戸田真琴と考えるアイドル業界の歪み。一方的に夢見るだけじゃない「推し活」を

戸田真琴と考えるアイドル業界の歪み。一方的に夢見るだけじゃない「推し活」を

2021/12/27
テキスト
戸田真琴
撮影:飯田エリカ 編集:石澤萌、CINRA編集部

さいごに

戸田真琴

北欧カルチャーマガジンFikaの連載「戸田真琴と性を考える」は、今回で最終回となります。

このアイドルにまつわる話は、私自身の職種とは違いながらも昔からずっと伝えたかったことでした。誰かに推してもらうことと誰かを推すことの両方のすばらしさを感じ取りつつ、それが暴走したときになにが起こるのか、哀しいことが起こらないようにどういう心がけが必要なのか、せっかく出会えたわれわれが傷つけ合わずにほんとうの愛情により近いところへ歩いていくためにはなにが大切なのか。それをずっと考えていました。

約5年余りアダルト業界に身を置いてきて痛いほど解るのは、資本主義が人間の尊厳を食いつぶそうと牙を剝くとき、なにかを売る側ができることはとても少なく、主体としての買う側の意識が変わらないと世界を大きく変えることは難しいということです。

消費者が刺激に鈍くなり、より過激なものを求めるほど、つくる側はそれを売ります。その過激なグラビアや映像コンテンツをつくるとき、それを見る人のために、とぐっとこらえるのはいつも、勇気を出して人に見られる仕事をしにやってきた人たちでした。それは私のいる業界ももちろん、今回お話ししたエンタメ業界にも、グラビア業界にも、物書きの人にもクリエイターにも、誰かに消費されることが経済の約束で決まっている人たち皆に訪れるやるせなさです。

世界を変えるのは劇的な力を持ったスターではなく、そのスターを眼差すあなたです。誰を応援しようか、なににお金を払おうか、どんなことに文句を言って、どんなことを賞賛しようか、わけのわからない映画が嫌いだからわかるようにつくれと言うのか、それともわからないなりに楽しむのか、わかるように勉強してみるのか、それを選ぶあなたの手に、ここからの世界がどうなっていくのかの最も重要なハンドルが握られているのです。

世界を変えるのはいつもあなた、大切な誰かをいつか救うのも、遠くにいる誰かが生き残れる世界をつくるのも、いつもあなただということを絶対に忘れないでください。そして、今日よりほんの少しでも明日はましになろう、いまよりほんの少しでも明日の世界をましにしよう、と念じ続けた先に、私もあなたもどちらもが少しでも生きやすい世界が広がっていることを願ってやみません。また一緒に、いろいろなこと考えましょう。

戸田真琴
連載:「戸田真琴と性を考える」
AV女優兼コラムニストの戸田真琴による、激変する現代の性について思いを綴るコラム連載。「セックス」「生理」「装い」など、さまざまな視点から性を見つめていく。
これまでの連載一覧はこちらから
Page 4
前へ

プロジェクト情報

『I’m a Lover, not a Fighter.』

AV女優 / 文筆家として活動する戸田真琴と、盟友である「少女写真家」飯田エリカによる、「グラビア」を見つめ直すプロジェクト。

配信情報

『Podcast 戸田真琴と飯田エリカの保健室』

毎週月曜日20時に、Apple Podcast、Spotifyほかで配信中。

書籍情報

『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』

2020年3月23日(月)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:KADOKAWA

『あなたの孤独は美しい』

2019年12月12日(木)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:竹書房

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年より活動開始。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆し、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018を受賞。愛称はまこりん。著書に『あなたの孤独は美しい』(竹書房)、『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』(KADOKAWA)。2021年より、少女写真家の飯田エリカとともにグラビア写真を再定義するプロジェクト「I‘m a Lover, not a Fighter.」をスタート。ディレクション・衣装スタイリング・コピーライティング等を務める。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。