BURRN!編集長×大村孝佳のイングヴェイ論 強烈キャラの真相は?

BURRN!編集長×大村孝佳のイングヴェイ論 強烈キャラの真相は?

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:中村ナリコ 編集:山元翔一 取材協力:Sweeet Rock

スウェーデン出身のギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンの4作目となるソロアルバム『Odyssey』(1988年)がリリース30周年を迎える。前年に大きな交通事故に遭い、意識不明の重体となった彼が、リハビリをしながら作り上げたこのアルバムは、右手に負った後遺症を差し引いても余りある超絶的なテクニックが随所に散りばめられ、ジョー・リン・ターナーが歌うポップなメロディーによりセールス的には大成功を収めた。

イングヴェイといえば、そんな「ギターヒーロー」としての輝かしい一面がある一方で様々な言動で物議を醸してきたが、実際のところはどうだったのだろうか。また、彼のギターテクニックや人間味あふれるキャラクターはどのようにして形成されてきたのか。

今回は雑誌『BURRN!』の編集長を長年務める音楽評論家・広瀬和生と、ロックバンドC4のメンバーであり、菊地成孔率いるDC/PRGにも在籍するギタリスト大村孝佳の対談を実施。「イングヴェイファン」を自認する2人が、6月30日に生誕55周年を迎えるイングヴェイの魅力を存分に語ってくれた。

イングヴェイの人柄については、ネットや本で読む限りではあまりいい印象がないんですが(笑)、実際どうなんですかね?(大村)

—6月30日にイングヴェイが生誕55周年を迎えるということで、彼にまつわるお話を伺えればと思うのですが、広瀬さんは実際に会ったこともあるんですよね。

広瀬:取材でも何度も会っているのですが、一度、ストックホルムのバーでイングヴェイと飲んだことがあって。彼はスウェーデンではかなりの有名人みたいで、地元の客に絡まれてトイレで揉めていたんですよ。しばらくしてトイレから戻ってきた彼は、僕に「あいつ、あまりにもしつこいからボコボコにしてやった」と言ってましたが(笑)。

左から:広瀬和生、大村孝佳
左から:広瀬和生、大村孝佳

—(笑)。実際に会われた広瀬さんから見て、イングヴェイはどんな印象でしたか?

広瀬:いろいろと悪く言われることもありますが、「俺は貴族だし金持ちで、世界で一番ギターが上手くて、ルックスもいいからモテる」って本気で言ってるだけなんですよ。本人自身はそんなに悪気がなくて、とにかく思ったことをそのまま言う人。あんまり日本人にそういう人がいないから不思議に見えるんだと思いますね。

あとは、とにかくギターが大好きなんですよ。彼の家に遊びに行ったときも、片時もギターを離さない。常にギターを弾いています。そういう意味でいうと、純粋な人でもあるのかなと。

大村:イングヴェイの人柄については、ネットや本で読む限りではあまりいい印象がないんですが(笑)、実際どうなんですかね? 僕もインタビューを受けて、意図とは違う解釈をされた記事が掲載されてしまうこともあるので、イングヴェイも誤解されている部分とかがあるのかなと思うんですが。

広瀬:いや、書かれているまんまの人ですよ(笑)。本当に、辞めたメンバーや喧嘩別れした人のことを、「そこまで言うか?」ってくらい貶します。「ドラマーごときが出しゃばってくるな」とか、「サポートメンバーのくせに偉そうな口を利きやがって」くらいのことは平気で言う。それも含めて、「思ったことをそのまま言う人」なんです(笑)。

広瀬和生

イングヴェイが若い世代にも評価されているのは、速弾きだけじゃないよさがあるから。(広瀬)

—大村さんにとって、イングヴェイとはどのような存在なのでしょうか?

大村:僕にとってはやっぱり「ギターヒーロー」ですね。個人的に一番好きなギタリストはDokken(1982年にデビューしたアメリカのメタルバンド)のジョージ・リンチなんですが、イングヴェイにも確実に影響を受けています。

イングヴェイ・マルムスティーン『Trilogy』(1986年)を聴く(Spotifyを開く

広瀬:大村さんは、イングヴェイよりも先にジョージ・リンチを聴いていたんですか?

大村:はい。最初がDokken、次にMetallica、で、Impellitteri(「世界最速ギタリスト」と称されるクリス・インペリテリ率いるアメリカのメタルバンド)の『Crunch』(2000年)を聴いて1曲目でぶっ飛びました。「なんじゃこりゃ!」って(笑)。

大村孝佳

Impellitteri『Crunch』を聴く(Spotifyを開く

広瀬:Impellitteriの『Crunch』!(笑) クリス・インペリテリは、ギターの速弾きでいったらイングヴェイより上じゃないですか。もちろんイングヴェイとは違うんですけど、ジョージ・リンチやクリス・インペリテリのギターを聴いて、それでイングヴェイを聴いたときに、彼のどんなところがすごいと思ったんですか?

大村:僕はデビューまではFenderのストラトキャスターをずっと使っていたのですが、その音色を追求していたときに、イングヴェイは他のギタリストとまったく違うことを知ったんですよね(イングヴェイも同じくFenderストラトキャスターを愛用している)。「ギターでこんな表現もできるのか!」と。だから、イングヴェイのすごさは「速さ」だけではないんです。

それに、ギタリスト同士で集まるとやはりギターの話になり、イングヴェイの話題も必ずといっていいほど出てきます(笑)。彼が使っている楽器はどこのモデルで、どんな弦を張っているのかとか。

広瀬:僕らは最初にイングヴェイを聴いたから、まずその速さにびっくりしたんだけど、ポール・ギルバートやクリス・インペリテリのような、もっと速く弾けるギタリストが登場してもイングヴェイが若い世代に評価されているのは、速弾きだけじゃないよさがあるからですね。

大村:そう思います。

Page 1
次へ

書籍情報

『BURRN! JAPAN Vol.11』

価格:1,296円(税込)
発行:シンコーミュージック・エンタテイメント︎

プロフィール

広瀬和生(ひろせ かずお)

1960年、埼玉県生まれ。東京大学工学部卒。楽誌『BURRN!』編集長、落語評論家。大学卒業後、レコード会社勤務を経て、1987年に『BURRN!』編集部へ。1993年より同誌編集長を務める。本業とは別に落語評論家としても有名で、著書に『この落語家を聴け!』(集英社文庫)、『噺家のはなし』(小学館)、『談志は「これ」を聴け!』(光文社知恵の森文庫)、『「落語家」という生き方』(講談社)、『僕らの落語』(淡交社新書)、『噺は生きている』(毎日新聞出版)など。近年は落語会のプロデュースも。

大村孝佳(おおむら たかよし)

1983年、大阪府生まれ。3歳からピアノを習い始め、11歳の時に父親の影響によりアコースティックギターを弾きはじめる。14歳でエレクトリックギターを弾きはじめ、17歳で洋楽のハードロック/ヘヴィメタルに出会い、強い衝撃を受け傾倒してゆく。2004年、1stアルバム『Nowhere To Go』をリリースする。2005年、『POWER OF REALITY』をリリースし、若手ギタリストとして確固たる地位を築くこととなる。2011年、菊地成孔主催のDCPRGに参加。同年5月には、Marty Friedmanの1ヵ月に及ぶEUツアーに同行。同年12月25日、C4@新宿LOFTのライブにて、C4に正式加入を発表。現在は自身のソロ活動と並行して、C4、DC/PRGなど、多方面で精力的に活動中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。