Spotify主催のイベントレポ。NulbarichやSIRUPら登場

Spotify主催のイベントレポ。NulbarichやSIRUPら登場

テキスト
長嶋太陽
撮影:Satoshi Imamura、Shumpei Kato、Kaochi、Kyonntra 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify」。発祥の地、スウェーデンでは水道や電気と同様、インフラのようになっているともいわれる本サービスが主催する音楽イベント『Spotify presents Early Noise Special』が、3月28日にEX THEATER ROPPONGIにて開催された。

「オンラインからオフラインへ、ライブ体験を通してアーティストの魅力を伝える」。そんな目的のもとに異なる個性を持った8組が集った。フェスでさえありえないほどにジャンルごちゃまぜの、まるでプレイリストのような一夜は、想像を超えるような盛り上がりを見せ、日本の音楽シーンの新たな夜明けを感じさせた。

新時代を予感させる、あっこゴリラからRIRIまで

トップバッター・あっこゴリラは、アグレッシブでパワフルでありながら、観客に対してまっすぐ手を差し伸べるようなパフォーマンスで、会場の空気を完璧に掴んでいた。“100%AKKOGORILA”にはじまり、ラストの“GRRRLISM”まで矢継ぎ早に5曲を披露。多様性へのメッセージを乗せたラップと、随所に忍ばされたポップスのエッセンスで、さまざまな年齢層の観客を踊らせる。ライブ後のトークでは、ハリー杉山との抜群の掛け合いを披露し、「新年度は、価値観がゴロゴロ変わっていく1年になる。仲間やみんなとつながって、おもしろいことをやっていきたい」と語った。その言葉は、一貫してブレないあっこゴリラの思想を体現しているのだろう。

あっこゴリラ
あっこゴリラ

『ライオン・キング』のSEに導かれたのは、ピアノポップの新旗手・ビッケブランカ。跳ねるようなピアノでスタートする“ウララ” では、ステージを所狭しと行き来しアグレッシブなパフォーマンスを披露したかと思えば、しっとりと落ち着いた“まっしろ”から多幸感溢れる“Winter Beat”へと、続けて披露。会場にいる誰もが手を叩き、聴き惚れてしまうさまは、まるでワンマンライブと見まがうほど。ベース、ドラム、プログラミングもこなすマルチプレイヤーらしい振れ幅の広さ、音楽への造詣の深さを、短い持ち時間の中で魅せた。

ビッケブランカ
ビッケブランカ

3番手はSIRUP。ブラックミュージックやR&Bのリクリエイションは世界的な潮流のひとつであり、それを日本のリスナーに迎合することなく、されど多くのリスナーを振り向かせる絶妙の距離感で実現しているアーティストだ。“Do Well”で観客を踊らせた後に「だいぶ暑なってるやん、1回休憩しようか? チルしようか?」という関西弁のMCを挟んで“LOOP”をしっとりと歌いきった。空気をざらりと震わせたかと思えば、なめらかに鼓膜を通り抜ける。その声の説得力は「2曲? え、これで終わり?」という観客の声が裏づけていた。

空間系のエフェクトを効かせた音像は、まさしくドミコの得意とするところ。ローファイなサウンドをループで重ね、2人組とは思えない重層的な即興を行う。響きが美しい“ベッドルーム・シェイク・サマー”から、夢から醒めたように鋭い“ペーパーロールスター”へ。ドミコの持ち味であるサイケデリックとセンチメンタリズムが存分に伝わる2曲を演奏した。

ドミコ
ドミコ

4人のダンサーとともに登場した19歳のシンガーRIRIは、16歳のときからLAで有名プロデューサーと制作を行ってきたほか、世界的なDJ ZEDDとのコラボレーション、『SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)』への日本人最年少参加と、活躍ぶりは枚挙にいとまがない。4月のリリースに先駆けて披露されたKANDYTOWN・KEIJUとのフィーチャリングソング“Summertime”は、グローバルとの接続を感じさせる壮大な1曲。プロデュースは小袋成彬が手がけている。エネルギーにあふれたダンスパフォーマンスもあいまって、新時代のポップアイコンとしての存在感を示した。

RIRI
RIRI
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Spotify presents Early Noise Special』

2019年3月28日(木)
会場:EX THEATER ROPPONGI
出演:
あっこゴリラ
ビッケブランカ
SIRUP
ドミコ
RIRI
Nulbarich
ReN
Official髭男dism

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。