることを歪ませてまでわかってほしいとは思わない」と続ける。映画の登場人物たちも、もちろん戸田も、そして、多くの人が感じるえも言われぬ孤独感。ひとりで大丈夫だと思っていても、ふと寂しさが襲ってきたり、苦しくなってしまうとき、戸田はどうやって乗り越えているのだろうか。

戸田:私は孤独じゃないと思ったことがないんですよ。孤独でも大丈夫って思うよりも、それに対する比較対象がないんじゃないかな。そういう私が今日まで生きているし、孤独でも大丈夫なんじゃないかなって思う。

飯田:孤独が悪いものというイメージになっているのがそもそもよくないですよね。「結局ひとりだよね」って私もしょっちゅう思いますけど、すべての環境に変化がないわけではなく、ひとりのときもあれば、人とすごく関わらなきゃいけないときもあるし、それによって疲れてしまうこともあって。

でも、誰かといて心温まる瞬間とか人と関わってまぎれもなく美しい瞬間って、自分のなかに生きていると思うんです。それがずっと私の心のなかで変わらないまぶしいものであって。孤独だと感じたら、そういう瞬間を思い出したらいいんじゃないかなって思います。

飯田エリカ(いいだ えりか)<br>1991年東京都出身。2013年少女写真家として活動をはじめる。自らの少女時代の記憶をもとに今だからこそ写せる少女、女の子を撮影した”少女写真”という表現を追い求め作品を制作。女の子たちのための写真活動を志している。19年から女の子を撮る女の子のコミュニティー『またたく女の子たち』を主催している。
飯田エリカ(いいだ えりか)
1991年東京都出身。2013年少女写真家として活動をはじめる。自らの少女時代の記憶をもとに今だからこそ写せる少女、女の子を撮影した”少女写真”という表現を追い求め作品を制作。女の子たちのための写真活動を志している。19年から女の子を撮る女の子のコミュニティー『またたく女の子たち』を主催している。

戸田:永遠ってないのかもしれないですけど、今の話にでてきた「瞬間」って、永遠のことなんですよね。記憶のなかで変化していくかもしれないけど、そのワンシーンの本質ってきっと変わらない永遠の記憶で。そのことを永遠って呼ぶんじゃないかなって思うんです。だから永遠って通り過ぎていってしまうもので、とどまってはくれないものだけど、それを救いにして生きていくことは美しいことだと思います。

来場者には、上映後に映画の感想を書いてもらった。その手紙の束を見て「いっぱい! 嬉しい、ありがとうございます」と戸田。そのなかからいくつか感想が紹介された。

18歳のときに初めて彼氏ができたあとの不安定な気持ちを思い出した。今は大人になってしまって、気持ちを見繕うことをできることになったから忘れていました。(中略)もう戻れない、あのとき感じたあの気持ちにアクセスできる映像でした。

戸田が描いた「永遠が通り過ぎていく」という言葉の意味をそのまま感じ取っているかのような感想の数々に、戸田と飯田は「嬉しい。鳥肌が立ちました」と満面の笑み。持ち帰って全部読む、と意気込み、イベントの前半が終了した。

戸田真琴
Page 1
次へ

イベント情報

『わたしが、わたしを愛する日 -戸田真琴が贈る映画上映×トークイベント-』
『わたしが、わたしを愛する日 -戸田真琴が贈る映画上映×トークイベント-』

2020年3月22日(日)
会場:渋谷ヒカリエMADO

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に、2020年3月には2冊目の書籍『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』を発売した。

飯田エリカ(いいだ えりか)

1991年東京都出身。2013年少女写真家として活動をはじめる。自らの少女時代の記憶をもとに今だからこそ写せる少女、女の子を撮影した“少女写真”という表現を追い求め作品を制作。女の子たちのための写真活動を志している。19年から女の子を撮る女の子のコミュニティー『またたく女の子たち』を主催している。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。