涙を生むメロドラマの力は今も残る 映画研究者・河野真理江が語る

涙を生むメロドラマの力は今も残る 映画研究者・河野真理江が語る

テキスト
松井友里
撮影:寺内暁 編集:久野剛士、CINRA.NET編集部

単純化された物語に、著しく誇張された演出や芝居。激しい運命に翻弄される主人公。戦前から戦後にかけての日本で、「メロドラマ」と呼ばれる一連の作品が花開いた時代があった。日本においてメロドラマはスタジオシステムの隆盛とともに固有の発展を遂げ、『愛染かつら』『君の名は。』のような後世に知られるヒット作を生み出しながらも、やがてジャンルとしての終焉を迎える。その変遷について解き明かしたのが、映画研究者である河野真理江による『日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品』だ。

今回、表参道にあるボルボのブランドコンセプトストア「ボルボ スタジオ 青山」で河野さんに取材を実施。甘いものを食べながらコーヒーを飲むスウェーデンの習慣、「フィーカ」の時間を楽しみながら、同書が書かれた背景や、批評や研究においてメロドラマがたどってきた道のりとともに、『花束みたいな恋をした』や『あのこは貴族』など、メロドラマ的な想像力のもとつくられた近年の作品について、読み解いてもらった。一度は終わったジャンルであるメロドラマは、現代においてどのように息づき、羽ばたいていているのだろうか。

河野真理江(こうの まりえ)<br>1986年東京生まれ。映画研究。立教大学現代心理学研究科映像身体学専攻博士課程修了。博士号(映像身体学)取得。現在、立教大学兼任講師、青山学院大学、早稲田大学、東京都立大学、静岡文化芸術大学非常勤講師。2021年4月に著書『日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品』が発売。
河野真理江(こうの まりえ)
1986年東京生まれ。映画研究。立教大学現代心理学研究科映像身体学専攻博士課程修了。博士号(映像身体学)取得。現在、立教大学兼任講師、青山学院大学、早稲田大学、東京都立大学、静岡文化芸術大学非常勤講師。2021年4月に著書『日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品』が発売。

「涙を流させる」ことにはものすごいエネルギーがあって、そうした側面を映画研究や映画批評は見過ごしてきた経緯がある。(河野)

―はじめに、「メロドラマ」とはどのような特徴をともなって表現されるものでしょうか?

河野:フィルム・スタディーズにおける一般的な意味では、善悪の二項対立を軸としたさまざまなタイプのジャンル作品を指すことが多いです。それとは別に、日本では1930年代から1960年代にかけて隆興していた固有のジャンルとして「メロドラマ」というものが存在してきました。これはいわゆる「泣ける映画」を指すと言えばわかりやすいかもしれません。

次から次へと主人公に不運が降りかかり、さまざまな災難に見舞われながら、最後は幸福を手に入れる――そうしたタイプの作品が多いです。この日本の「メロドラマ」の中にもいろいろサブジャンルがあって、とりわけ「文芸メロドラマ」と呼ばれるものは、ハッピーエンディングのかたちをとることが少ないという点で少し変わったジャンルです。たとえば、五所平之助の『猟銃』(1961年)は、ほとんどダグラス・サークのファミリー・メロドラマのようなアイロニカルで素晴らしい演出技法がみられる作品です。

―映画研究におけるメロドラマという言葉の定義は非常に複雑化しているそうですね。

河野:映画研究においてメロドラマは現在、「クラスター・コンセプト」、つまり概念の集積と言われています。時代ごとに意味と用法が変遷しすぎていて、研究者が整理しても整理しきれないくらい複雑なんです。だからメロドラマとは、ジャンルでもなければ1つの概念でもなくて、モードであったり、センスであったりする。けれども、あえてジャンルに目を向けると、そのときどきにおいて、メロドラマはいつも固有の特質と特徴を備えていて、そうしたジャンルの集積がメロドラマであると言える。だから、メロドラマは「クラスター・コンセプト」ではなくむしろ「ジャンルのクラスター」だとわたしは考えています。

―河野さんご自身は、小沼勝(映画監督。日活ロマンポルノの代表的な監督として知られる)の作品をきっかけにメロドラマに関心を抱いたそうですね。

河野:大学生のころ日活ロマンポルノにはまっていて、なかでも小沼勝の作品を気に入って集中的に観ていたところ、『昼下りの情事 古都曼陀羅』(1973年)や『生贄夫人』(1974年)、『夢野久作の少女地獄』(1977年)などいくつかの作品を観ている最中に「なんてメロドラマなんだ!」という驚嘆が突如として降ってきたんです。当時の自分がなにを指して「メロドラマだ」と思っていたのか、いまとなっては思い出せませんが、その強烈な直感というのが、じつはメロドラマの本質と関わっているのかもしれないと思っています。

河野真理江

―日本において戦前戦後に発展したジャンルとしてのメロドラマの足跡を辿った本書のなかで、興行的に成功した作品が多くあるにもかかわらず、観客の多くが女性であることや、女性を中心とした物語であることによって、かつてメロドラマは映画研究において注目されてこなかったという事実が興味深かったです。

河野:当時もいまも批評家の多くが男性なので、メロドラマは「オンナコドモのもの」として過小評価されてきたと思います。批評的な関心が払われてこなかったし、好意的にとらえられた場合でも、「男性の視点から見て面白いメロドラマであるか」という尺度でしか見られてこなかった。そのことがメロドラマ研究のハードルになっていた。でも、1970年代後半くらいに女性映画に関する研究がすごく盛り上がったんです。フェミニストたちが映画理論の研究に参入しはじめて、そこには少なからぬ功罪もあったわけですが、彼女たちは男性批評家たちが見過ごしてきたものを確かに見出しました。

―功罪というのは?

河野:メロドラマは当初、健気に耐え忍ぶ、あるいは献身的で犠牲をいとわない女性というステレオタイプを再生産してきたとして、フェミニストたちから批判されることもしばしばありました。けれども、実際にそうした状況に置かれていた女性が多いからこそ、「私だけじゃないんだ」という勇気を女性観客にもたらしていたとも言えるわけです。メロドラマが持つ特質の1つである「涙を流させる」ということにはものすごいエネルギーがあって、そうした人間の情動に関する問題について考えることを怠ってきたと、映画の研究者や批評家たちは1990年代から反省するようになっていったんです。

―たとえば、先ほど河野さんもおっしゃられていた、いわゆる「泣ける映画」と言われる作品群は、芸術性などの観点からは評価し難いものも多いかもしれない。けれどもそうした作品がコンスタントにつくられ、心が動いて涙を流す観客がいるというのは、確かにそこにいま生きている人々の感情の源流のようなものに触れるなにかがあるわけですよね。

河野:メロドラマって、戦争や災害のように、人々が大きな喪失感を味わい、社会に価値転換がもたらされた数年後に爆発的にヒットするケースが多いんです。たとえば『君の名は。』(新海誠監督 / 2016年)における隕石が衝突して街が消えるという場面から、東日本大震災を想起した観客は少なくなかったと思います。あとは難病もの。配偶者や恋人、肉親を失くすという誰もが味わう、つらい経験をメロドラマ的な神話に仕立てたジャンル映画は、常に関心が高いと言えますね。

河野さんの著書『日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品』書影
河野さんの著書『日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品』書影

―メロドラマとステレオタイプな女性像という話に戻ると、本書のなかでは、『新道』(五所平之助監督 / 1936年)を例に引いて、不幸に耐える犠牲者としての女性だけでなく、ステレオタイプから逸脱した女性の姿も一部のメロドラマ作品においては描かれていたと書かれていましたね。

河野:『新道』のヒロインは、いま見てもけっこう転覆的で大胆なんですよ。『新道』の監督やプロデューサーは男性ですが、原作者の菊池寛には女性の代筆者がいて、『新道』についても彼女が書いたものであるという説もあるんです。女性が書いたフェミニズム的な文学というのは当時からあって、そうした小説がメロドラマの原作として採用されることで、結果として「女性のための映画」という意味合いを強くしていたと思います。だから、「メロドラマ」はかわいそうで健気なヒロインという女性ステレオタイプを再生産する一方で、ステレオタイプに対抗する力もあった。その拮抗が日本の「メロドラマ」の特質の1つだと思っています。

Page 1
次へ

書籍情報

『日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品』
『日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品』

発売日:2021年3月3日(水)
著書:河野真理江
価格:4,180円(税込)
出版:森話社

プロフィール

河野真理江(こうの まりえ)

1986年東京生まれ。映画研究。立教大学現代心理学研究科映像身体学専攻博士課程修了。博士号(映像身体学)取得。現在、立教大学兼任講師、青山学院大学、早稲田大学、東京都立大学、静岡文化芸術大学非常勤講師。近著に、「渋谷実の異常な女性映画──または彼は如何にして慣例に従うのを止めて『母と子』を撮ったか」(『渋谷実 巨匠にして異端』志村三代子、角尾宣信編、水声社、2020年)、論文に「「メロドラマ」映画前史──日本におけるメロドラマ概念の伝来、受容、固有化」(『映像学』第104号、2020年)などがある。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。