幸福で悪いことなどない。戸田真琴が解きほぐす嫉妬と憎悪の関係

幸福で悪いことなどない。戸田真琴が解きほぐす嫉妬と憎悪の関係

2021/09/29
テキスト
戸田真琴
撮影・編集:石澤萌

自分とは違う世界の住人だから。共感できない人への攻撃的な感情を紐解く

世の中では日々、理不尽な事件やトラブルが巻き起こっています。特に私は女性としてこの社会で生きているので、性属性が理由で起こる出来事に対していっそう心理的ダメージを負う傾向にあります。女性憎悪によるトラブルというのは、全国で報道される事件から、まわりの知り合いたちに襲いかかる仕事上のトラブル、また、SNSやインターネット上での誹謗中傷や攻撃など、大小さまざまなかたちで後を絶ちません。

その事件やトラブルが起きる理由を探しても、なかなか腑に落ちる答えは見つかりません。また、理由として語られるものは多々あれど、それらは多くの場合「理不尽」の範囲を出ません。「幸せそうに見えること」が逆恨みの理由になる場合もあれば、「不幸せそう」であったり、見下してもよい存在だと思われることで加害していいと判断された場合もあります。たとえばショップやレストランの店員だから、性産業に従事しているからなどの理由で判断されることもある。嫉妬の感情による加害と、見下しの感情による加害は、相反するようでじつは同じ構造から起こっているものだと私は思います。嫉妬と見下し、あるいは侮蔑と崇拝ですらも、オセロの駒のように同じひとつの理由――「自分とは別の世界 / ランクにいる存在」だから人間として尊重しなくていい、という心理があるように思えるのです。

スプラッターものの映画を臆せず観る人は、「フィクションだと割り切っているからエンタメとして受け止められる」という感覚を持っていることも多いです。また、芸能人の不祥事に対して我を失ったように誹謗中傷をする人も、「テレビのなかの人」は自分たちと同じ横並びの同種族だとは思っていないからこその行動かもしれません。とても恐ろしいのですが、人は、共感するポイントがないもの / 少ないものに対して、ときに、その人に起こる苦痛や痛みを想像できなくなることがあります。

戸田真琴
戸田真琴

男性が女性に暴力をふるって加害したニュースが流れるとき、しばしば、実際に傷つけられた被害者に心を寄せるよりも先んじて、加害者の社会的背景などを慮って同情しようとする意見がSNS上に散見されます。同情する人の多くは加害者と同じ性別で、共感できない被害者の痛みや恐怖よりも、共感するポイントのある加害者の負の感情のほうが人間味をふくめて解釈できるという人たちが一定層いるのだと思います。

また、何かよくないことが起こったとき、そこに対する単なる道徳的な正しい / 正しくないの判断と、個人的な感情からくる怒りや憐憫や同情心を分けて考えられない人というのもまた多いように感じます。それは単に男性が、女性が、という問題ではなく、自分の善悪の判断基準を因数分解できていない人が社会全体においてとてもたくさんいるように見えます。

戸田真琴

さて、こういった共感できない属性(今回は、男性から見た女性のパターンを主に扱います)への見下し / 嫉妬と、それを理由にした加害という悲劇のプロセスは、一体何によって生み出されたものなのでしょうか。この思考に至る種はかなり深い無意識まで埋め込まれていて、一時的な感情に流されず慎重に掘り進めないと、それが「歪み」であることに気づくことさえ難しいように思います。これまで気づかずにすんでいたはずの歪みを、自らも持っていることにあえて気づきにいくことは、とても面倒で、居心地の悪いことかもしれません。

しかし、それは自分の人間としての本当の意味でのまともさを担保していく、ごく基礎的な自己反省の儀式だったりもします。人は、皆当たり前のように間違っていたり、社会が発信するメッセージによって「間違わされている」ものです。そして、それを省みたり、あるいは失敗から学び自らにとってよりよい方角へ進んでいこうと努力できることも人間の強みです。

Page 2
前へ 次へ

プロジェクト情報

『I’m a Lover, not a Fighter.』
『I’m a Lover, not a Fighter.』

AV女優 / 文筆家として活動する戸田真琴と、盟友である“少女写真家”飯田エリカによる、「グラビア」を見つめ直すプロジェクト。

配信情報

『Podcast 戸田真琴と飯田エリカの保健室』

毎週月曜日20時に、Apple Podcast、Spotify他で配信中。

書籍情報

『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』
『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』

2020年3月23日(月)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:KADOKAWA

『あなたの孤独は美しい』
『あなたの孤独は美しい』

2019年12月12日(木)発売
著者:戸田真琴
価格:1,650円(税込)
発行:竹書房

プロフィール

戸田真琴(とだ まこと)

2016年より活動開始。その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラムなどを執筆し、現在はTV Bros.で『肯定のフィロソフィー』を連載中。ミスiD2018を受賞。愛称はまこりん。著書に『あなたの孤独は美しい』『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』。2021年より、少女写真家の飯田エリカと共にグラビア写真を再定義するプロジェクト「I‘m a Lover, not a Fighter.」をスタート。ディレクション・衣装スタイリング・コピーライティング等を務める。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。