ジャームッシュが新作ゾンビ映画で描くお気楽な人間の終末

ジャームッシュが新作ゾンビ映画で描くお気楽な人間の終末

テキスト
小野寺系
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

あのジム・ジャームッシュ監督がゾンビ映画を撮った……! そう聞くと、いったいどんなものなのか興味が湧いてしまうが、本作『デッド・ドント・ダイ』を実際に見てみると、それはいかにも「ジャームッシュが撮ったゾンビ映画」そのものといえる作品だった。

ジャームッシュは、アメリカのインディーズ映画ブームにおける伝説的な存在であり、それが日本の80、90年代のミニシアターブームとの重なりによって、日本でも多くのファンを生んだ映画監督だ。もちろんブーム後も継続して作品を撮り続けているが、その大きな特徴は当時から変わらず、「とらえどころのなさ」にあるといえる。

とぼけた雰囲気とユーモア、異様な展開と物語の解体、日本映画への偏愛などの要素によってかたちづくられる飄々とした作風は、描こうとするテーマを覆い隠し、鑑賞者の能動的な読み解きを促すように機能してきたところがある。『デッド・ドント・ダイ』は、まさにそんなジャームッシュの特性が色濃く反映されているといえよう。

『デッド・ドント・ダイ』予告編

ゾンビコメディ映画なのに、垣間見えるジャームッシュの悠長な「侘び寂び」。ジャームッシュ映画常連俳優がずらりと出演するのも楽しい

舞台は、アメリカのごく小さな、住人たちがみんな顔見知りの田舎町センターヴィルだ。そんな、重大事件などほとんど起きることがなさそうな静かな町で、ある日、電気機器が作動しなくなり、人間たちの飼っていた動物が姿を消すという怪現象が起こる。そして、ついに墓場の土の下から死者がよみがえり、這い出してくる……。

そんなおそろしい現象が引き起こしたのは、内臓を食いちぎられた変死体が複数発見されるという異常事態だ。捜査を始め、事態に備えるのは、警察署に勤める3人、ビル・マーレイ演じる署長のクリフと、アダム・ドライバー演じる巡査ロニー。そしてクロエ・セヴィニーが演じる巡査ミンディだ。

この姿には笑うしかない ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.
この姿には笑うしかない ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.

いずれもジャームッシュ映画に出演経験のある俳優だが、それだけでなく、森でひっそりと生活する男の役にトム・ウェイツが扮し、日本刀を振り回し華麗にゾンビを斬っていく謎の女の役をティルダ・スウィントンが務め、人種的な偏見を持っている保守的な白人主義者をスティーヴ・ブシェミ、ゾンビをイギー・ポップが演じているなど、監督とつながりのある豪華な面々が次々に登場するのが楽しい。

イギー・ポップ ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.
イギー・ポップ ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.

警察署長と巡査の二人は、やがて膨大な数になっていくゾンビたちとの壮絶な戦いに身を投じることになるが、それでも本作に流れるのは、やはりジャームッシュ式のとぼけた雰囲気である。ロニー(アダム・ドライバー)は、しきりに「悪い結末になりそうだ」と、自身が出演した『スター・ウォーズ』シリーズのセリフを連想させるような発言を繰り返し、さらにはクリフ(ビル・マーレイ)がパトカーの車内で、「聴いた覚えのある曲だ」とラジオ放送にコメントすると、ロニーが「(本作の)テーマ曲だから」と教えるなど、この作品が映画だということを、役自身が把握しているようなギャグを繰り出したりするのだ。

そのため観客は、本作がゾンビコメディ映画であることを早い段階で理解することになるが、では本作が『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)や『ゾンビランド』(2009年)のような、テンポの良い抱腹絶倒の内容になっているかというと、そういうわけではないところが、やはり「ジャームッシュ映画」である。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』予告編

『ゾンビランド』予告編

ティルダ・スウィントンによるアクションシーンも捨て難いが、全体を通して最もすごい箇所は、警察3人が、内蔵を食い破られた遺体を調べに、ダイナーの中へと入って様子を確認する場面だ。映画のシーンとしては、全員一緒に確認すればいっぺんに描写が済んでしまうところだが、ここでは別々に到着した3人が、ダイナーへの階段を上り、中の状況を見てショックを受けて戻ってくるという一連のくだりを、いちいち別々に見せつけてくるのだ。重大事件を扱っているはずなのに、ジャームッシュは、「侘び寂び」すら感じさせる悠長な間をここで作りあげている。

ティルダ・スウィントン ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.
ティルダ・スウィントン ©2019 Image Eleven Productions Inc. AllRights Reserved.
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『デッド・ドント・ダイ』
『デッド・ドント・ダイ』

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:
ビル・マーレイ
アダム・ドライバー
クロエ・セヴィニー
トム・ウェイツ
ティルダ・スウィントン
スティーヴ・ブシェミ
イギー・ポップ
製作国:スウェーデン・アメリカ

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。