高円寺メタルめし・ヤスナリオが語る、北欧文化とメタルへの愛

高円寺メタルめし・ヤスナリオが語る、北欧文化とメタルへの愛

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

メタルは懐が広い文化なのかなと思います。

—ヤスナリオさんはメタル以外にはどんな音楽を聴いていましたか?

ヤスナリオ:そこもやっぱり北欧で、The Cardigansを筆頭にスウェディッシュポップが好きでしたね。1990年代当時はブリットポップやオルタナティヴロックにはいかず、トーレ・ヨハンソン(スウェーデンの音楽プロデューサー。The Cardigansらを手がけた)の「タンバリンスタジオ」で録音したようなバンドを聴いていました。Cloudberry Jamとかいろいろいましたよね。


Cloudberry Jam『Another Moment Follows』(1996年)を聴く

—スウェディッシュポップと北欧メタルにも、なにか共通点ってあるものなんでしょうか。

ヤスナリオ:レトロで哀愁が漂っているところは共通点かもしれないですね。北欧メタルも、昔のメタルの要素を取り入れながら、哀愁漂うメロディーを歌っていますし。日本人の琴線に触れるのはなにか共通のものがある気がしますね。

そういえば、The Cardigansのピーター・スヴェンソン(Gt)とマグナス・スヴェニングソン(Ba)はメタル好きで、バンドでもBlack Sabbathの“Sabbath Bloody Sabbath”をカバーしていましたよね。


The Cardigans“Sabbath Bloody Sabbath””(1995年)を聴く

—お話を伺っていると、メタルっていろいろなものと融合しやすいジャンルなのかなと思いました。メタルと食べ物もそうですけど、音楽的にも、たとえばKORPIKLAANIはフィンランド民謡をメタルに取り入れて新たなジャンルを開拓しましたよね(参考記事:当事者・KORPIKLAANIに訊く、北欧はなぜメタルバンドが多い?)。各々が様々なスタイルと融合したからこそ、どんどん細分化していったのかなと。

ヤスナリオ:確かにそうですね。それだけメタルは懐が広い文化なのかなと思います。なんというか、「マイノリティー意識」があるからなのかもしれないけど、他のものと混ぜてもらうと喜ぶんですよね(笑)。それに、ちょっと自虐っぽいユーモアも楽しめる人たちが多いように思いますし。

—それはきっと、メタルとアイドルをかけ合わせたBABYMETALにも言えることで。様式美というか、メタルの伝統的なマナーを守りつつ、新しいものをどんどん取り込んでいくのは日本だと歌舞伎にも通じるかなとも思いました。様式美を大切にする文化が日本人は好きですよね。

ヤスナリオ:ああ、確かにそれはそうかもしれないですね。

ヤスナリオ

このお店で「メタル=怖いもの」というイメージを払拭できたらいいなと思う。

—今後の目標としてはいかがですか?

ヤスナリオ:多くの人にメタルの魅力を伝えたいですね。『デトロイト・メタル・シティ』(2008年)という映画が公開されてからは特に、「メタル=怖いもの」というイメージがついちゃったような気がするんですよね(笑)。なので、このお店でそういうイメージを払拭できたらいいなと思っています。

ヤスナリオ

—音楽を聴くこととか、文化や演劇とかを好きな人が集まれる場所、コミュニティーみたいなものが、ネット空間ではなく実際にあるというのは、すごく素敵なことだなと思っていて。「メタルめし」が、そういう場所になっていると実感することはありますか?

ヤスナリオ:毎日実感していますよ。僕はこの店のカウンターに立って、毎日お客さんとメタルの話をしているから、それが当たり前のような気持ちになっていたんですけど、お客さんに聞くと、「こんなにメタルの話を思いっきりできる場所はここしかない!」って言うんですよね。特に20代の子たちには、周囲にメタル好きがあまりいないみたいで、ここに来てメタルの話をすることをとても楽しみにしてくれているんです。そうやって喜んでいただいて、繰り返し来ていただいているのはありがたいですし、お店を始めてよかったなって心から思います。

それにここでは、会話を楽しんでもらいたくて、普通のロックバーやクラブとは違ってBGMも小さめにしているんです。もちろん流しているのはメタルですが(笑)、音が大きすぎて会話が出来ないなんてことはないので、ぜひ気軽に遊びに来てほしいです。

ヤスナリオ

Page 4
前へ

プロフィール

ヤスナリオ

三度のメシよりヘヴィメタル好き!かもしれない、自称「料理勉強家」。「ホントはこういうのが一番ウマいんだよねぇ」と唸らせる、シンプルでカンタンな料理をブログで発信。雑誌、WEB、TV番組などへのレシピ提供も行う。2015年6月より、「高円寺メタルめし」をオープン。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。