「最高の私」への変身を見せる『ル・ポールのドラァグレース』

「最高の私」への変身を見せる『ル・ポールのドラァグレース』

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

「私が誰よりもファビュラス」というスピリットから元気をもらえる。人気番組『ル・ポールのドラァグ・レース』とは

Netflixで配信されている 『ル・ポールのドラァグ・レース』は、現在までにアメリカで12のシーズンが製作されている人気のリアリティーショーシリーズだ。近年は『エミー賞』を受賞するなど英語圏で大衆的な認知と評価を獲得している。日本でもコアなファンベースを築いており、3月には番組出演者が登場するライブツアー『WERQ THE WORLD』が日本初上陸を果たした。

いまや長寿番組となったこの番組には、多くのリアリティー番組特有の中毒性や想像を超えたドラマといった要素だけでは説明できない強い引力がある。その引力はどこから来るのだろうか? その正体に迫る前に番組の概要を紹介しよう。

『WERQ THE WORLD 2020 in TOKYO』の様子
『WERQ THE WORLD 2020 in TOKYO』の様子
プラスティーク・ティアラ
プラスティーク・ティアラ

2009年にスタートしたこのシリーズは、毎シーズンに十数人ほどのドラァグクイーンたちが参加し、アメリカの「ネクスト・ドラァグスーパースター」の座を巡って競い合う番組だ。カリスマドラァグクイーンであるル・ポールがホストを務め、出場者たちのメンターの役割も果たす。クィアコミュニティーのサブカルチャーであったドラァグカルチャーを、メインストリームの認知やポップカルチャーのフィールドに広めた番組としても知られている。

番組では出場者のクイーンたちがミッションをこなしてル・ポールを含む審査員からのジャッジを受け、毎回1名ずつ脱落していく。主に、その場で与えられた課題をこなすミニチャレンジ、より大掛かりな課題に取り組むメインチャレンジ、テーマごとの衣装で歩くランウェイショー、そして脱落候補者2名による生き残りをかけたリップシンク対決で1つのエピソードが構成される。番組中に課されるチャレンジは、グループにわかれてミュージックビデオを作ったり、テレビ番組やパロディーCMを作ったり、劇を演じたりなど様々で、本番までの練習の様子や衣装作りの過程なども映し出される。勝ち抜くためには美しさだけでなく、コメディーセンスやダンス、歌の能力、演技力など、多面的なクリエイティビティーが求められる。

各シーズンの優勝者をはじめ、番組をきっかけにスター街道を歩む者も多く、モデル事務所と契約したり、ファッションウィークに招かれたりと、一躍セレブの仲間入りを果たしている。シーズン7の覇者ヴァイオレット・チャチキ、シーズン10の覇者アクエリアは、昨年にファッションの祭典『METガラ』に招かれ、『METガラ』史上初めてメトロポリタン美術館のピンクカーペットを歩いたドラァグクイーンとなった(この年のテーマは「キャンプ」。同年ル・ポールも参加したがドラァグの装いではなかった)。

アクエリア。2019年の『METガラ』にて、ピンクカーペットを歩いた。
アクエリア。2019年の『METガラ』にて、ピンクカーペットを歩いた。

視聴者が『ドラァグ・レース』に夢中になる理由は様々あると思うが、突き詰めると個々のクイーンたちの放つ魅力に集約されるのではないだろうか。筆者にとって新シーズンが始まるたび、今回はどんなクイーンに出会えるのかが一番のたのしみだ。

出場者のクイーンたちは「個性的」という形容が陳腐に感じられるほど、それぞれ確立されたオリジナルのスタイルを持つ。体型や肌の色も様々で、コミカルなパフォーマンスが得意な者、モデルのようなスタイルと美貌を誇る者、奇抜なファッションと髪型が持ち味の者など、個々の衣装やメイク、立ち振る舞いでその美学を体現する。視聴者は番組を通してドラァグというアートフォームの包括性と創造性に触れることができる。

そんな多様なクイーンたちが共通して持っているのが「私が誰よりもファビュラス」「私が誰よりも美しい」というスピリットだ。それは態度として示されるだけでなく、実際に多くのクイーンが番組中に「私が一番かわいい」「私が一番きれい」「私が一番のクイーン」と発言している。皆、「私が最高だから、私が勝者になるのが当然」というスタンスで『ドラァグ・レース』に臨んでいるのだ。それゆえに別のクイーンをけなしたり、衝突したりもするし、罵り合いに発展する場面もあるが、「自分が最高」という気持ちのぶつかり合いは眉をひそめるような醜い争いではなく、溢れるエネルギーとプライドの発露として、元気をもらえさえする。実際、クイーンたちの「キャットファイト」は相手の「口撃」に対する返しも秀逸で笑いを誘う場面も多く、「Throwing shade takes a bit of creativity, being a bitch takes none.(相手を悪くいうには少しの創造性が必要、ビッチであることには何もいらない)」というル・ポールの言葉にもあるように、悪口や口喧嘩にもクリエイティビティーがいるのだと感じさせられる。

ル・ポールが主演した『AJ&クイーン』予告編

Page 1
次へ

イベント情報

『WERQ THE WORLD 2020 in TOKYO』

日程:2020年3月2日(月)
会場:東京 Zepp DiverCity Tokyo

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。