占星術研究家・鏡リュウジに訊く、なぜ人は占いに惹かれるのか?

占星術研究家・鏡リュウジに訊く、なぜ人は占いに惹かれるのか?

インタビュー・テキスト
夏生さえり
撮影:西田香織 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

「あなたの今日の運勢は……」。テレビでは、今日も当然のように「占い」が流れ、2019年の運勢本は本屋の一角にひしめいている。「占いって、『こじつけ』でしょ?」。そう言いながらも、自分の星座占いを目で追ってしまう。こんなに科学技術が発達した今でも、星占いやタロットカードが人々の心をつかんで離さないのはなぜだろうか?

今回お話を伺ったのは、占星術研究家・翻訳家の鏡リュウジさん。『タロットの秘密』(講談社現代新書)や『12星座の君へシリーズ』(サンクチュアリ出版)など多くの占いにまつわる書籍を執筆しながらも、鏡さんの立場はあくまで「研究家」という冷静なもの。鏡さんに占いのルーツや北欧から生まれたルーン占い、そしてご自身のことを伺ってきました。

冷静に考えたら、星の動きが自分の人生に影響しているわけがないですよね。

—今日はよろしくお願いいたします。早速ですが、鏡さんは「占星術研究家」と名乗られていますよね。いわゆる「占い師」とは、どう違うのでしょうか?

:僕は雑誌や本、ラジオなどメディアには出ているし、もちろん自分で自分を占うことはありますが、誰かの個人鑑定って一度もしたことがないんです。それに、一般的に「占い師」というのは「占いを信じなさい」と言ってくる人も多いと思うのですが、僕はもうちょっと離れた立場で占いを見ているというか。

左から:鏡リュウジ、夏生さえり
左から:鏡リュウジ、夏生さえり

:というのも、10歳の頃にタロットや占星術に興味を持って勉強をはじめて、16歳の頃には「占いなんて迷信じゃないか?」と思ったこともあったんですよね。でも「迷信」だとしても、実際に当たるようにも思える。英語ではよくIt worksというんです。「でもなんかあるやん」「効くやん」ってニュアンスかな。これってすごく面白いなと思って……。それで占いやその歴史を研究しているうちに今に至るという感じでしょうか。

—鏡さんはとても冷静に占いを見つめているんですね。「迷信」という言葉がさらりと出てくるのが意外でした。

:単純に「迷信」と言って切り捨てられない何かがある。占いを素直に信じる古代的な感覚とそれを否定する近代的な感覚が僕のなかでは入り混じっていて……。それで迷っていた時期もあったんです。

でも恐れ多いけれど、心理学者のユングもそうだった。それを知ったときにに恐れ多いけれどユングに親近感を持ち、葛藤を大事にしようと思ったんです。だから今でも葛藤は抱えていますよ。でもその感覚を捨てちゃうと普通の占い師になっちゃうので。

—面白いです。ちなみに「迷信だ」と思った理由はあったんでしょうか?

:理由というか、冷静に考えたら、星の動きが直接自分の人生に影響しているわけがないじゃないですか。それに、タロットカードを引いたからといって未来の自分が現れるはずもない。

鏡リュウジ

:でも占いにハマっていると、実際に「ここに現れている」と感じる。もちろんそれは、まったく合理的に言えば「意味をこじつけているだけ」という話なのですが……夢と同じようなもので、なぜか自分が考えているものが現れているような気がするんですよね。でも、科学でも統計でも、証明することができない。

—種類にもよりますが、「占いは統計だ」とよく聞きますが……。

:あれは全く嘘ですよ。実際に過去の統計をすべてとったら、たぶん当たっていないでしょうね。

—えっ、そうなんですね。それでもなぜ「当たる」ように感じてしまうのでしょうか?

:これは僕の考え方ですが、占いの持つ「世界観」が強固だからではないでしょうか。

—世界観、ですか?

Page 1
次へ

プロフィール

鏡リュウジ(かがみ りゅうじ)

1968年、京都生まれ。占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了。占星術の第一人者として、雑誌やテレビ、ラジオなど幅広いメデイアで活躍する。著書に『占星術の文化誌』『占星術の教科書』(原書房)、『タロットの秘密』(講談社現代新書)、訳書に『ユングと占星術』(青土社)など多数。英国占星術協会会員、日本トランスパーソナル学会理事、京都文教大学、平安女学院大学客員教授。

さえりさん

ライター。出版社、Web編集者を経て独立。Twitterのフォロワー数は合計18万人を突破。人の心の動きを描き出すこと、何気ない日常にストーリーを生み出すことが得意。著書に『今日は、自分を甘やかす』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。『口説き文句は決めている』(クラーケン)、『やわらかい明日をつくるノート』(大和書房)、共著に『今年の春はとびきり素敵な春にするってさっき決めた』(PHP研究所) Twitter:@N908Sa

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。