「エコは愛」。建築家・加藤比呂史に聞く北欧のまちづくりの本質

「エコは愛」。建築家・加藤比呂史に聞く北欧のまちづくりの本質

テキスト
村上広大
編集・撮影:高橋直貴

持続可能な都市の構築を目的としたスマートシティ化が、世界的なムーブメントになっている。そのパイオニアとも言われているのが、北欧諸国デンマークの首都コペンハーゲンだ。古くからの街並みが数多く残るこの地では、2025年までに二酸化炭素の排出量を減らし「カーボン・ニュートラルを達成する世界で最初の首都になる」という目標を掲げ、美しい景観はそのままに、街のエコ化、サスティナブル化を推し進めている。コペンハーゲンでどのような都市づくりが行われているのだろうか? 建築家・藤本壮介氏のもとで設計を学び、コペンハーゲンに活動拠点を移した建築家、加藤比呂史さんに話を聞いた。

北欧に来てから、労働時間の対価としてではなく、思考の対価として給料をもらっているんだなと考え方が変わっていった。

—加藤さんはデンマークを拠点に活動されていますね。なぜコペンハーゲンで建築の仕事をしようと考えたのでしょうか?

加藤:日本と180度違う場所に行って自分を試してみたかったんですよね。なんか面白いじゃないですか、自分と同じ人間がまったく違う環境で生きているのって。だから、本音をいえば日本じゃなければどこでもよくて、当初はアメリカのカリフォルニアかスイスのバーゼルに行こうと思っていたんです。でも、たまたまデンマーク人の知人と縁があって、移り住んでしまったんです(笑)。

ぼく、曲がってる道が好きなんですよ。その先に何があるのか予測がつかないから。もしかしたら、そこには知らない誰かの日常や、自分のまったく知らない世界が広がっているかもしれませんよね。それはぼくにとっての非日常ですし、それらとの出会いによって人生が変わるかもしれない。そういう未知との出会いを求めて、予定調和を避けながら進んできたところはありますね。

コペンハーゲンを拠点に活動する建築家、加藤比呂史氏
コペンハーゲンを拠点に活動する建築家、加藤比呂史氏

—コペンハーゲンでは「COBE」(アディダス本社など商業建築のほか、多くのパブリックスペースを手がける北欧の気鋭の建築事務所)に在籍されていたそうですが、そこでの活動を通じて変化したことってありますか?

加藤:まず仕事に対する考え方がガラリと変わりました。日本にいるときは、とにかくがむしゃらに働いて、それが楽しかった。世のなかで話題になるプロジェクトにも数多く関わることができたし、プライベートな時間もいらないくらい仕事に熱中してました。でも、デンマークに来たらいきなり17時に仕事を終えるような生活になったんです。というのも、みんなその時間になると帰ってしまうから。

—日本だと建築家は激務のイメージがあります。

加藤:デンマークの人たちは、「長時間働けば、それだけ体も疲れるし、ストレスも溜まる。そんな状態では良い仕事はできない」っていう発想なんですね。ぼくは日本で働いていた感覚が残っていたので最初は20時くらいまで働いていたんです。ただ、そうすると次の日は通常よりも早く仕事を切り上げて帰らなくてはいけないルールだったので、結局仕事に費やせる時間の総量は変わらないんですよね。なので徐々にデンマーク流の働き方にシフトしていきました。

すると、横になっているときとか、シャワーを浴びているときとか、仕事をしていない時間に良いアイデアが浮かぶようになってきたんです。そこではじめて、コンディションを良い状態を保つ重要さに気づきました。労働時間の対価としてではなく、思考の対価として給料をもらっているんだなと考え方が変わっていきましたね。

時速5kmで歩いて街を回るのと、自動車に乗って時速60kmで回るのでは見えてくる街の景色は大きく変わります。

—現在、加藤さんはコペンハーゲンを拠点に個人で活動されていますが、この都市の魅力はどんなところですか?

加藤:街のサイズが丁度いいですよね。すべてがコンパクトなんですよ。友達とご飯を食べようと思ったら、街のどこにいても30分くらいで会える距離感。しかも自転車で移動できる距離だから、終電の時間を気にする必要もない。日本で考えると福岡市に近いかもしれないですね。

—コペンハーゲンは世界でも有数のサイクリング都市で、市内には自転車専用レーンがあると聞きました。

加藤:最初は驚きましたね。朝の通勤時間とかは自転車だらけで特にすごい。みんな、雨が降っていても乗ってますし。なので、自分の自転車が盗まれたりすると、自分だけ街のスピードについていけない感覚を覚えます。小学生の頃に、まだ自転車を持っていない子が自転車に乗った友達を走って追いかけることってあるじゃないですか、あの感覚に近いです。ぼくは自転車も好きですが、いまはスケートボードの移動にはまっています。自転車と同じぐらいのスピードで移動できるし、そのままバスや飛行機にも乗ることもできる。長くなるので、この話題は別の機会にしましょう。

東京でもスケボーで移動することが多いと話す加藤さん。移動手段を変えることによって街の違った側面が見えてくるという
東京でもスケボーで移動することが多いと話す加藤さん。移動手段を変えることによって街の違った側面が見えてくるという

—どうしてそこまで自転車の普及が進んでいるのでしょうか?

加藤:それはヤン・ゲールという建築家の功績が大きいんですよ。彼が「脱・自動車」を掲げ、歩行者を中心とした都市計画を打ち出したことですべてが変わりました。コペンハーゲンは「時速5kmシティ」って呼ばれているんですよ。時速5kmで歩いて街を回るのと、自動車に乗って時速60kmで回るのでは見えてくる街の景色は大きく変わります。当然、時速5kmの方がいろいろなものが見えてくる。だから、街の風景もきめ細かに作らなきゃいけないという思想が市民の間にも根づいているんだと思います。

—では、自動車に乗っている人は多くないのでしょうか?

加藤:もちろんいることはいますが、自動車を使っても一方通行ばかりで目的地になかなかたどり着けないですし、自転車のほうがやはり移動しやすいのではないでしょうか。それにコペンハーゲンの街中では、極力自動車を排除しようとしている動きがあります。自転車100台と自動車100台だと占有する面積が大きく変わりますよね。街をあげて自転車利用を促進し、空いたスペースを公共利用したりしていますね。

ぼくが在籍していたCOBEが関っていた「Nørreport Station」のリニューアルも、まさにその発想が根本にあって。駅自体は地下にあって、地上部分は大規模な駐輪場として活用されているんです。こういう場があることで、コペンハーゲンに住む市民のアクティビティが活発化して、結果として周辺地域にプラスの影響を与えることができるんです。

Nørreport Station。最大で2,500台の自転車を停めることができる
Nørreport Station。最大で2,500台の自転車を停めることができる

—そういった都市づくりに対する意識の差が、日本とデンマークではまったく異なるように感じます。

加藤:例えば、自由競争のある国では地価の高い場所は公共スペースになる確率ってかなり低いですよね。おそらく日本だとオフィスビルが立ち並んで、コンビニがそこかしこに乱立する状態になると思います。でも、デンマークのように高い税金が設定されている国ではそうはいかない。対価としてそういう場所も市民に開放されるんですよ。だから「Nørreport Station」のような場所も、ある一定の統率が取れた状態で形成されていくんです。

Page 1
次へ

プロフィール

加藤比呂史(かとう・ひろし)

1981年東京都生まれ。武蔵工業大学工学部建築学科(現・東京都市大学)卒業後に藤本壮介建築設計事務所に勤務。2010年にデンマーク・コペンハーゲンに渡り、ヨーロッパを中心にCOBE、KATOxVictoria、Rambøll、Tredje Naturなどで建築設計や公共空間のコンセプトディベロップメントに従事。現在はBeans.ltdにパートナーアーキテクトとして参加しながら、フリーランスアーキテクトとして活動を行なっている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。