生理を憎まず生きるために 戸田真琴が綴る優しい想像力の大切さ

生理を憎まず生きるために 戸田真琴が綴る優しい想像力の大切さ

テキスト
戸田真琴
撮影、編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

日本人の女性の平均寿命は約87歳(2017年、厚生労働省の調査による)だと考えると、生理は人生の半分以上において付き合っていくもの。その名の通りの「生理現象」として、抗うことは難しく、「当たり前」のものだと考えている人も少なくないはずだ。

それなのに、私たちがいまだに生理に対してネガティブな感情を隠せないのはなぜだろう? それは、生理が行動を制限する足枷になり得たり、生理の存在によって心の傷を負ってきた、苦い思いを抱えた人が存在するからかもしれない。

現役のAV女優である戸田真琴と「性」について考えるコラム連載第2回目のテーマは、「生理」。SNSを中心に、生理についてもさまざまな議論が交わされている「性の過渡期」日本で、彼女が考える生理との向き合い方とは? 女性の身体を持つ人だけではなく、男性へ向けても綴られた、彼女からの手紙をお届け。(Fika編集部)

女性の身体を持って生まれた人が、長い間人生を共にする「生理」というもの

みなさんこんにちは。戸田真琴です。吹き荒れる嵐の音を聞きながら、自分の部屋でこれを書いています。こんなふうに天気が荒れ、その影響からくる身体の気怠さに耐えていると、いつも思い出すことがあります。それは風邪をひいたときや、寝不足のとき、うまくいかないことがあって落ち込んでいるときにも連想される、私にとっては「不調のマイスター」のような存在です。

それは、「生理」。女性の身体を持って生まれた人にとっては、人生の半分以上もの間、付き合うことになる身体的現象です。

戸田真琴(とだ まこと)<br>2016年にSODクリエイトからAV女優デビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。
戸田真琴(とだ まこと)
2016年にSODクリエイトからAV女優デビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

近頃は、ユニ・チャームの生理用品ブランド「ソフィ」がハヤカワ五味さんらをメンバーとして、生理時の選択肢の多様化を目指すプロジェクト『#NoBagForMe』を立ち上げて話題になったり、小山健さんによる漫画『生理ちゃん』が人気を博し、実写映画化が予定されていたりと、なにかと話題の存在でもあります。

生理についてポジティブにしていこうという働きが加速し、より自由になっていく世界を夢見る一方、それでもまだまだ誤解されることが多いのも事実です。特に当事者ではない男性からの誤解は多く、「生理の血は一度に全部出てすぐに終わる」「努力次第で生理を止められる」といったものから、「処女には生理が来ない」「エロい気分になると生理になる」といった「エロ」に関連付けられた内容もあります。

こういった誤解は、女性が聞くと驚いてしまうことも多いですし、実際に生理に関する誤解で炎上騒ぎになったりすると、「そんなことも知らないなんて……」と落胆してしまったり、馬鹿にしてしまう女性がいるのも無理もありません。

しかし、前回お話ししたように、現状私たちが受けてきた性教育の上では、「知らない」ということは仕方のないことでもあります。私が生理について学校で教わったときは、男子と女子が別々の教室に集められて保健の授業が行われました。今までずっと一緒くたに扱われ、なんの違いもないと思っていた男の子たちと、決定的になにかが違うのだと思い知らされるような不安感。よく思い返すと、私は「あの日」に男の子たちがどんな授業を受けていたのか、実のところ今も知らないのです。

戸田真琴

たとえば語学を勉強するときもそうですが、「知らない」「間違っているかもしれない」ということを周りの人間が嘲笑ってくるとするならば、笑われた人の語学の上達は険しい道になるでしょう。それと同じで、相互に理解をしていこうと努めるとき、お互いの「知らない」に過剰に驚いたり、ましてや馬鹿にしたりといった態度をとることはあまりいいことではありません。

私は「あの日」の例の授業で、「これを持って帰って、生理の授業があったということをお母さんに伝えてくださいね」と先生から配られたサンプルのナプキンを、結局お母さんに見せることができませんでした。勉強机の鍵付きの引き出しにしまわれたそれは、その机がとっくになくなった今でも頭の中のどこかにあって、「恥ずかしい」という感情をそっと隠し持っているのです。

Page 1
次へ

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。