コムアイと北欧神話の専門家が語る。人々はなぜ自然を信仰する?

コムアイと北欧神話の専門家が語る。人々はなぜ自然を信仰する?

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:飯嶋藍子

天と地とを貫く大きな木・宇宙樹ユグドラシルが世界の中心にあり、神々と巨人たちの戦いが繰り広げられるというユニークな物語を持つ「北欧神話」。興味深いのは、そんな北欧神話の世界観が、八百万神を崇める日本の伝承や風習、神話のそれとも通じる部分があることだ。北欧の人々や私たち日本人のライフスタイルの多くは、木々や草花に神性を見出し、自然物を心の拠り所とする神話や言い伝えなどを通じて育まれてきたと言っても過言ではないだろう。

そこで今回、国内外の木の文化や聖樹、自然にまつわる思想などを研究している文筆家・杉原梨江子と、ここ最近は屋久島や沖縄でのフィールドワークを自身の作品世界にフィードバックさせているコムアイ(水曜日のカンパネラ)による対談を実施。人々はなぜ、樹木をはじめとする自然物に対して畏怖の念を持つのか、都市部に住む人々が自然をより身近に感じるためにはどうすればいいのか、語り合ってもらった。

※この取材は、換気・手指の消毒等新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策を十分に行った上で実施しました。

北欧神話は「樹木崇拝」の頂点をなす神話と言われています。(杉原)

―映画やゲーム、漫画など様々なコンテンツに影響を与えた北欧神話は、樹木崇拝ととても深い関係があるそうですね。

杉原:はい。北欧神話はスカンジナビア半島、すなわちスウェーデン、ノルウェー、デンマークに口承で伝わってきた神話ですが、その世界の中心には「宇宙樹ユグドラシル」という巨大な木が存在しています。ユグドラシルがなんの木であるかは諸説ありますが、現在はトネリコとイチイが有力とされているんですよ。

杉原梨江子(すぎはら りえこ)<br>文筆家。広島生まれ。日本の木の文化、世界の聖樹、花、薬草にまつわる伝承や神話、思想を研究。ライフワークとして、原爆、戦争、震災を生きのびた木々を訪ねて撮影し、当時の記憶がある人々から話を聴き取り、後世に伝える執筆、講演活動を続けている。日本文藝家協会会員。著書に『いちばんわかりやすい 北欧神話』『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』(共に実業之日本社)、『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)、『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』(説話社)等多数。
杉原梨江子(すぎはら りえこ)
文筆家。広島生まれ。日本の木の文化、世界の聖樹、花、薬草にまつわる伝承や神話、思想を研究。ライフワークとして、原爆、戦争、震災を生きのびた木々を訪ねて撮影し、当時の記憶がある人々から話を聴き取り、後世に伝える執筆、講演活動を続けている。日本文藝家協会会員。著書に『いちばんわかりやすい北欧神話』『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』(共に実業之日本社)、『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)、『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』(説話社)等多数。

―なぜトネリコとイチイが有力とされているのですか?

杉原:トネリコは天に向かって真っ直ぐ伸びる高木で、昔は治療薬として使われました。北欧神話では「人間はトネリコから生まれた」と語られ、人々から崇拝されてきた歴史があるからです。日本でも御神木として多いイチイは樹齢1500年くらいになる長寿の木。こちらも薬木として信頼され、かわいらしい赤い実がなるんですよ。

コムアイ:北欧神話の世界では、天は巨人ユミルの頭蓋骨でできているんですよね。神話ではよく神様の体の一部から国が生まれたりするけど、それにしても頭蓋骨って(笑)。

コムアイ<br>歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応してライブパフォーマンスを創り上げる。好きな音楽は世界の古典音楽とテクノとドローン。好きな食べ物は南インド料理とグミとガム。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見に行くこと。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活動している。
コムアイ
歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応してライブパフォーマンスを創り上げる。好きな音楽は世界の古典音楽とテクノとドローン。好きな食べ物は南インド料理とグミとガム。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見に行くこと。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活動している。

杉原:北欧は厳しい自然環境の中で、捕獲した獲物は余すところなく食べるというか。解体して全て利用するという生活の知恵が神話の世界観にも反映されているんでしょうね。ちなみに巨人ユミルの骨は山や岩に、血は海、肉は大地、脳味噌は雲で、歯と顎は石、そして睫毛は防壁として利用されています。

コムアイ:え、人間が生まれる前から世界に防壁が作られていたんですか?

杉原:そう。防壁は神様が巨人から人間を守るために作るのですが、これは北欧神話がベースになっている『進撃の巨人』にも出てくる設定ですよね。

コムアイ:そうなんだ!

イラスト / 三村晴子『いちばんわかりやすい 北欧神話』(実業之日本社)より
イラスト / 三村晴子『いちばんわかりやすい 北欧神話』(実業之日本社)より

杉原:神様が中心にいて、人間の運命に影響を与えたり、巨人と戦ったり恋に落ちたり。様々な事件が巻き起こる、その世界の中心にはユグドラシルがそびえ立っているため、北欧神話は「樹木崇拝」の頂点をなす神話と言われています。いろいろ調べていくと、巨大な1本の木が天と地を繋ぎ、世界を支えているという「中心軸の思想」は世界中にあるんですよ。

人間が自然の中に存在していられたのは、言葉や名前が存在していなかった時代だと思う。(コムアイ)

―北欧神話以外にも見られる思想なんですね。

杉原:はい。たとえば日本の『古事記』の国造り神話では、天の御柱の周りをイザナギとイザナミが巡る場面がありますが、これもある意味「中心軸の思想」が根底にあると言えます。エジプトではイチジクの木が聖樹とされているし、イギリスではオークの木が崇拝の対象になっている。人間を支える大樹の話は世界中にあるんですよ。

左から:コムアイ、杉原梨江子

―旧約聖書の『創世記』にも、アダムとイブに知恵を与える聖樹としてリンゴの木が出てきますよね。

杉原:リンゴは北欧神話にも登場する重要な木です。女神イズンが「若返りのリンゴ」をいつも持ち歩いていて、最高神オーディンや雷神トールたちはこれを食べているから歳を取らない。ところがある時、そのリンゴを女神もろとも巨人に盗まれてしまうんですよ。

途端にオーディンたちは腰が曲がってヨボヨボの老人になってしまい、慌てて取り返しにいくというエピソードがあります。ちなみにユグドラシルも実がなって、食べられるんですよ。そういえば、コムアイさんは制作のために屋久島へ行かれたそうですね。森の中で精霊を感じました?

コムアイ:うーん、あまり感じなかったかもしれないです(笑)。屋久島に精霊をイメージしていたのは行く前の自分で、実際に行ってみると人が普通に暮らす場所だったことが、私にとっては逆に衝撃でした。人間が自然の中に存在していられたのは、言葉や名前が存在していなかった時代だと思うし、その時って自然信仰という概念すらなかったと思うんです。

私は、言葉は境界線を作るものだと思っていて。何かに名前をつけるという行為は、人間とそれ以外を区別するような、悲しい気持ちを起こさせることだなと。今を生きる私たちは、自然の外側にいることを否が応でも強く感じるし、どうにかして自然からエネルギーをもらいたいと思って信仰の対象にしている。そこに人間の悲しさも感じるんです。

Page 1
次へ

書籍情報

『いちばんわかりやすい 北欧神話』
『いちばんわかりやすい 北欧神話』

2013年1月19日(土)発売
著者:杉原梨江子
価格:838円(税込)
発行:実業之日本社

プロフィール

コムアイ

歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応してライブパフォーマンスを創り上げる。好きな音楽は世界の古典音楽とテクノとドローン。好きな食べ物は南インド料理とグミとガム。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見に行くこと。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活動している。

杉原梨江子(すぎはら りえこ)

文筆家。広島生まれ。日本の木の文化、世界の聖樹、花、薬草にまつわる伝承や神話、思想を研究。ライフワークとして、原爆、戦争、震災を生きのびた木々を訪ねて撮影し、当時の記憶がある人々から話を聴き取り、後世に伝える執筆、講演活動を続けている。日本文藝家協会会員。著書に『いちばんわかりやすい 北欧神話』『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』(共に実業之日本社)、『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)、『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』(説話社)等多数。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。