ムーミンは妖精なのか? 畑中章宏と探る、北欧の妖精と日本の妖怪

ムーミンは妖精なのか? 畑中章宏と探る、北欧の妖精と日本の妖怪

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:中村ナリコ 編集:川浦慧

畑中章宏

現代の映画や日本のゲームのようなファンタジーに一番大きな影響を与えているのは、アイルランドのケルトの妖精たちなんです。

―そういう前提を踏まえた上で、畑中さんに北欧の妖精と日本の妖怪を紹介していただき、通じる部分などをうかがいたいと思います。まず北欧の代表的な妖精と言えば、どんなものがありますでしょうか。

畑中:まず一番代表的なものはエルフとトロールですね。エルフは英語で、北欧では国ごとに少しずつ違うんですが、だいたいアールヴという呼ばれ方をする。

―エルフとトロールは日本でも馴染みのある人が多いと思います。

畑中:現代の映画や日本のゲームのようなファンタジーに一番大きな影響を与えているのは、アイルランドのケルトの妖精たちなんですね。イギリスの作家たちがそれを現代の物語にしています。

代表的なものが、トールキンの『指輪物語』、映画でいう『ロード・オブ・ザ・リング』です。そこにエルフやトロールが登場する。ただ、北欧には『エッダ』と『サガ』の2つに代表される神話というものがあって、そこにもアールヴは出てくるんですね。で、北欧の神話と日本の神話というものはちょっと違うんです。

―どう違うんでしょうか。

畑中:日本では、『古事記』や『日本書紀』のように、当時の天皇の先祖がどんな神様であったかという視点から神話が書かれています。そこに登場する神は、多くが天皇や皇室と結びついた存在ですが、そういった神様と、河童とか天狗のような妖怪は結びついていないんです。

その一方で『エッダ』は、民間に伝わってきた神様の話をまとめたものなんです。つまり、日本の神話は国家権力が自分たちの国の歴史を考える中で生まれた物語で、北欧の神話は民間の中にずっと伝わってきたものが、ある時点で物語化したものであるという大きな違いがあるんですね。

畑中章宏

―北欧神話のアールヴはどんな特徴を持っているんでしょうか。

畑中:アールヴについては「白いアールヴ(明るいアールヴ)」と「黒いアールヴ(暗いアールヴ)」という2つがいます。白いアールヴは丘の上に住んでいて、音楽が好きで、人間が一目惚れするような非常に美しい容姿を持っている。一方、黒いアールヴは地底に住んでいて、どちらかというと醜いものとして描かれている。そこから我々の世界に影響を及ぼしている。

で、これも北欧と日本の違いなんですが、北欧では妖精は妖精の世界を持っている。家族がいて、彼らの社会や国がある。だけど、それは日本ではあまり想定されていない。天狗の家族とか、河童の社会とか、そういうものはあまり描かれていない。おそらく神話が起源だというのが大きいんだと思います。

―トロールについてはどうでしょう?

畑中:トロールについては、現在でも国ごとにちょっと性格が異なるんですが、もともとは醜くて毛むくじゃらで、コブがあって鼻が長い巨人というイメージが一般的ですね。トロールと言っても、いろんなトロールがいるんです。「木のトロール」とか「家のトロール」みたいに、いろんな属性を持ったものがいる。ある種、アニミスティックな精霊という風に言えるかもしれない。

日本の妖怪に近いと思うのは、トロールもどちらかというと奇妙で、おぞましかったり、滑稽であったりするような姿としてイメージされてきたことですね。

―他にはどんな妖精がいますか。

畑中:デンマークには「ニス」という妖精がいます。これは家に住む妖精で、人が寝静まった間に家のことをいろいろお手伝いしてくれる。大きさは15cmくらいで、お年寄りみたいな顔をしていて、灰色の服を着てトンガリ帽子をかぶっていて、お手伝いの報酬は一杯の牛乳とバターだけで満足してくれる。日本の妖怪だと「おしら様」という家の神様や「座敷わらし」に近いものを感じます。

もう一つは「ネック」。これは水の妖精ですね。小柄な人間の形をしていて、緑色の歯を持っていて、緑色の帽子をかぶっている。女性の場合は下半身は魚で、人魚のような姿形をしている。ネックは音楽が得意で、バイオリンやハープを非常に美しく奏でるから、水辺でその音楽を聴いて、魅了されると川で溺れて死んだりすると言われている。これは日本の河童に近いですね。

Page 2
前へ 次へ

プロフィール

畑中章宏(はたなか あきひろ)

作家・民俗学者・編集者・妖怪研究者。最新刊は『21世紀の民俗学』。著書に『天災と日本人―地震・洪水・噴火の民俗学』『災害と妖怪――柳田国男と歩く日本の天変地異』『柳田国男と今和次郎』『蚕:絹糸を吐く虫と日本人』他多数。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。