加賀美健ととんだ林蘭による創作企画。2人に学ぶ「ひらめき方」

加賀美健ととんだ林蘭による創作企画。2人に学ぶ「ひらめき方」

インタビュー・テキスト
松井友里
撮影:相澤有紀 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

新型コロナウイルス感染症の影響による緊急事態宣言が解除されたあと、街は少しずつ賑わいを取り戻しつつあるが、まだまだ、多くの人が以前よりも長い時間を自宅で過ごしているのではないだろうか。そんな状況下において、家の中でも発想を転換することで物事を楽しむためのヒントを教えてもらうため、ひらめきに満ちた作品を生み出し続けている、アーティストの加賀美健ととんだ林蘭に話を聞きに行った。

自宅で過ごす時間が増えたなかで、ペットに関心を持ったり、実際に飼うことにした人も増えたのではないだろうか? ということで、今回は加賀美のスタジオにお邪魔し、その場にあるものを自由に使い、ひらめきを形にする「実践編」として、「ペット」をテーマに2人に即興で作品を制作してもらった。果たして2人はどんな「ペット」を制作したのだろうか? 自分が面白いと思うことを貫き通すことや、その先で見えてくるアイデアやひらめきについて話してもらった。

加賀美健のスタジオを訪問。珍妙なコレクションの数々に興奮しつつ、作品を作っていく

巨大なひょっとこのお面、メルカリで購入した絵画やかっぱのオブジェ、大小さまざまなぬいぐるみなど、国内外で購入された大量のコレクションと、自身の作品がぎっしりと詰まった加賀美のスタジオ。初めてスタジオに訪れたとんだ林と取材チームは、気になるアイテムをひとしきり紹介してもらい、素材になりそうなものを物色しながら二人は制作を進めていく。

加賀美健(かがみ けん)<br>現代美術作家。1974年東京都生まれ。東京を拠点に制作活動を行う。国内外の数々の個展・グループ展に参加。ドローイング、スカルプチャー、パフォーマンスまで表現形態は幅広い。アパレルブランドとのコラボレーションも多数手掛ける他、自身の「STRANGE STORE(ストレンジストア)」を構え、店内では自身のコレクションや若手アーティストの展示なども行っている。
加賀美健(かがみ けん)
現代美術作家。1974年東京都生まれ。東京を拠点に制作活動を行う。国内外の数々の個展・グループ展に参加。ドローイング、スカルプチャー、パフォーマンスまで表現形態は幅広い。アパレルブランドとのコラボレーションも多数手掛ける他、自身の「STRANGE STORE(ストレンジストア)」を構え、店内では自身のコレクションや若手アーティストの展示なども行っている。
とんだ林蘭(とんだばやし らん)<br>1987年生まれ、東京を拠点に活動。コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現を得意とし、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、幅広い世代の様々な分野から支持を得ている。
とんだ林蘭(とんだばやし らん)
1987年生まれ、東京を拠点に活動。コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現を得意とし、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、幅広い世代の様々な分野から支持を得ている。

スタジオに入って最初に目につく、巨大なひょっとこは、地方の土産物屋で手に入れたとのこと。真ん中のひょっとこは、売り物ではなかったものだが、店主へ熱意を語り、譲ってもらったのだそう。

左から:とんだ林蘭、加賀美健
左から:とんだ林蘭、加賀美健

リアルな犬のぬいぐるみや、巨大なアルフォート、赤いきつね、うまい棒、クレラップなどを模した作品が置かれた一角。アルフォートは美大生による作品を購入したという。

棚に並ぶたくさんのうんちのオブジェ。加賀美曰く「これ全部本物だからね(笑)」とのこと。棚の奥の段ボールには、娘のたんちゃんが作ったマンガやイラストなどが保管されている。「学校から帰ってきたら、いつも紙に何か描いているので、全部とってある」という。

ケースからコレクションを出して物色中。
ケースからコレクションを出して物色中。
室内を探索する、とんだ林。
室内を探索する、とんだ林。
制作中の加賀美。
制作中の加賀美。

開始20分程度で作品を作り上げた2人。別室に移動してインタビューへ。編集者に座布団がわりのクッションを出しながら「面白かったら(座布団を)増やしますから」と加賀美が告げ、インタビューはスタートした。

Page 1
次へ

プロフィール

加賀美健(かがみ けん)

現代美術作家。1974年東京都生まれ。東京を拠点に制作活動を行う。国内外の数々の個展・グループ展に参加。ドローイング、スカルプチャー、パフォーマンスまで表現形態は幅広い。アパレルブランドとのコラボレーションも多数手掛ける他、自身の「STRANGE STORE(ストレンジストア)」を構え、店内では自身のコレクションや若手アーティストの展示なども行っている。

とんだ林蘭(とんだばやし らん)

1987年生まれ、東京を拠点に活動。コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現を得意とし、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、幅広い世代の様々な分野から支持を得ている。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。