高木正勝と相良育弥の自宅訪問 いい仕事を生む暮らし方って?

高木正勝と相良育弥の自宅訪問 いい仕事を生む暮らし方って?

インタビュー・テキスト
野村由芽
撮影:森山将人

3年前、人口20人の村に引っ越した音楽家・高木正勝と、生まれ故郷の村に暮らす、茅葺き職人・相良育弥。前回の対談では、田舎で暮らすことを選んだ二人に、自然から受ける豊かなイメージやインスピレーション、ものの考え方について聞いた。キーワードになっていたのは、「新しさ」や「職人」という言葉。後編は、二人が暮らす家や、仕事場を訪れながら、身の回りの環境を自分でととのえていくヒントを探っていきたい。

職人の世界では必ず「段取り八分」と言いますが、実際はそれ以上。準備ができていれば、ほとんどうまくいく。(相良)

「職人」というと、高い技術でもって伝統や様式を守りながら仕事の量をこなし続ける、そんなイメージがある。だから「新しさ」とは対極の存在のように感じていた。しかし前回、高木は「新しさ」の代名詞であるようなポップミュージックを世に送る小沢健二を「職人」と語った。そして相良は、自身の仕事を通じて、「職人」の仕事には、極めて解像度の高い「新しさ」が含まれていると話した。

そう考えると、今の時代の空気を吸いながら、ものを作る「職人」には、時代を読み解くヒントがつまっているのかもしれない。そしてそれは、特定の職業の人に冠される名称ではなく、誰にでもあてはまる、「姿勢」の問題なのかもしれない。職人ってなんだろう? もう少し二人に聞いてみることにした。

高木:そうですねえ。逆に職人じゃないってどういうことなんだろう? って思うんです。お笑いの人が、「一般の人、素人さんにはわからない」と言うとき、少し違和感を覚える。言われている対象の人がお笑いを目指しているのであれば、その言い回しはありだと思いますが、そうじゃないことも多いですよね。それで言うと、職人は、ある業界の職業の名前でも肩書きでもなくて、生き様や性格みたいなものなんじゃないかなって。

相良:性分に近いものかな。

高木:村にスエさんっていう74歳ぐらいの大工さんがいて、うちの工事をお願いしていて。その人は、工事が上手いとかアイデアがすごいというのもあるんですけど、自宅でずっと仕事の「段取り」を考えているんです。

寝る直前まで考えて、それで眠れなくなって、朝早く起きて、クロスワードパズルをひたすら解いてから、朝9時にうちに来て仕事にとりかかる。もちろん、家に来てからが本番ですけど、頭のなかでずっと段取りを考えて、挙げ句の果てにクロスワードパズルまでしてしまう、その脳の働きや性分が職人だなあと思って。

相良:クロスワードパズルで調整しているんでしょうね。脳の回転が速すぎて、違う方向に逃がしたいんじゃないかな。

高木:いっくう(相良育弥)もそうだと思うのですが、スエさんは段取りしているから、仕事に迷いがないんですよね。定規も使わずに測って、ぱーっと線をひいてチャッと切ってしまう。ずっと、独り言をぶつぶつ言いながら(笑)。手数も少ないし、無駄がない。

相良:イメージが全てですからね。どういう動きをするかっていうのを前の日から決めていて、当日はそれをトレースするだけ。ハプニングが起きたらその度対応するけど、っていう性分ですかね。僕もスエさんもせっかちなだけかもしれないですけど(笑)。

高木:たとえばコンサートでも、練習でやっていることを出すだけでは、あんまり意味がないんです。コンサートのときに一番やりたいのは、普段ピアノに触れているときの「わーっ、今すごいことが起こってる」って瞬間を、決められた日に、みんなの前でできるかどうかで、それができるように前もって調整しています。それができたとき、あぁ、今日自分は職人だったなと。

仕事でも、1時間以内にデモをください、みたいなことがあるけど、そう言われても大丈夫なように、暇な時間は、整理をしていたりします。いい状態にすぐに入れるように、前もって工夫しておく。それは、スエさんのクロスワードパズルみたいな時間に近い。

―相良さんはいかがですか? ご自分を職人と思う部分について。

相良:やっぱり準備ですよね。職人の世界では必ず「段取り八分」と言いますが、実際はそれ以上だと思います。仕事の進捗とか納まりとか、理想にできるだけ寄せるために、思いつく限りの準備はしておきます。準備ができていれば、ほとんどうまくいく。あとは、さっき言った、ハプニングにどれだけ柔らかく対応できるかは、良い職人か、良くない職人かの差になります。

そのときに、取り繕うんじゃなくて、服が破れてパッチワークをしたら余計にかっこよくなったみたいなことができたら、良い職人だと思う。引き出しの多さという話にもつながりますね。

高木:今、家を温めているんですけど(このあと、取材陣がご自宅におじゃますることになっている)、「みんながたどり着く頃に温かくしとこう」という気持ちが、職人気質と近い気がしてきた。みんなもそうでしょうけれど、普段からいろんな角度で段取りを考えていますよね。

相良:うん、日々そこを鍛えているんですよね。僕は肩書きが茅葺き職人なので、どうしても「昔ながらの」とか「こだわりの」みたいな先入観で見られてしまうことが多いんです。でも職人というのは、みんなが「伝統」と呼んでいるような、昔ながらのこだわりの仕事を無口で手がける人を指すだけじゃなくて、「段取り」のように、イメージしたものを実行したり、具現化できたりする人のことを言うような気がします。職業としての職人かどうかというのはあるけれど、みんななにかの職人なのだと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

高木正勝『YMENE』
高木正勝
『YMENE』(CD)

2017年3月26日(日)発売
価格:3,024円(税込)
NOVUS-010

1. Dreaming
2. Tidal
3. Bokka
4. Homicevalo
5. Ana Tenga
6. Laji
7. Naraha
8. Philharmony
9. Grace
10. Mase Mase Koyote
11. Earth's Creation #1
12. Omo Haha
13. Ymene
14. Earth's Creation #2
15. Emineli

高木正勝『『山咲み』
高木正勝
『山咲み』(2CD+DVD)

2017年3月26日(日)発売
価格:4,860円(税込)
NOVUS-004~6

[CD1]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
[CD2]
1. うたがき
2. マクナレラ~ヤイサマ
3. 山咲き唄
4. かみしゃま
5. おやま
6. Girls
7. Rama
8. Wave of Light―音頭
9. Grace~あげは
10. 風花~カピウ・ウポポ
[DVD]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
16. うたがき
17. マクナレラ~ヤイサマ
18. 山咲き唄
19. かみしゃま
20. おやま
21. Girls
22. Rama
23. Wave of Light―音頭
24. Grace~あげは
25. 風花~カピウ・ウポポ

プロフィール

高木正勝(たかぎ まさかつ)

1979年生まれ、京都出身。2013年より兵庫県在住。山深い谷間にて。長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した「動く絵画」のような映像、両方を手掛ける作家。美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。『おおかみこどもの雨と雪』やスタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』の映画音楽をはじめ、コラボレーションも多数。

相良育弥(さがら いくや)

1980年生まれ。茅葺き職人。20歳くらいのころに、宮澤賢治に憧れて大地に生きる百姓を志すも、減反で米がつくれず「三姓」止まりに。そんな時に出会った茅葺きの親方に「茅葺き屋根は百姓の業でできている」との言葉で弟子入り。現在は、淡河かやぶき屋根保存会「くさかんむり」の代表を務め、ふるさとの神戸市北区淡河町を拠点に、茅葺屋根の葺き替えや、補修を生業とし、民家から文化財まで幅広く手がけ、積極的にワークショップも行なっている。

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。

Category カテゴリー

Backnumber 過去の記事