本場の伝統文化に触れる『エストニア・サウナと共にある暮らし展』開催

東京・下北沢のギャラリースペースを兼ね備えたシーシャカフェ「chotto」にて、エストニアのサウナ文化を味わうことができる写真展『エストニア・サウナと共にある暮らし展』が開催される。期間は11月28日から12月5日まで。エストニアのサウナ文化をテーマにしたトークイベントなども行われる。

フィンランドから湾を挟んで南側にある人口約133万人の小国・エストニア。古くからフィンランドと文化圏を共にしてきたエストニアは、紀元前2000年よりサウナ文化が存在したといわれており、北欧・西欧・ロシアの影響を受けながら、独自のサウナ文化を形成してきた。今も各家庭に当たり前のようにプライベートサウナがあり、サウナはエストニア人にとっての日常そのものといえる。

本展では、そんなエストニアの「サウナ製品」のみならず、「サウナ文化そのもの」を感じられる写真作品が展示される。

期間中には展示のほか、エストニアのサウナをモチーフとしたサウナグッズの販売や、サウナで火照った体を叩く草の束「ヴィヒタ」から着想を得たシーシャの提供、初日にはエストニア人を交えたサウナトークショーなどが開催される。奥深いエストニアのサウナ文化を知ることができる貴重な機会となりそうだ。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • 本場の伝統文化に触れる『エストニア・サウナと共にある暮らし展』開催
About

「幸福度が高い」と言われる北欧の国々。その文化の土台にあるのが「クラフトマンシップ」と「最先端」です。

湖や森に囲まれた、豊かな自然と共生する考え方。長い冬を楽しく過ごすための、手仕事の工夫。

かと思えば、ITをはじめとした最先端の技術開発や福祉の充実をめざした、先進的な発想。

カルチャーマガジン「Fika(フィーカ)」は、北欧からこれからの幸せな社会のヒントを見つけていきます。

スウェーデンの人々が大切にしてい「Fika」というコーヒーブレイクの時間のようにリラックスしながら、さまざまなアイデアが生まれる場所をめざします。

「幸福度が高い」と言われる北欧の国々。その文化の土台にあるのが「クラフトマンシップ」と「最先端」です。

湖や森に囲まれた、豊かな自然と共生する考え方。長い冬を楽しく過ごすための、手仕事の工夫。

かと思えば、ITをはじめとした最先端の技術開発や福祉の充実をめざした、先進的な発想。

カルチャーマガジン「Fika(フィーカ)」は、北欧からこれからの幸せな社会のヒントを見つけていきます。

スウェーデンの人々が大切にしてい「Fika」というコーヒーブレイクの時間のようにリラックスしながら、さまざまなアイデアが生まれる場所をめざします。

VOLVO