巨匠オリヴィエ・アサイヤスの勇気。時代の変化を恐れない

巨匠オリヴィエ・アサイヤスの勇気。時代の変化を恐れない

インタビュー・テキスト
常川拓也
撮影:垂水佳菜 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

アンスティチュ・フランセ東京の特集として上映された『8月の終わり、9月の初め』(1998年)上映後のトークで、フランスの名匠オリヴィエ・アサイヤスは、「私たちは現在進行中の変化のひとりの証人である」と語っていた。確かに彼は作品ごとに様々なジャンルや形式に挑戦しながら、映画を通して、変貌の途上にある世界を検証してきた。

『冬時間のパリ』では、紙から電子書籍へとデジタル化の波が従来の文化を侵食しつつあるパリの出版業界を舞台に、中年の編集者(ギョーム・カネ)や作家(ヴァンサン・マケーニュ)、女優(ジュリエット・ビノシュ)たちが、その変化にどう向き合うかについて機知に富んだ会話や議論を巡らせる。と同時に、2組の夫婦の不倫──彼ら4人のうち3人が不倫をしている──から展開される軽やかな恋愛群像劇だ。

文学だけでなく、映画もまた従来の鑑賞方法だけでなく、新たにストリーミング配信で視聴するカルチャーが浸透しつつある。アサイヤスは、文化的にも時代の転換点といえる現代を一体どのように感じているのだろうか。

私がデジタル化に興味があるというよりも、社会の変化が私に押し寄せてきたのです。

―アサイヤスさんは、過去作『アクトレス 女たちの舞台』(2014年、以下『アクトレス』)『パーソナル・ショッパー』(2016年)でも、デジタル文化が影響を及ぼす現代社会の変化に関心を向けてきたといえます。

アサイヤス:私自身がデジタル化による社会の変化に興味があるというよりも、どちらかといえば、社会の変化が私に押し寄せてきたといえるかと思います。現代の社会について語るときには、個人がそのような新しいツールに対してどういう風に向き合っていくかを自ずと語らなければなりません。

なので、デジタル化それ自体を話したかったわけではなく、『アクトレス』や『パーソナル・ショッパー』の女性たちが自分の困難なときに、デジタル化のツールを使ってどう対応をしているか、どう向き合っているかということを語ることに興味があったのです。

オリヴィエ・アサイヤス<br>1955年1月25日、パリに生まれる。画家・グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、フランスの映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の編集者として文化とテクノロジーのグローバル化への興味を追求しながら、1980~1985年、自身の短編映画製作を始める。長編初監督作『無秩序』(1986年)が『ヴェネツィア国際映画祭』で「国際批評家週間賞」を受賞。これまで、世界的な認知をもたらす、豊かで多様な作品を一貫して発表してきた。
オリヴィエ・アサイヤス
1955年1月25日、パリに生まれる。画家・グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、フランスの映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の編集者として文化とテクノロジーのグローバル化への興味を追求しながら、1980~1985年、自身の短編映画製作を始める。長編初監督作『無秩序』(1986年)が『ヴェネツィア国際映画祭』で「国際批評家週間賞」を受賞。これまで、世界的な認知をもたらす、豊かで多様な作品を一貫して発表してきた。

―現代社会と向き合う人に関心があるのですね。本作のフランス語題は『二重生活』。ジュリエット・ビノシュが同様に女優役を演じる『アクトレス』や、セレブを代行する買い物係が他者のドレスを身に纏う『パーソナル・ショッパー』を見ても、近年の監督作に「二重性」という主題の共通点も感じられます。

アサイヤス:ある意味そういえるかもしれません。挙げていただいた作品はすべて現代における出来事を描いています。そこに私の現代社会に対する視点がある。だから共通項があるのでしょう。

『冬時間のパリ』にはデジタル化による現代社会の変遷はどのようなものだろうかと問いかけている姿勢がありますが、一方、『アクトレス』や『パーソナル・ショッパー』はデジタル化した世界に埋没している人物を描いています。

前の2作がデジタル化した世界に対して、少し距離を持った視点で描いているのに対して、本作は考察がより多く入っていると思います。ひとつの作品がなにか問題提起をすることによって、観客たちがその討論に参加できるような作品を作りたかったのです。そのような作品はいままで映画界では避けられてきた傾向がありますが、今回はコメディータッチで挑戦してみました。

左から:セレナ役のジュリエット・ビノシュ、アラン役のギョーム・カネ / 『冬時間のパリ』場面写真 ©CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME
左から:セレナ役のジュリエット・ビノシュ、アラン役のギョーム・カネ / 『冬時間のパリ』場面写真 ©CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME

―『冬時間のパリ』は、同じく編集者と小説家が出てくるという点では『8月の終わり、9月の初め』とも近い作品だといえますが、本作では「死」など劇的な出来事が起こりません。

アサイヤス:確かに。そのために、本作は少し難しいところがありました。シナリオを書き始めたとき、最初は会話シーンが羅列されているだけでした。演劇の戯曲が第1幕、第2幕と続くように、それらが連鎖して発展していったんです。なので、どういう風なビジュアルになるか、そのランドマークになるものが全くない状態でした。

それにアパートメント、職場、レストランと、撮影するシーンごとに大きなロケ地の移動もないため、対話をベースにどれだけビジュアル的にビビットにできるか、そしてセリフを生き生きとさせるにはどうしたらいいかは悩みました。演出的にもなかなか大変で、撮影のときは毎日朝からどうしようか、考えていたんです。

『冬時間のパリ』予告編を見る

Page 1
次へ

作品情報

『冬時間のパリ』
『冬時間のパリ』

2019年12月20日(金)からBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開

監督・脚本:オリヴィエ・アサイヤス
出演:
ジュリエット・ビノシュ
ギョーム・カネ
ヴァンサン・マケーニュ
クリスタ・テレ
パスカル・グレゴリー
上映時間:107分
配給:トランスフォーマー

プロフィール

オリヴィエ・アサイヤス

1955年1月25日、パリに生まれる。画家・グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、フランスの映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」の編集者として文化とテクノロジーのグローバル化への興味を追求しながら、1980〜1985年、自身の短編映画製作を始める。長編初監督作『無秩序』(1986年)がヴェネツィア国際映画祭で国際批評家週間賞を受賞。これまで、世界的な認知をもたらす、豊かで多様な作品を一貫して発表してきた。『夏時間の庭』(2008年)はニューヨークタイムズ紙による「21世紀の映画暫定ベスト25」に選ばれている。また、映画に関するエッセイ、ケネス・アンガーの伝記、イングマール・ベルイマンとの対談を含む数冊の本も出版している。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。