自分の声には力がある。スウェーデンに学ぶ、社会変革の原動力

自分の声には力がある。スウェーデンに学ぶ、社会変革の原動力

テキスト
福田和子
リードテキスト・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

セクシャルヘルスに関する情報や選択肢の必要性を訴えるプロジェクト「#なんでないの プロジェクト」代表の福田和子さんは、現在スウェーデンの大学で公衆衛生について学ぶ大学院生です。日本で緊急避妊薬へのアクセス改善を求めるオンライン署名キャンペーンを立ち上げるなど、多くの人を巻き込みながら社会の理不尽に声を上げる活動を行なっています。

スウェーデンといえば、社会におけるジェンダー平等が高いレベルで達成されており、人権意識の高い国として知られますが、100年前はいまとはまったく異なる社会状況だったそう。社会の不公正に人々が声を上げつづけ、地道に変化を起こしてきたことがいまにつながっています。現地で気候変動や、女性への暴力反対のデモなどにも参加してきた福田さんに、スウェーデンの生活のなかに根づく「声を上げることの大切さ」と、その大きな力について綴ってもらいました。

セクシャルヘルスやジェンダー平等の活動に取り組む筆者が、スウェーデンに渡った理由

皆さんは「スウェーデン」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

オーロラや広大な森と湖? いまも世界中で聞かれるABBAの名曲? VOLVOやIKEA、Spotifyといったグローバル企業を思い浮かべる方もいるかもしれません。

私がスウェーデンに初めて足を踏み入れたのは大学3年生のとき。2016年から1年間行なった交換留学でした。当時、公共政策やジェンダーについて学んでいた私にとってスウェーデンは、「高い人権意識」「ジェンダー平等」「手厚い福祉」といったイメージが強く、交換留学先として選んだのも、「旅行で数週間訪れるだけではわからない、人権を支えるこの国ならではの土壌があるのでは」「それを自分で感じてみたい」という思いからでした。

私はいま、スウェーデンに滞在しながら、日本における性教育や避妊、それらに関わる医療へのアクセスの改善やジェンダー平等のための活動をしています。日本でもすべての人の性と生殖に関する健康と権利が守られ、性を通じて傷つくのではなく、人生が豊かになる人が一人でも増えるようにしたいと考えています。しかし、そういった視点でもスウェーデンに比べて日本は遅れをとっていると言わざるを得ません。

例えば日本では、被害者が13歳以上であった場合、同意のない性行為を罪に問うには、抵抗できないほどの暴行や脅迫があったこと、もしくは心神の喪失、心理的、物理的に抵抗できない状況があったことを被害者側が証明する必要があります。いっぽうスウェーデンでは、性行為において明確な同意が確認できない場合にはレイプとして罪に問われます。

また、日本では避妊も中絶もすべてが自己負担となり高額で、中絶においては既婚者の場合、配偶者の同意が必要ですが、スウェーデンでは、21歳まで避妊法が無料、中絶手術はすべての人が健康保険により無料で受けることができます。

筆者が代表を務める「#なんでないの プロジェクト」Instagram

そういった国の決まりごとを司る国政における女性の割合は、日本の衆議院で1割程度なのに対し、スウェーデンでは約半数。こうした状況の積み重ねの結果、「ジェンダーギャップ指数」(世界経済フォーラム)の最新版では、156か国中、スウェーデンは世界5位、日本は120位と圧倒的な違いがあります。

このようなイメージも相まって、私はスウェーデンと日本のあいだには埋めがたい距離があるよう感じていました。しかし、足掛け3年スウェーデンに暮らしてみてわかったことは、この国が元来たまたま平等を達成していたわけでもなければ、権利が空から降ってきたわけでもない。いまの状況は、一人ひとりが変化を望み、声を上げ、地道に社会を変えてきた結果である、ということです。

Page 1
次へ

プロフィール

福田和子(ふくだ かずこ)

大学在学中に留学先のスウェーデンで、日本では、性教育や避妊法の選択肢の不足によって、誰もが性に関わる健康や権利を守れない状況にあると痛感。帰国後の2018年5月、「#なんでないの プロジェクト」をスタート。現在は「#緊急避妊薬を薬局で プロジェクト」共同代表も務める。若者に届きやすいSRHRケアのあり方をテーマに、スウェーデン・ヨーテボリ大学大学院公衆衛生修士課程修了。FRaU×現代ビジネスなどに連載中。(翻訳)ユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス【改訂版】ー科学的根 拠に基づいたアプローチ』(明石書店 / 2020年)

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。