ふかわりょうが語るアイスランドと人生 臨機応変こそラクで楽しい

ふかわりょうが語るアイスランドと人生 臨機応変こそラクで楽しい

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

お笑いタレントとしてだけではなく、「ROCKETMAN」名義での音楽活動、コラムやエッセイなどの執筆活動と、さまざまな分野で活躍するふかわりょう。彼がアイスランドを深く愛し、一時期は毎年のように彼の地を訪れていたことは、ファンの間では有名な話である。その一人旅を綴った旅行記『風とマシュマロの国』(2012年、幻戯書房)によれば、当初は地球が「生きている」ことを確かめるはずだったアイスランド旅行は、回を重ねるごとに、放牧された羊たちに会いに行く旅へと変貌していったという。

同書の中で「マシュマロ」と表現している、アイスランドの羊たちにふかわがそこまで魅了されたのは、一体なぜだったのだろう。今からおよそ25年前に芸歴10年を迎え、それまでの芸風から「ありのままの自分」をさらけ出す方向へとシフトした彼が、アイスランドで見つけた新しい価値観とはどのようなものだったのだろうか。

2020年11月に出版した彼の新刊『世の中と足並みがそろわない』(新潮社)では、その一見ネガティブにも見えるタイトルとは裏腹に、この生きづらい世界で「小さな幸せ」を見出すヒントをたくさん提示していた彼のユニークな発想力に迫った。

地球が生きていることを、この目で確かめるにはアイスランドへ行くしかないなと思ったんです。

ふかわりょう<br>1974年8月19日生まれ。神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学在学中の1994年にお笑い芸人としてデビュー。長髪に白いヘアターバンを装着し「小心者克服講座」でブレイク。後の「あるあるネタ」の礎となる。「シュールの貴公子」から「いじられ芸人」を経て、現在はMX『バラいろダンディ』のMCや『ひるおび!』のコメンテーターを務めている。また、ROCKETMANとして全国各地のクラブでDJをする傍ら、楽曲提供やアルバムを多数リリースするなど、活動は多岐に渡っている。著書に、アイスランド旅行記『風とマシュマロの国』など。
ふかわりょう
1974年8月19日生まれ。神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学在学中の1994年にお笑い芸人としてデビュー。長髪に白いヘアターバンを装着し「小心者克服講座」でブレイク。後の「あるあるネタ」の礎となる。「シュールの貴公子」から「いじられ芸人」を経て、現在はMX『バラいろダンディ』のMCや『ひるおび!』のコメンテーターを務めている。また、ROCKETMANとして全国各地のクラブでDJをする傍ら、楽曲提供やアルバムを多数リリースするなど、活動は多岐に渡っている。著書に、アイスランド旅行記『風とマシュマロの国』など。

―そもそもふかわさんは、なぜアイスランドへ行こうと思ったのですか?

ふかわ:端的にいえば、地球が「生きている」ということを確認したかったんです。2007年当時「エコ」みたいな概念が蔓延して、いろんなものを節約する風潮になってきたとき、「このまま我慢を強いるような生活スタイルでは、きっと続かないだろうな」と。エコの概念を、我慢ではなく普通のこととして習慣にするためには、地球への愛情がないと無理だろうなと思ったんですよね。

―地球への愛情ですか。

ふかわ:ええ。どうしたら地球に愛情を抱けるのかを考えたときに、地球は生きているものだと実感できなければ無理だろうと。しかもそれを、理屈ではなく体で感じる必要がある。さらに、自分たちが「地球で暮らしている」という実感も必要です。それって日常ではあまり意識しないじゃないですか。

―確かにそうですね。

ふかわ:地球上の大陸や海は、プレートと呼ばれる岩盤の上でゆっくりと動いている。アイスランドは、そのプレートが生まれるところを、唯一地上で見られる場所。つまり、地球が生きていることを、この目で確かめるにはアイスランドへ行くしかないなと思ったんです。もともと北欧には興味があって、フィンランドへ旅行をしたばかりでしたが、帰国して3ヶ月後にはアイスランドへ向かっていました。

―北欧にはどうして興味があったんですか?

ふかわ:ちょうどその頃、日本の価値観についていろいろ考えていたときだったんです。「日本でよしとされていることは、本当に正しいのだろうか」「北欧の人々の考え方や社会のあり方などに、学ぶべきものがあるんじゃないか?」と。自然との共生というか、北欧の人々の暮らしや自然との距離感に、すごく興味があったんですよね。

それとは別に、僕はABBAがすごく好きなんですよ(笑)。ABBAだけでなく、Ace of BaseやEggstone、The Cardigans……。ラジオを聴いていて「あ、これいいな」思うと大抵は北欧の音楽だったんですよね。

ふかわりょう
ふかわが愛するABBAの代表曲“Dancing Queen”。ABBAについてはこちらの記事も掲載している(記事を読む

Page 1
次へ

書籍情報

『世の中と足並みがそろわない』

2020年11月17日(火)発売
著者:ふかわりょう
価格:1,485円(税込)
発行:新潮社

『風とマシュマロの国』

2012年3月29日(木)発売
著者:ふかわりょう
価格:1,760円(税込)
発行:幻戯書房

プロフィール

ふかわりょう

1974年8月19日生まれ。神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学在学中の1994年にお笑い芸人としてデビュー。長髪に白いヘアターバンを装着し「小心者克服講座」でブレイク。後の「あるあるネタ」の礎となる。「シュールの貴公子」から「いじられ芸人」を経て、現在は「バラいろダンディ」のMCや「ひるおび!」のコメンテーターを務めている。また、ROCKETMANとして全国各地のクラブでDJをする傍ら、楽曲提供やアルバムを多数リリースするなど、活動は多岐に渡っている。著書に、アイスランド旅行記『風とマシュマロの国』など。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。