M.I.A.、The xxが参加するドキュメンタリー映画祭『CPH:DOX』レポ

M.I.A.、The xxが参加するドキュメンタリー映画祭『CPH:DOX』レポ

©Karoline Hill

 

世界が注目するドキュメンタリー映画の祝祭。『CPH:DOX』の魅力とは?

『トーキョーノーザンライツフェスティバル』(以下、『TNLF』)がおすすめの作品を紹介する連載の第5回。今回は特別編として、デンマークの首都コペンハーゲンにて2003年より毎年開催されている『CPH:DOX』(コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭)の模様をレポートします。

『CPH:DOX』ではコンペティションを含む上映、展覧会、コンサートなどのプログラムが街の至るところで同時多発的に開催されます。その上映プログラムはほとんどがドキュメンタリー映画に関するもので、いまの社会に直結する題材を中心に、各年テーマを設けて特集が組まれています。加えて、世界中から映画関係者を中心としたクリエイターやオーガナイザーが参加し、映画の上映権を売り買いするマーケットや制作費を求める作り手が出資者に対してプレゼンテーションを行う機会などが設けられます。

『CPH:DOX 2018』上映作品のダイジェストムービー

『CPH:DOX』は市民と映画の出会いの場であると同時に、新作映画が他国に紹介されるきっかけになり、映画の種が世界に向けて撒かれる絶好の機会でもあるのです。初年度の来場者 14,000人に対して2018年はなんと110,000人超! 年々その規模を拡大し、世界屈指の国際ドキュメンタリー映画祭へと成長を遂げたことからも、その期待の高さが伺えます。

ギャラリーや図書館も会場に。コペンハーゲンの街が映画に染まる10日間

『CPH:DOX』の特徴はコペンハーゲンの都心部を中心に街全体を大胆に利用しているところ。自転車で足を運べる範囲で行われる規模感が街全体を楽しめる所以かとも思います。実際にフェスティバルのインフォメーションセンターにはレンタバイクが常設されていたり、ガイドにはおすすめのレストランやバー(スタイリッシュな店から味のある店まで)のリストが豊富に掲載されていたりと、街の魅力を隈なく伝えようという意気込みを感じました。

ほかには、いわゆる映画関係者ではない作家を招聘し、作品のキュレーションを委任する「CURATED BY~」のシリーズもフェスティバルの顔ともいえるプログラムです。今年度のキュレーターに選ばれたのはサウス・ロンドン出身のバンドThe xx。世界中の熱狂的な「デペッシュ・モード」ファンたちを追った『Our Hobby is Depeche Mode』や90年代の歌舞伎町で働く人々の世界を映した『Shinjuku Boys』など彼らのインスピレーションが垣間見られる作品が集められていました。

The xx ©Laura Coulson
The xx ©Laura Coulson

また、アートとの密接な関わりも随所に見受けられます。インフォメーションセンターが設けられているのは、Kunsthal Charlottenborgという現代美術館であり、その展示スペースでは上映作品と連動した企画展示も催されています。ドキュメンタリーと一口に言っても、その事象を忠実に記録し伝える「報道」の役割を担うもの、作者の主観的な視点をクローズアップし手を加えた「表現」として昇華されたもの、両者の境界は非常に曖昧なものです。この映画祭のプログラム「NEW:VISION AWARD」にはビデオアート作品と捉えられるものもラインナップに加え「報道」と「表現」の間にある映像作品も出展されています。

いかだでの船旅と暴力を描いた『The Raft』が『DOX : AWARDグランプリ』を受賞

それでは本年度のラインナップよりおすすめの作品をピックアップしてご紹介したいと思います。まずはメインコンペティションである「DOX : AWARD」にてグランプリを受賞した『The Raft』について。

『The Raft』
『The Raft』

世界中から集められた男女11人(男性5名と女性6名)がひとつのいかだに乗り、大西洋を跨ぐ船旅に出発するこの作品。『テラスハウス』や『あいのり』の共同生活から発展する恋愛ドキュメンタリーを連想するようなあらすじですが、それはあくまで形式的な話。この旅自体が一人のマッド・サイエンティストによる壮大な実験だったというのがこの映画の本筋です。

「暴力の歴史」がテーマの研究に没頭していた一人のメキシコ出身の人類学者が、1972年に自らが搭乗した飛行機のなかでハイジャックに遭遇しました。特に怪我を負うこともなく無事解放された彼でしたが、このときから「暴力が生まれる瞬間」を観察したいという欲望に取り憑かれ始めます。そしてスタートしたのがこのいかだの旅です。3か月間プライベートなしに全ての出来事を記述するというこの壮大な社会実験は、「THE SEX RAFT」などやや過激な表現で報じられました。この冒険を、当時のフッテージや40年ぶりに再会した乗組員のインタビューを交えて振り返ります。

会場では当時のいかだ型が忠実に再現されていました。そのなかで明かされる数々の事実を目の当たりにすると、彼らの人生がこの小さな世界のなかで大きく変動していったことが分かります。

『The Raft』の作中に登場するいかだが再現され、展示されていた
『The Raft』の作中に登場するいかだが再現され、展示されていた

アイスランドの偉大な音楽家、ヨハン・ヨハンソンを偲ぶ特別上映

2018年2月、突然の訃報が伝えられたヨハン・ヨハンソン(参考記事:ヨハン・ヨハンソンという巨大な才能。その素顔を知る2つの逸話)。彼と『CPH:DOX』の結び付きは深く、始まりは2005年。以前所属していたユニットApparat Organ Quartetとして映画祭のなかで出演したコンサートからでした。じつは今年のプログラムでも演奏会を予定していたそうです。アイスランドが生んだ偉大な作曲家を偲ぶ上映会『Dreams in Copenhagen』が、彼の愛した街コペンハーゲンで開催されました。

Jóhann Jóhannson in Memoriam:『Dreams in Copenhagen』
Jóhann Jóhannson in Memoriam:『Dreams in Copenhagen』

『Dreams in Copenhagen』と題されたこの作品は2009年度映画祭のオープニングを飾ったもので、ヨハン・ヨハンソンはその楽曲提供を行いました。2009年の上映イベント時には生演奏付きで上映が行われたそうです。

この作品は当時のコペンハーゲンの都市計画を題材に、この街に住む人々の姿を写した美しいポートレイトでした。上映前の舞台挨拶ではヨハンと長きに渡り、プログラムを企画してきた『CPH:DOX』スタッフが彼との思い出を語り、一分間の黙祷のあと映画が上映されましたが、あんなに厳かな雰囲気のなかでの上映は体験したことがありませんでした。会場となったGRANDという街の中心地にある映画館は、シアターの出口が歩道に繋がっており、そのまま街を歩くとまるでこの作品が現実に続いていくような感覚に囚われました。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

熊澤隆仁(くまざわ たかひと)

トーキョーノーザンライツフェスティバルのプログラム編成を担当。デンマークを中心とした北欧諸国を長期間旅し、ヨーロッパ各所映画祭で北欧映画シーンの盛り上がりを実地で体験してきました。

『CPH:DOX』

2018年3月15日(木)~3月25日(日)
ヨーロッパのドキュメンタリー祭のネットワーク「Doc Alliance」のうちの一つとして、2003年にコペンハーゲンでスタートした国際ドキュメンタリーの祭典。アーティストによるキュレーションなど、多彩なプログラム注目を浴び、年々その規模を成長させている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。