戸田真琴は自由のために訴える。人の本質を見た目で判断しないで

戸田真琴は自由のために訴える。人の本質を見た目で判断しないで

テキスト
戸田真琴
撮影、編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

「人を見た目で判断してはいけない」。このコラムを読もうとしてくれているあなたも、きっと一度くらいは、耳にしたことのある言葉ではないだろうか。家族から教わったことかもしれないし、学校の道徳の授業で扱われたテーマかもしれない。

「決めつけ」はいけないことだという認識を獲得してきた私たちだけれど、じつは、心や頭の中の目に見えない部分には、まだまだ思い込みが潜んでいるかもしれない。AV女優・戸田真琴が今回訴えるのは、そうした「無垢な差別心」への危機感だ。

自分自身の価値観を、もう一度考え直すために。これからの性のあり方を考えるコラム連載第4回目をお届けする。

戸田真琴が綴るのは、日常にはびこる無垢な差別心について

私たちは服装やヘアスタイル、メイクや小物の選び方……自分で選ぶことのできる部分での「見た目」によって、自分自身がどういう人間であるか表現することができます。頓着することも、そこそこに楽しむことも、ほとんど気にしないことも自由で、それ自体が正解のない、またどんなあり方をしていても誰にも咎められる必要のない、それぞれの自己表現です。

しかし、「見た目」という、人と接するときに最初の情報源になる要素には、自分では選べないものもあります。それは顔立ちや体つき、もともとの肌の色、質感など、生まれ持った容姿のことです。もちろん体重の増減や外科手術などで変えることもできますが、そのためには労力やお金が必要です。

「ルッキズム」という言葉をよく目にするようになって久しいですが、あなたは自らの中にある、「見た目についての偏見」について、深く考えてみたことはありますか。また、生まれ持っての身体的特徴によって、あなたの性格や人間性、経験の有無や能力値の高さ、といった内面的な要素を誰かから予想されたことはありますか?

顔立ちが地味だから大人しそう、とか、体つきが子どもっぽいから性格も幼いだろう、とか、背が高いから仕事もできそう、とか、目が大きく印象的だから意思決定も堅いだろう、とか、そういった軽々しく放たれる言葉たちの中には、無垢で悪気のない差別心が潜んでいます。

戸田真琴(とだ まこと)<br>2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。
戸田真琴(とだ まこと)
2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

私自身、AV女優としてデビューした頃に、髪型や服装によって性格を読み解かれること自体は気にならなかったのですが、生まれ持った身体的特徴について「肌が浅黒いから清純に見えない、ビッチだ」と書かれたことには、さすがに憤りを感じたものです。

女性と接する機会がない人の、理想化した女性像と比べられることが多い職業に従事しているのだから仕方ないと割り切るべきかもしれませんが、そこに含まれる無自覚なバイアスに対して、違和感を持たなくなることは、自分の中でどこか納得がいかなかったのです。

Page 1
次へ

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年にSODクリエイトからデビュー。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。愛称はまこりん。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。