高木正勝と相良育弥の自宅訪問 いい仕事を生む暮らし方って?

高木正勝と相良育弥の自宅訪問 いい仕事を生む暮らし方って?

インタビュー・テキスト
野村由芽(CINRA.NET編集部)
撮影:森山将人

暖かい時期は、近所のおじちゃんが勝手口からばんばん家に上がってくる。(相良)

職人が特定の職業を指すものではないということは、誰であっても職人の姿勢や技を学べるということ。ここからは、二人の住まいを訪れ、いい仕事を生み出す「暮らしの場」を写真とともに見ていきたい。

まず、相良の自宅。妻のみかさんと、猫のわたげが同居人。大工の祖父が建てた、築40年木造二階建ての家を夫婦でコツコツ改装しながら暮らしている。

相良の自宅。奥にいるのが妻の相良みか
相良の自宅。奥にいるのが妻の相良みか

わたげ(1歳♂)。弟子の猫の子どもをもらいうけた
わたげ(1歳♂)。弟子の猫の子どもをもらいうけた

窓の外には、子どもたちの姿が見える。相良いわく、暖かい時期は、近所のおじちゃんが勝手口からばんばん家に上がってくるが、正月にかけて一旦落ち着くとか。春から秋祭りにかけて、人との密なかかわり合いのなかで「なくなっていく自我」を冬の間に取り戻し、充電して、さらに良いかかわり合いができるような状態にもっていき、新しい春を迎えるのだ。

窓辺
窓辺

台所
台所

左から:高木正勝の妻・さとうみかを、相良みか
左から:高木正勝の妻・さとうみかを、相良みか

取材の合間にみんなで昼食
取材の合間にみんなで昼食

お味噌汁、おむすび、キムチ、ナムル、梅干し、大根のお漬け物
お味噌汁、おむすび、キムチ、ナムル、梅干し、大根のお漬け物

「仏教」「野性」「里山」などのワードが並ぶ本棚
「仏教」「野性」「里山」などのワードが並ぶ本棚

高木の“girls”が弾きたくてピアノを始め、3年たって弾けるようになった。音の響きがよくなるように、蓋はとりはずしてある
高木の“girls”が弾きたくてピアノを始め、3年たって弾けるようになった。音の響きがよくなるように、蓋はとりはずしてある

茅葺きは、変化しながら繰り返していることが美しい。その流れのまっただなかにいることにおもしろみを感じています。(相良)

昼食の後、相良が新しい手法に挑戦したという、淡河えびす神社を見に行くことに。今、日本では新しく茅葺きを建てるのは消防法や建築基準法の観点からなかなか難しいが、この地域は比較的建てやすいのだそうだ。

淡河えびす神社のある淡河本陣の中庭
淡河えびす神社のある淡河本陣の中庭

淡河えびす神社
淡河えびす神社

素材は小麦。日本古来の茅葺きよりも薄く葺ける手法を使っている。ちなみに日本の茅葺きは、海外の職人からすると「なんでそんなに分厚いんだ、お前たちはクレイジーだな」と言われるとか
素材は小麦。日本古来の茅葺きよりも薄く葺ける手法を使っている。ちなみに日本の茅葺きは、海外の職人からすると「なんでそんなに分厚いんだ、お前たちはクレイジーだな」と言われるとか

淡河本陣の縁側
淡河本陣の縁側

相良:ヨーロッパ諸国は、日本よりも先進的なんです。ヨーロッパには、世界茅葺協会というものがあって、積極的に茅葺きの文化を残している。日本はまだまだ保守的で、建築基準法や消防法の規制の範囲内ではありますが、まずは「新築のこんな茅葺きも建てられる」ということから知ってほしい。今後、えびす神社は、外から遊びに来た人も地域の人も集まれる、コミュニティースペースにしていこうともくろみ中です。

次は、今まさに作業中だという、葺き替えの現場を見学。

神戸ワイナリー
神戸ワイナリー

くさかんむりのメンバーが作業中
くさかんむりのメンバーが作業中

相良:屋根の上で肥料を作って、葺いて、役目を終えたらまた土に還す。そう考えると、茅葺きは建物じゃなくて、そこに生えている植物みたいに見えてくる。大体20~30年に一度葺き替えるのが、ひとつのサイクルになっています。

そういうサイクルが世界中のあちこちにあって、その一巡を何千年と少しずつ変化しながら繰り返していることって美しいと思うんです。その流れのまっただなかにいることに面白みを感じていますね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

高木正勝『YMENE』
高木正勝
『YMENE』(CD)

2017年3月26日(日)発売
価格:3,024円(税込)
NOVUS-010

1. Dreaming
2. Tidal
3. Bokka
4. Homicevalo
5. Ana Tenga
6. Laji
7. Naraha
8. Philharmony
9. Grace
10. Mase Mase Koyote
11. Earth's Creation #1
12. Omo Haha
13. Ymene
14. Earth's Creation #2
15. Emineli

高木正勝『『山咲み』
高木正勝
『山咲み』(2CD+DVD)

2017年3月26日(日)発売
価格:4,860円(税込)
NOVUS-004~6

[CD1]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
[CD2]
1. うたがき
2. マクナレラ~ヤイサマ
3. 山咲き唄
4. かみしゃま
5. おやま
6. Girls
7. Rama
8. Wave of Light―音頭
9. Grace~あげは
10. 風花~カピウ・ウポポ
[DVD]
1. 祈り
2. あまみず
3. 風花
4. Nijiko
5. サーエ~サルキウシナイ~かぜこぎ
6. aqua
7. おおはる
8. うるて
9. 充たされた子ども
10. 夏空の少年たち
11. きときと―四本足の踊り
12. I am Water
13. やわらかいまなざし
14. 紡ぎ風
15. 風は飛んだ
16. うたがき
17. マクナレラ~ヤイサマ
18. 山咲き唄
19. かみしゃま
20. おやま
21. Girls
22. Rama
23. Wave of Light―音頭
24. Grace~あげは
25. 風花~カピウ・ウポポ

プロフィール

高木正勝(たかぎ まさかつ)

1979年生まれ、京都出身。2013年より兵庫県在住。山深い谷間にて。長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した「動く絵画」のような映像、両方を手掛ける作家。美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。『おおかみこどもの雨と雪』やスタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』の映画音楽をはじめ、コラボレーションも多数。

相良育弥(さがら いくや)

1980年生まれ。茅葺き職人。20歳くらいのころに、宮澤賢治に憧れて大地に生きる百姓を志すも、減反で米がつくれず「三姓」止まりに。そんな時に出会った茅葺きの親方に「茅葺き屋根は百姓の業でできている」との言葉で弟子入り。現在は、淡河かやぶき屋根保存会「くさかんむり」の代表を務め、ふるさとの神戸市北区淡河町を拠点に、茅葺屋根の葺き替えや、補修を生業とし、民家から文化財まで幅広く手がけ、積極的にワークショップも行なっている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。