山村紅葉が読む北欧ミステリー 美しい土地で事件が起きやすい理由

山村紅葉が読む北欧ミステリー 美しい土地で事件が起きやすい理由

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:伊藤惇 編集:川浦慧

近年、日本でも盛り上がりを見せている「北欧ミステリー」の世界。豊かな自然や家具、雑貨といったイメージとは少々異なるかもしれないが、1992年に北欧の推理作家が、その年のいちばん優れたミステリー作品を選出する『ガラスの鍵』賞を設立するなど、北欧諸国は良質なミステリーの産地でもあるのだ。

そんな北欧ミステリ―の魅力を、ミステリーを愛する各界の著名人に語ってもらうという本企画。今回登場していただくのは、日本でも有数のミステリー作家である山村美紗を母に持つ、女優の山村紅葉。母の影響により、幼少の頃からミステリーの世界に親しんできた読書家であり、テレビの2時間サスペンスをはじめ、ドラマや映画など、数々の映像作品に出演している彼女は、北欧ミステリーをどんなふうに読んだのだろうか。

今回、山村が紹介するのは、今日の北欧ミステリーブームの火付け役ともなった、スティーグ・ラーソンの『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』。この小説から彼女は何を感じとったのだろうか。日本のミステリーとの比較などもあわせて語ってもらった。

母がミステリー作家だったものですから、本棚にミステリー小説が揃っていたんです。

—山村さんといえば、テレビドラマの2時間サスペンスなどでお馴染みですが、ミステリー小説も、かなり読まれるとか?

山村:そうですね。母がミステリー作家だったものですから、自宅の本棚に「ハヤカワ・ミステリ文庫」などのミステリーの本が大方揃っていたんです。なので、私も小さい頃から、そういうものを読み漁っていました。

大学は早稲田だったんですけど、「ワセダミステリクラブ」というサークルに入っていました。サークルメンバーからミステリー小説の最新の情報を教えてもらったり、本を貸し合ったり、あと批評みたいなこともし合ったりしていましたね。

山村紅葉
山村紅葉

—かなり筋金入りのミステリーファンなのですね。ちなみに、山村さんがいちばん好きなミステリー作家というと?

山村:やっぱり、アガサ・クリスティ(1920~1930年代ごろに活躍した、イギリスのミステリー小説家)ですね。もともと、母が「日本のアガサ・クリスティ」と呼ばれてとっても喜んでいたので、「どんな作家なんだろう?」と、気になって読むようになったらファンになってしまって。なかでも、『ミス・マープル』のシリーズが好きですね。映像化されたものも、けっこう見たりしています。

『ドラゴン・タトゥーの女』は、スウェーデン版とハリウッド版の両方とも見たぐらい好きなんですよね。

—そんな山村さんがオススメする「北欧ミステリー」はスティーグ・ラーソンの『ミレニアム』シリーズということですが、この作品を選んだ理由を教えてください。

山村:シリーズのなかでも、いちばん最初に衝撃を受けたという意味で、その第1弾である『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』を今日は持ってきました。これは映画にもなっていますけど、スウェーデン版とハリウッド版の両方とも見たぐらい好きなお話なんですよね。

『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』上下巻
『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』上下巻(Amazonで購入する

—どういったところが、印象的でしたか?

山村:まずは、ミステリー小説として私が好きなタイプだったんです。事件の舞台となるのが、島なのですが、普段は繋がっているはずの橋が閉鎖されていて、閉ざされた空間になっている。

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』(1939年)も島が舞台だったし、『オリエント急行の殺人』(1934年)も列車のなかという閉ざされた状況で事件が起こりますよね。つまり、そのなかに犯人がいるはずで、そこに居合わせた人たちが、全員容疑者になる。そういうミステリーの王道ともいえる舞台設定であることに惹きつけられたんです。

—物語のキーとなる40年前の事件が、島にあるお金持ちの大邸宅で起こるという……たしかに王道ですよね。

山村:そう。ただ、そういう王道な設定から入りながら、実はそういう話ではなく、ものすごく意外性のある展開になっていくんですよね。詳しくは言いませんが、私にとっては予想外の展開と結末でした。かなり意表を突かれたんですよね。

Page 1
次へ

プロフィール

山村紅葉(やまむら もみじ)

早稲田大学在学中にANB「燃えた花嫁~殺しのドレスは京都行き~」で女優デビュー。以来在学中に20数本出演するが、国税庁国税専門試験に合格し、卒業後は国税局に勤務。結婚退職を機に、ふたたび女優の道へ。400近い原作を残した、亡き母・山村美紗さんの作品を中心に、「赤い霊柩車」「名探偵キャサリン」「京都祇園芸妓」「狩矢警部」などの代表シリーズ出演。また、バラエティーや舞台にも活動の幅を広げ、2006年9月 山村美紗没十年追悼「京都 都大路謎の花くらべ」(南座)や新春喜劇公演「俺はお殿さま」(新宿コマ劇場)。2010年10月 山村美紗サスペンス「京都花灯路恋の耀き」(南座、東京、他地方公演)に出演。日本喜劇人協会理事でもある。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。