Spotify発祥の北欧。なぜ起業家やユニコーン企業が育つのか?

Spotify発祥の北欧。なぜ起業家やユニコーン企業が育つのか?

インタビュー・テキスト
榎並紀行(やじろべえ)
編集:吉田真也(CINRA)

約3億5600万人のユーザーを持つオーディオストリーミングサービスSpotifyを運営する、スポティファイ・テクノロジー社。1億本以上売れたゲーム『Minecraft』を開発したMojang Studios社。いずれも2000年代にスウェーデンで創業した両社は、その後ほどなく世界的なエンターテイメント企業に成長している。

一方で、日本のスタートアップからはグローバルなプロダクトがなかなか生まれていない。さまざまな観点から企業の価値を数値化した評価額が10億ドルを超える未上場のスタートアップのことを「ユニコーン企業」というが、その数もアメリカや中国、ヨーロッパに大きく引き離されている。さらに、日本の音楽コンテンツの市場規模も世界的に見れば小さく、エンタメ領域におけるグローバルな革新の事例も乏しい。

そもそも、なぜ日本からはユニコーン企業が生まれにくいのか。また、エンタメ領域や音楽業界において、日本から世界的なイノベーションを起こすことは可能なのだろうか。世界的に見てもユニークな社会環境と文化が根づく、北欧の事例から学ぶ。

「失敗の許容」が根づく北欧文化。起業家の背中を押す社会のシステムとは?

スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランドにエストニアを加えた新北欧地域では、2010年代に入ってから将来有望なスタートアップが生まれ続けている。いわゆるユニコーン企業も続々と輩出しており、とくにスウェーデンは人口比だとアメリカのシリコンバレーに次いで世界2位のユニコーン企業数を誇る。

その背景にあるのが、福祉国家ならではの安定した社会制度。さらには、電子政府システムにより簡易な手続きで会社が設立できる仕組み、手厚い起業家支援策、世界最高水準の競争力や起業家精神など、複数の要因が挙げられる。

こうしたイノベーションが起きやすい優れた環境づくりは、いかにして確立されたのか。デンマーク出身で、日本と北欧諸国のスタートアップ事情に詳しいイノベーション・ラボ・アジア代表のJulian Morie Hara Nielsen(以下、ユリアン)さんに聞いた。

ユリアン:起業家の背中を押す社会のシステムが確立されていて、起業までのハードルが圧倒的に低いのは理由の一つだと思います。とくにスウェーデンでは、インターネットに慣れていれば15分ほどの手続きで会社をつくれますから。

国も起業家を支援していて、公的なファンドはもちろん、新たな取り組みとして公立の失業保険を受けている労働者に対して起業支援する制度まであるんです。ここまでサポートが手厚いのは、スタートアップが大きく成長することによって国に多くのものが還元されることを、政府が理解しているからでしょう。

Julian Morie Hara Nielsen(ユリアン 森江 原 ニルセン)<br>1987年生まれのデンマーク育ち。コペンハーゲン・ビジネス・スクールで教育を受け、大学時代にOurPlanet-TVとPeaceBoatの日本NPO団体にてインターンシップを経験。大学卒業後、ドローンや太陽発電のスタートアップでプロジェクト管理、資金調達、コミュニケーションに関する実務、利害関係者の維持とリサーチ作業などをとおして、北欧イノベーション・エコシステムに関する知見やノウハウを会得。2020年に北欧のスタートアップエコシステムを強化するTechBBQに入社し、北欧と日本地域のエコシステムをつなぐイノベーション・ラボ・アジアのプロジェクトを担当する。
Julian Morie Hara Nielsen(ユリアン 森江 原 ニルセン)
1987年生まれのデンマーク育ち。コペンハーゲン・ビジネス・スクールで教育を受け、大学時代にOurPlanet-TVとPeaceBoatの日本NPO団体にてインターンシップを経験。大学卒業後、ドローンや太陽発電のスタートアップでプロジェクト管理、資金調達、コミュニケーションに関する実務、利害関係者の維持とリサーチ作業などをとおして、北欧イノベーション・エコシステムに関する知見やノウハウを会得。2020年に北欧のスタートアップエコシステムを強化するTechBBQに入社し、北欧と日本地域のエコシステムをつなぐイノベーション・ラボ・アジアのプロジェクトを担当する。

ユリアン:また、北欧全体のイノベーションエコシステムの基盤になっているのが、市場資本主義と福祉国家を組み合わせた「ノルディック・モデル」と呼ばれる社会システム。市民に医療や社会保障を無料で提供するモデルで、なかでも教育も保障されているのは大きいですね。

金銭的な事情に関係なく、自分が学びたいことや将来を選択する自由があるので、若者は積極的にいろんなチャレンジがしやすい。そういった文化と価値観が根づいているため、失敗を許容する考え方が社会全体に浸透していると感じます。

北欧の大学生の90%が起業を選択肢に。若者の意識を変えたSpotifyの出現

失敗はリスクではなく、有益な経験。それが北欧のスタンダードな考え方なのだとユリアンさんは言う。たとえば大学卒業後、就職をせずに3年間は自らのプロジェクトに没頭する。成否はどうあれ、そこで得た経験を価値と認め、ユニークな人材として企業側も歓迎するのだ。チャレンジ後を受け入れる土壌が整っているからこそ、多くの若者がまずは起業のチャレンジに関心を寄せるのだという。

ユリアン:北欧の大学生の90%が、起業を選択肢の一つに考えているという統計もあります。私が学生だった十数年前は、起業に関心を持つ人は周囲にほとんどいませんでしたから、この変化はとてもすごいこと。北欧発の優秀な起業家が増えたことで、若者の意識が確実に変わってきています。

その影響の要因は、メディアの力も大きいと感じます。新聞やウェブ媒体が有望なスタートアップを取材し、優れた起業家をヒーローとして讃える。そうやって時間をかけて少しずつ、起業というチャレンジを前向きにとらえる雰囲気を社会全体でつくってきたところはあると思います。

ユリアンさんが所属するイノベーション・ラボ・アジア
ユリアンさんが所属するイノベーション・ラボ・アジア(Facebookアカウントを開く

北欧の社会がスタートアップの庇護やイノベーションの創出に重きを置くようになったのは、いつ頃からなのか。ユリアンさんによれば大きな転機は15年前。ある世界的サービスの登場が、社会の気運を変えたのだという。

ユリアン:2003年にデンマーク人とスウェーデン人がSkypeを創設し、2006年にはスウェーデンでスポティファイ・テクノロジー社が生まれて2008年にSpotifyのサービスを開始。このインパクトは非常に大きかった。どちらも若者を中心に爆発的に普及し、世界中に広がっていきましたが、サービスを生み出したのは無名の起業家でした。決して、大きな資本を持っていたわけでもありません。ビル・ゲイツのような大金持ちのビジネスマンでなくても、グローバルなイノベーションは起こせるのだと多くの人が気づき、そこから少しずつ変わっていったと思います。

ユリアンさんがおすすめするデンマークのミュージシャンPhlakeのアルバム『Slush Hours』(Apple Musicはこちら ユリアンさんがおすすめするデンマークのミュージシャンHerniaのEP『Hernia』(Apple Musicはこちら
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

Julian Morie Hara Nielsen
Julian Morie Hara Nielsen(ユリアン 森江 原 ニルセン)

1987年生まれのデンマーク育ち。コペンハーゲン・ビジネス・スクールで教育を受け、大学時代にOurPlanet-TVとPeaceBoatの日本NPO団体にてインターンシップを経験。大学卒業後、ドローンや太陽発電のスタートアップでプロジェクト管理、資金調達、コミュニケーションに関する実務、利害関係者の維持とリサーチ作業などをとおして、北欧イノベーション・エコシステムに関する知見やノウハウを会得。2020年に北欧のスタートアップエコシステムを強化するTechBBQに入社し、北欧と日本地域のエコシステムをつなぐイノベーション・ラボ・アジアのプロジェクトを担当する。

西村謙大
西村謙大(にしむら けんた)

大学卒業後、外資系製薬会社でMR職を経験。退職後、2016年1月に株式会社CotoLab.を創業。『START ME UP AWARDS 2016』のキュレーター賞受賞。現在はプレイリスト&カルチャーメディア「DIGLE MAGAZINE」、「DIGLE」などを運営しているメディア事業、楽曲URLを一括管理できるマーケティングツール「B.O.M」を中心としたデジタルマーケティング事業を展開。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。