ロイ・アンダーソン監督の人間論 人は独りだが、ひとりきりではない

ロイ・アンダーソン監督の人間論 人は独りだが、ひとりきりではない

インタビュー・テキスト
相田冬二
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

人間を部分ではなく、全体で捉えるために必要な、ロイ・アンダーソンの距離感

スウェーデンを代表する監督のひとり、ロイ・アンダーソンの『ホモ・サピエンスの涙』は、映画の原初の力を体感させる。

わずか33の場面で全編は構成される。そこには、明確なストーリーはない。だが、そんなことすら忘れて画面に観入ってしまう。そうして、観客は人間たちの息吹きを味わい尽くすことになる。

ロイ・アンダーソン<br>1943年、スウェーデン・ヨーテボリ生まれ。スウェーデン・フィルム・インスティチュートで文学と映画の学位を取得。少年少女の恋のめざめを瑞々しく描いた初の長編映画『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(1970年)が、ベルリン国際映画祭で4つの賞に輝き、世界的な成功をおさめた。長編6作目となる最新作『ホモ・サピエンスの涙』(2019年)は、『ヴェネチア国際映画祭』にてプレミア上映され、見事、銀獅子賞(最優秀監督賞)に輝いた。
ロイ・アンダーソン
1943年、スウェーデン・ヨーテボリ生まれ。スウェーデン・フィルム・インスティチュートで文学と映画の学位を取得。少年少女の恋のめざめを瑞々しく描いた初の長編映画『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(1970年)が、ベルリン国際映画祭で4つの賞に輝き、世界的な成功をおさめた。長編6作目となる最新作『ホモ・サピエンスの涙』(2019年)は、『ヴェネチア国際映画祭』にてプレミア上映され、見事、銀獅子賞(最優秀監督賞)に輝いた。

ワンシーンワンカットで展開される映画には、絵画のような美しさがあり、被写体とカメラが織りなす尊い「距離感」がある。常に一定のディスタンスを保ちながら見つめているからこそ生まれる愛おしさ、慈しみ。近すぎない、遠すぎない「アンダーソン・ディスタンス」について、まず訊いた。

ロイ:絵画の素晴らしさから大きな影響を受けていて、ヨーロッパの美術史に接していると、クローズアップの絵はほとんどないことに気づきます。ほとんどの絵は、遠くから対象を見ています。そのことによって、人間が明らかになる。人間の部分や細部ではなく、人間そのもの、生き方そのものが現れてくる。私はそれを映画にしたいのです。

最近の映画に対して、不満を抱いていて、それはクローズアップが多すぎることです。いま、映画から「人間らしさ」が失われているのではないかという危機感があります。そのすべてがクローズアップのせいではありませんが、多用しすぎですね。

あらすじ:この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャーなど、時代も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇。全33シーンがワンシーンワンカットで撮影されている。<br>『ホモ・サピエンスの涙』ポスター ©Studio 24
あらすじ:この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャーなど、時代も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇。全33シーンがワンシーンワンカットで撮影されている。
『ホモ・サピエンスの涙』ポスター ©Studio 24(サイトを見る

確かに、クローズアップは単純なエモーションを獲得しやすい。人間の感情を瞬間的につかまえることはできるだろう。しかし、アンダーソンが捉えようとするのは、感情という部分的なものではない。人間の全体である。

ロイ:ルイス・ブニュエル監督の名作『アンダルシアの犬』(1928年)には、眼球を切り裂く場面があります。映画がすべてをクローズアップになってしまったら、あんなふうになにも見えなくなってしまうでしょう。対象を遠くから見つめることで、さまざまな要素と要素のつながりを示すことができます。

映画史に残る名シーン(まさにクローズアップ!)を引用しながら、茶目っけたっぷりのジョークで、映画を観ることの本質を衝く監督。

『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24
『ホモ・サピエンスの涙』場面写真 ©Studio 24

きっと彼は、人間の感性を復活させようとしているのだ。人間が人間を見つめ、感じる力。もともと人間に備わっている能力に向けたルネッサンスが、ロイ・アンダーソンの映画なのだと思う。

ロイ:そうであることを願っています。芸術は人間のためのもの。あらゆる芸術はすべて、人間のために存在しています。だから、芸術とはヒューマニズムなのです。だからこそ、このことを死ぬまで続けたいと思っています。

Page 1
次へ

公開情報

『ホモ・サピエンスの涙』
『ホモ・サピエンスの涙』

2020年11月20日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開

監督・脚本:ロイ・アンダーソン
出演:
マッティン・サーネル
タティアーナ・デローナイ
アンデシュ・ヘルストルム
上映時間:76分
配給:ビターズ・エンド

プロフィール

ロイ・アンダーソン

1943年、スウェーデン・ヨーテボリ生まれ。スウェーデン・フィルム・インスティチュートで文学と映画の学位を取得。少年少女の恋のめざめを瑞々しく描いた初の長編映画『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(70)が、ベルリン国際映画祭で4つの賞に輝き、世界的な成功をおさめた。続く長編2作目の「ギリアップ」(75)も、カンヌ国際映画祭監督週間に出品。映画界で躍進する一方、75年にはCMディレクターとしてのキャリアをスタート。世界最大級の広告賞カンヌライオンズでゴールドライオンを8度獲得、CM界にもその名を轟かせる。81年、自由に映画をプロデュース・制作するため、自身のプロダクション“Studio 24”をストックホルムに設立し、独自のユニークな映画制作スタイルを発展させる。その後、長編3作目『散歩する惑星』(00)が、カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝き、大きな注目を集める。続く長編4作目『愛おしき隣人』(07)も同映画祭ある視点部門に出品、スウェーデン・アカデミー賞で作品賞含む主要賞を獲得するなど、名実ともにスウェーデンを代表する巨匠として不動の地位を確立。この2作で、固定ショット、綿密に構想された絵画的なシーン、不条理コメディ、そして本質的なヒューマニティを特徴とするスタイルが確立された。09年には、ニューヨーク近代美術館(MoMA)でレトロスペクティブが開催され、映画だけではなくCMの上映も行われた。長編5作目『さよなら、人類』(14)は、数々の話題作を抑えヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(グランプリ)を受賞。『散歩する惑星』『愛おしき隣人』から続いた“リビング・トリロジー”(人間についての3部作)が、同作の発表により15年かけて完結した。長編6作目となる最新作『ホモ・サピエンスの涙』(19)は、ヴェネチア国際映画祭にてプレミア上映され、見事、銀獅子賞(最優秀監督賞)に輝いた。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。