半田悠人の建築愛の根源を辿る。幼少期から続く「空間」への欲望

半田悠人の建築愛の根源を辿る。幼少期から続く「空間」への欲望

テキスト
半田悠人
編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

「建築」という言葉を聞いてどんなものなのか考えると、それが高尚で、専門的で、自分とは関わりの薄いものーーそう思ってしまう人も、少なくないかもしれない。しかし、建築家の半田悠人は、とても身近なものなのだと強調する。自分の部屋や近所を散歩するときに目に入る家や建造物、子どもの頃遊んだLEGOのおもちゃ。あまりに見慣れてしまっているけれど、どれも立派な「建築」だ。

半田が今もなお恋するように向き合う建築やデザインの魅力を紐解く短期コラム連載も、ついに最終回。これまでデザイン、そしてセンスについて語ってきたが、今回は彼自身の幼少期を振り返りながら、いかに建築が彼の生活に根付いてきたものかを綴ってもらった。

「建築が何たるか」は語ることは難しい。でも、建築は遠い存在じゃない

半田悠人(はんだ ゆうと)<br>幼少のころに見た大工さんに憧れ、挫折と紆余曲折を経た後、建築の道へ進む。総合芸術制作会社デリシャスカンパニー主宰。現在も建築家として数々のプロジェクトを手がける。
半田悠人(はんだ ゆうと)
幼少のころに見た大工さんに憧れ、挫折と紆余曲折を経た後、建築の道へ進む。総合芸術制作会社デリシャスカンパニー主宰。現在も建築家として数々のプロジェクトを手がける。

「建築」という言葉は奥が深い。建築物はすべて誰かしらがデザインしたものでありながら、優れたデザイナーの建築物だけが「建築」として語られる側面と、社会的に建造物を建てる営みを「建築」と呼ぶ側面があり、その両者が混同されながらもお互いに影響し合っている。

そしてその存在意義は、たとえば投資家の目線と、実際に使う人、事業を営む人、まちを行く人、傍観者や関係のない人、それぞれの立場で異なってくるだろう。オシャレだけど使いにくいものを選ぶ人は当然いるし、ダサいけど使いやすいものを選ぶ人もいて、そのどちらもアリ。もちろん、オシャレで使いやすいものもある。

料理に例えるならば、パスタは家庭でも作れるし、作り方を誰もが知れる。しかし、星を持つお店のパスタと私が家で作るものには、見た目も味も大きな差がある。違いは明確なのだが、はたから見ると同じパスタではある。そんなようなことが「建築」にも起きている。そして意匠建築とシェフが目指しているところは、より美味しく、美しく、人を感動させるような作品であることには間違いない。

建築は時代に呼応して変わっていくものだが、生き物にとっての巣のように、人間と建築の歴史をなぞっても人が空間を欲しなくなることは考えがたく、人間が存在する以上、存在しつづける建築という分野は、他の領域から一線を画して原始的で未来的なものと言える。雨風がしのげればよかった家から始まり、今ではコミュニティデザインで知られる山崎亮が例として挙げられるが、「作らなく」もなってきている。

今日書けるのは、そんな膨大な背景を持っていながらも、建築とは遠くにある不可侵なものではなく、私たちの身近な存在だということ。周囲を見渡せば、どんな場所にいようと、必ずすぐれた建築は近くにあるのだ。そのことを自分自身の幼少期の体験を紐解きながら、私にとっての建築の存在意義を伝えていければと思う。

Page 1
次へ

プロフィール

半田悠人(はんだ ゆうと)

幼少のころに見た大工さんに憧れ、挫折と紆余曲折を経た後、建築の道へ進む。総合芸術制作会社デリシャスカンパニー主宰。現在も建築家として数々のプロジェクトを手がける。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。