カジヒデキが90年代を再考 渋谷系とスウェディッシュポップを語る

カジヒデキが90年代を再考 渋谷系とスウェディッシュポップを語る

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:タイコウクニヨシ 編集:山元翔一

ABBAを筆頭に、1970年代からスウェーデンには数多くのポップアーティストが登場し、音楽シーンを賑わせてきた。なかでも世界的な盛り上がりを見せたのが、1990年代半ばのスウェディッシュポップブーム。「タンバリンスタジオ」を拠点に、トーレ・ヨハンソンがプロデュースしたThe Cardigansをはじめとするバンドたちは、ビンテージ機材を駆使した懐かしくも新鮮なサウンドと、ポップかつメランコリックなメロディーが特徴で、日本でもBONNIE PINKや原田知世、カジヒデキらが「その音」を求めてスウェーデンのマルメへ赴くなど空前のブームとなった。

今もスウェーデンの音楽といえば、真っ先に「スウェディッシュポップ」「The Cardigans」と答える人が絶えないほど、鮮烈な印象を残したスウェディッシュポップとは、いったい何だったのだろう。我々日本人の琴線を揺らすそのサウンドは、どのようにして生み出されたのか。今回Fikaでは、その謎に迫るべくカジヒデキにインタビューを実施した。

9月5日にEP『秋のオリーブ』をリリースしたカジは、デビューアルバム『MINI SKIRT』をトーレのプロデュースのもと「タンバリンスタジオ」でレコーディングし、その後しばらくはマルメで作品を作るなどスウェディッシュポップブームの中心にいたアーティストである。そんな彼に、当時のエピソードはもちろん、スウェディッシュポップのオススメのアルバム5選、そして久しぶりの新作についてなど、たっぷりと話してもらった。

Eggstoneには、僕が当時やりたかったこと全てが凝縮されているような気がしたんです。

—カジさんは“ミスター・スウェーデン”(1999年)というシングルをリリースし、「ミスター・スウェーデン」という愛称で親しまれるなど、スウェーデンと縁が深いイメージがあるのですが、そもそもスウェディッシュポップと出会ったきっかけはどんなものだったのでしょう?

カジ:僕が最初に聴いたスウェディッシュポップは、Eggstoneが1991年の終わりに出した“Shooting Time”というシングル曲でした。僕は当時、BRIDGEというバンドをやりながら渋谷の輸入レコード屋「ZEST」でバイトしていたのですが、友人の小山田(圭吾)くんをはじめ、僕らの周りはみんなEggstoneに夢中だったんです。

調べてみたら彼らはスウェーデンのバンドで、リリース元は「Snap(のちのSoap)」という、主にスウェーデンの音楽を紹介している英国のレーベルということがわかって。そのレーベルは、The WannadiesとかThis Perfect Dayとかも出していたんですよね。

カジヒデキ
カジヒデキ

—当時カジさんの周りの音楽仲間や音楽好きたちがEggstoneに夢中だったのは、どうしてだったんですか?

カジ:僕に関して言うと、Eggstoneには、僕が当時やりたかったこと全てが凝縮されているような気がしたんです。たとえば、“Wrong Heaven”という曲があって、(バート・)バカラックっぽいホーンが入っていて、Pale Fountainsあたりにも通じるような、メランコリックさがあって。

—当時のカジさんがアメリカやイギリスの音楽に心惹かれて自然と影響を受けていた感じと、Eggstoneをはじめとするスウェーデンのミュージシャンの感覚は近いものがあったんですかね。

カジ:そうですね。憧れるような感じというか、おそらくそういう部分もあったと思います。

“Shooting Time”と“Wrong Heaven”を収録したEggstone『At Point Loma』を聴く(Apple Musicはこちら

カジ:Eggstoneの次に大きかったのが、やっぱりThe Cardigansでした。1994年、彼らの1stアルバム『Emmerdale』がリリースされて、渋谷のレコ屋のなかで、どこよりも早く「WAVE」が入荷させたんですよ。渋谷界隈が騒然となりました。「あのアルバム買ったか?」「これはヤバイ!」って(笑)。一般的には次の『Life』(1995年)で大ブレイクしますが、その前から本当に人気でしたよ。

それで、『Emmerdale』のクレジットを見るとレコーディング場所が「タンバリンスタジオ」となっていたんですよね。そのスタジオは、Eggstoneとトーレ・ヨハンソンが共同で設立したスウェディッシュポップの本拠地といえる場所で。僕が大好きなEggstoneの“Wrong Heaven”もトーレがプロデュースしているし、「繋がった!」と思いましたね。

撮影を担当したタイコウクニヨシは、1990年代に「WAVE」で働いており、取材の合間に当時を振り返って「『Life』は何枚売ったかわからないくらい売れた」と語ってくれた
撮影を担当したタイコウクニヨシは、1990年代に「WAVE」で働いており、取材の合間に当時を振り返って「『Life』は何枚売ったかわからないくらい売れた」と語ってくれた

Page 1
次へ

リリース情報

『秋のオリーブ』
カジヒデキ
『秋のオリーブ』(CD)

2018年9月5日(水)発売
価格:1,620円(税込)
DDCB-12104

1. 夏の終わりのセシルカット
2. 秋のオリーブ
3. きみはちから
4. 大好きな街 -My Fav City -
5. ピーキャン音頭

イベント情報

『LIVE「秋のオリーブ」』

2018年11月20日(火)
会場:東京都 渋谷WWW
出演:
カジヒデキ
おとぎ話
堀江博久
※レコーディングに参加したおとぎ話、堀江博久のサポートで行うスペシャルライブです

プロフィール

カジヒデキ
カジヒデキ

千葉県富津市出身。1989年、BRIDGE結成。1992年にメジャーデビューし、1995年7月に解散。1996年にソロデビュー。「ラ・ブーム ~だって MY BOOM IS ME~」など数々のヒット曲を放ち、90年代の渋谷系を牽引した。2008年には映画『デトロイト・メタル・シティ』の音楽を担当。主題歌「甘い恋人」がスマッシュヒット。またDJイベント「BLUE BOYS CLUB」主宰やTBSラジオ『オーディナリーミュージック』、bayfm『SPACE SHOWER MUSIC RADIO』、渋谷のラジオ『渋谷のラジオの渋谷系』パーソナリティ、音楽フェス『PEANUTS CAMP』キュレーションなど、 音楽の紹介者としても幅広く活躍中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。