読書好きが多いフィンランド 市民にとって公共図書館はどんな存在?

読書好きが多いフィンランド 市民にとって公共図書館はどんな存在?

テキスト
吉田みのり
リードテキスト・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

教育に大きな価値を置き、国をあげて生涯学習にも力をいれるフィンランド。公共図書館はすべての国民に無料で開かれ、世界トップクラスの利用率を誇ることでも知られる。2018年に開館したヘルシンキ中央図書館「Oodi」は、国際図書館連盟による『Public Library of the Year 2019』に選出され、建物のデザイン性の高さや豊富なサービス内容によって「世界一の公共図書館」として話題を集めた。

フィンランドに暮らす人々にとって、図書館とはどのような存在なのだろうか? また国は図書館の重要性をどのように位置づけているのか? ヘルシンキに暮らす吉田みのり氏に、パンデミック下の取り組みも交えながら綴ってもらった。

(メイン画像:ヘルシンキ中央図書館 Photo: Kuvio)

フィンランド人は世界トップクラスの読書好き。その理由は?

森と湖が豊かな国、フィンランド。「世界幸福度ランキング」で4年連続で首位を取った国は、世界で有数の「読書好きが多い国」としても知られています。

フィンランドの人口は約550万人で、北海道とほぼ同じ。そんな小さな国で、年間に2000万冊の本が購入されています。単純に平均すると、子どもも含めて一人4冊ちかく購入している計算になります。またフィンランド人は図書館を積極的に利用する国民で、国民が1年間に6800万冊の本を借りるといわれています。つまり一人あたりの年間貸し出し冊数は12冊以上ということになり(※1)、世界的にもトップレベルです。

なぜフィンランド人には読書好きが多いのでしょうか。その背景には、長く寒い冬が続くため、家のなかでゆっくり過ごす時間が長いことや、静寂を愛する国民性から、夏はあえて電気や水道がないサマーコテージで数日または数週間を過ごし、その際に読書が欠かせない存在であることなどが挙げられます。また、読書には幸福を促進する力があると信じられていること、そして「文化へのアクセスはすべての人にとっての権利」という信念がフィンランド人の考え方の基礎にあることも、国民が読書に向き合うきっかけとなっていると専門家は話します(※2)。

市民の声に耳を傾け、市民が求める公共の場であろうとする

そんな読書好きの国民に本を読む場を提供するのが図書館。フィンランドではすべての図書館が公立で、大学図書館も一般に公開されており、2019年時点で853の公立図書館が点在しています。筆者のフィンランド人の夫は人口500人程度の小さな村出身なのですが、そんな小さな村では、週に一度、バスにたくさんの本が積まれた「移動図書館」が、小学校や中学校を巡っていたそうです。子どもも大人も、移動図書館が来ているあいだに好きな本を選び、前回借りていた本を返し、次の訪問を待ちわびたとか。

このように、公共図書館はフィンランドの人々の生活の中心的役割を担い、教育機関の一つとして大切に扱われてきました。筆者の夫の姉で、図書館司書として公共図書館で働くヤニーナ・スヴァルト氏にフィンランドにおける図書館の持つ社会的意義について尋ねると、このような答えが返ってきました。

「フィンランドにおける公共図書館は、人々が平等に書籍や情報にアクセスできる場所だということと同時に、伝統的に人々が集う社会的な場所として存在してきました。そしてまた、フィンランドの公共図書館は社会の変化に対してサービスやあり方を変化することに極めてオープンなことも特色だと思います。刻々と変化する社会にあわせて、情報へのアクセスに対しての人々のニーズも変化します。そんな時、図書館は市民の声に耳を傾け、市民が求めるような公共の場であろうと努めます」

公共図書館で司書として働くヤニーナ・スヴァルト氏
公共図書館で司書として働くヤニーナ・スヴァルト氏
Page 1
次へ

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。