映画『わたしの叔父さん』 家族と夢の狭間で揺れる主人公を描く

映画『わたしの叔父さん』 家族と夢の狭間で揺れる主人公を描く

テキスト
村尾泰郎
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

(メイン画像:『わたしの叔父さん』©2019 88miles)

※本記事は作品の内容に関する記述が含まれています。あらかじめご了承下さい。

さりげない視線や仕草が人物の思いを伝える。酪農家を舞台にした物語

酪農王国として知られるデンマーク。農産物の輸出量も多く、日本でもデンマークのチーズは人気だが、最近は国の政策で伝統的な牛の飼育方法が廃止され、その影響で小規模の酪農家が廃業に追い込まれているらしい。『わたしの叔父さん』は、そんな酪農家が舞台になっている。

酪農を営んでいる27歳のクリス。彼女の家族は、同居している身体が不自由な年老いた叔父さんだけ。子どもの頃に兄と父親を失ったクリスは、叔父さんに引き取られて育てられた。農場での暮らしは同じことの繰り返し。映画の冒頭では、典型的な1日の行動が淡々と描写される。朝早く目覚めるクリスは、叔父さんを起こして着替えを手伝い、一緒に朝ごはんを食べる。牛の乳を絞り、牧草を与え、昼食を食べてさらに一仕事したら、夕方には2人で近所のスーパーへ。2人は一切話をしないが、スーパーで初めて叔父さんが「ヌテラ」と呟く。毎朝、パンに塗っているクリームを買っておけ、ということだ。

喋らないからといって仲が悪いというわけではない。2人がお互いを気遣っていることが、ちょっとした仕草や視線から伝わってくる。そんな平穏な1日が終わろうとしていた夜、牛が産気づく。危険な逆子だったが、クリスの適切な処置で子牛は一命をとりとめた。その小さな出来事が、2人の生活に変化をもたらすことになる。

『わたしの叔父さん』ポスター / ©2019 88miles
『わたしの叔父さん』ポスター / ©2019 88miles(公式サイトを見る

本作の監督・脚本を手掛けたのは、デンマークの新鋭、フラレ・ピーダセン。小津安二郎をリスペクトするピーダセンは、日常の些細なやりとりを通じてクリスと叔父さんの関係を描き出していくが、なにも言わなくても通じ合うクリスと叔父さんの関係は小津映画の笠智衆と原節子を思わせて、親子のようにも長年連れ添った夫婦のようにも見える。10代の頃、獣医になるのを夢見ていたクリスは、獣医学校への進学が決まっていたが、叔父さんが倒れて身体が不自由になったことで、進学を諦めて農場を手伝うことに決めた。

それから時間は流れ、逆子の子牛を無事取り上げたことを獣医のヨハネスに褒められたクリスは、封印していたかつての夢を思い出す。いつもクリスと叔父さんの食事中に会話はなく、クリスは食べながら本を読んでいる。でも、子牛が生まれた翌日は、本からふと顔を上げて遠くを眺める。クリスの胸の奥でなにかが動き始めたのだ。こうしたさりげない描写を重ねながら、ピーダセンは寡黙な2人が胸に秘めた思いを観客に伝え、繊細な語り口で観客を物語に引き込んでいく。

左から:叔父さん(ペーダ・ハンセン・テューセン)、クリス(イェデ・スナゴー) / 『わたしの叔父さん』©2019 88miles
左から:叔父さん(ペーダ・ハンセン・テューセン)、クリス(イェデ・スナゴー) / 『わたしの叔父さん』©2019 88miles

昔からクリスのことを知るヨハネスは、再びクリスが学問に興味を持ったことを知り、彼女に往診を手伝ってくれないかと持ちかける。さらに教会で出会った青年、マイクがクリスをデートに誘う。突然、クリスに差し伸べられた2本の手。これまでクリスは叔父さんと2人だけの小さな世界で生きてきた。クリスに友達はいないようで、大きなトラクターを乗りこなしても小さな携帯は持っていない。子どもの頃に家族を失った悲しみのせいか、いつもクリスは無表情で冗談を言うこともなければ、笑顔を見せることもない。でも、仕事と叔父さんがすべての生活に変化が訪れたことで、クリスの心は次第に浮き立ち、叔父さんと一緒にいてもうわの空になっていく。そして、叔父さんはそんなクリスの変化を受け入れて彼女を後押ししようとする。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『わたしの叔父さん』
『わたしの叔父さん』

2021年1月29日(金)からYEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開

監督:フラレ・ピーダセン
出演:
イェデ・スナゴー
ペーダ・ハンセン・テューセン
オーレ・キャスパセン
トゥーエ・フリスク・ピーダセン
上映時間:110分
配給・宣伝:マジックアワー

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。