『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセンのドキュメンタリー映画

『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセンのドキュメンタリー映画

2021/10/29

巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督の『ベニスに死す』(1971年)で主人公を破滅に導く少年タジオを演じたビョルン・アンドレセンの衝撃の真実を描いたドキュメンタリー映画『世界で一番美しい少年』が2021年12月17日より公開される。

高名な老作曲家の苦悩と恍惚を描いた映画『ベニスに死す』は、1971年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され「25周年記念賞」を受賞、日本でも1972年の「キネマ旬報ベスト・テン第1位」になるなど、圧倒的に高い評価を得て長年に渡り多くの人に愛され続ける名作。

同作の公開当時、「世界で一番美しい少年」として一大センセーションを巻き起こしたのは、ヴィスコンティに見出されたスウェーデン出身の少年、当時15歳のビョルン・アンドレセンだ。彼は観る者の目を釘付けにする圧倒的な存在感を放ち、日本のカルチャーにも大きな影響を及ぼした。劇中では、マンガ『ベルサイユのばら』の作者・池田理代子氏が、彼が主人公「オスカル」のモデルであったという事実を語るシーンも。

『ベニスに死す』を機に伝説的なアイコンとなった彼は、50年後、日本でも大ヒットしたアリ・アスター監督の『ミッドサマー』(2019年)で老人ダン役を演じ、その驚愕の変貌ぶりが話題となった。本作の中で彼は、熱狂の「あの頃」に訪れた東京、パリ、ベニスへ向かい、ノスタルジックにして残酷な自らの栄光と破滅の軌跡をたどる。「世界で一番美しい少年」が見た天国と地獄、そして心の再生への道のりがいま明かされる――。

Page 1

作品情報

『世界で一番美しい少年』
『世界で一番美しい少年』

2021年12月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開

監督:クリスティーナ・リンドストロム&クリスティアン・ペトリ
出演:ビョルン・アンドレセン、池田理代子、酒井政利 ほか
上映時間:98分

© Mantaray Film AB, Sveriges Television AB, ZDF/ARTE, Jonas Gardell Produktion, 2021

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。